ファンタジアランドのアイデア

ファンタジアランドは、虚偽の世界です。この国のお話をしますが、真実だとは考えないでください。

織田信長系列の石垣 アイデア広場 その78  

2017-05-17 18:04:32 | 日記
 

織田信長系列の石垣

 西南戦争で持ちこたえた名城熊本城の石垣は、無残にも崩れしまいました。福島には、会津若松城と白河小峰城、そして二本松城と日本100名城が3つがあります。小峰城の石垣は、東日本大震災の地震で崩れました。でも、会津若松城の天守閣を支えた野面積みは健在でした。この3つの城は、織田信長の家臣でもある丹羽長秀や蒲生氏郷と関係があります。
 そこで、これらの城の歴史を調べて見ました。信長や秀吉関係の小説を読むと、柴田勝家の次に丹羽長秀が織田家の家老に位置しています。この丹羽氏は、有名な安土城の普請に関わっています。そして、白河小峰城や二本松城にも関わっているのです。丹羽氏は、一度関ヶ原の西軍に参戦し改易になります。でも面白いことに、その後大名に取り立てられるのです。福島県の棚倉藩、白河藩、そして最後に二本松藩を治めます。会津若松城は、蒲生氏郷が本格的な総石垣で築いたものです。三重県の松坂城と兄弟城のようなものです。ご存じの通り氏郷は、伊達政宗を抑えるために奥州に派遣された武将です。軍事の才能も経済政策も、正宗に劣らない治世者でした。印象に残るのは、会津若松城、白河小峰城、二本松城ともに戊辰戦争の戦いの場になったことです。3つの藩は、奥羽越列同盟に組みし破れます。名城だったが故に、戦いを是としたのでしょうか。戦いに破れたお城の石垣が、涼秋を誘います。東武鉄道の「新型特急リバティ会津」に乗ると、浅草駅から会津田島駅まで直通で会津に来れるようになりました。会津若松城の本丸を支える野面積を見て、高速バスで福島市に行きます。そこで、高湯や土湯の温泉に入り1泊します。翌朝二本松市に行き、二本松城を安達太良山を背景に見るのも一興でしょう。そして、東北線の白河駅の目の前にある白河城の打ち込みはぎを見て、新幹線で東京に帰るというコースも面白いですよ。信長の武将達が築いた石垣を、是非鑑賞していただきたいものです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界からAI技術者を招く ア... | トップ | 愛犬と健康寿命 アイデア広... »

あわせて読む