本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ワスプ(WASP)-アメリカンエリートはどう作られるか』 越智道雄

2007年01月08日 | 外国関連

 

ワスプ(WASP) 越智道雄.jpg


NHKのある新年の特番で、一人のゲストが、世界を占う今年の注目人物として、アメリカ民主党の政治家、バラック・オバマ上院議員を挙げていました。ご存知でしょうか。

オバマ氏はまだ45歳という若さですが、ヒラリー・クリントンで決まりかと思っていた2008年の大統領選挙の民主党候補になりうる人物だというのですが、注目を集める大きな理由は、彼はいわゆるアフリカ系アメリカ人、黒人なのです。しかもただ一人の黒人の上院議員です。(アメリカでは下院より上院の方が格上です)

今、この人物に対する注目はものすごい勢いらしく、とても演説がうまく、カリスマ性があり、しかもブッシュ政権を支えてきたネオコンの中にまで一定の支持者がいるというのですから驚きです。確かに映像を見ていても非常にスマートな印象です。

Barack_Obama_portrait_2005.jpg
(オバマ氏)


さて、アメリカに関して、『文明の衝突』 を書いた大学者ハンチントンは、別の大著『分断されるアメリカ』 の中で、こうした動きが止められなくなってしまうことを大変危惧していました。アメリカのマイノリティーがやがて多数になってしまうと、建国以来保ってきたアメリカとは別の国になってしまうというような危機感です。

建国以来これまで、アメリカを動かしてきたのは、現大統領ブッシュ一族に代表されるような “ワスプ(WASP)”と呼ばれる人々です。本書の題である “WASP”とは White Anglo-Saxon Protestant  の略です。言葉の使われ方によって、差別的になったり、人種のみを表したりしますが、大体において “アメリカにいるイギリス系白人で、プロテスタント” の人々をさします。

クリントン政権時代には初の女性国務長官にカトリック教徒のマデレーン・オルブライト氏が就きました。ブッシュ政権ではコーリン・パウエル氏が初の黒人国務長官に就任し、さらに現在では黒人のしかも女性であるライス国務長官が就任しています。


明らかにマイノリティーと呼ばれる人々が次第に権力の中枢に近付き、この現象だけを見ていますと、ワスプによる排他的な行動は姿を消したように見えますが、どうでしょう。


本書では、その言葉の起源から、その表している内容まで丁寧に説明した上で、アメリカ建国を果たし、アメリカの中枢を担っていると言われるエリート達を「ワスプ」として研究しています。

多民族国家アメリカでは人種差別は常に大きな問題になります。キング牧師がいまだに日本の英語教科書に載っているように、黒人差別などはわかりやすい構造を持っていますが、白人同士の差別意識、特にリーダー格である誇り高いワスプがユダヤ系に向ける差別や、ケネディーなどアイルランド系カソリックやその他のホワイトエスニックに向けるものになりますと、外から見ていてはさっぱりわからないのではないでしょうか。 

そもそもワスプとはどのような思想の持ち主であるのか、過去の差別の実態、歴史的背景、現状に至る流れなどを本書は解説しています。非常におもしろい本でした。

悔やまれるのは、ワスプの習慣などを説明するために、たびたび有名な映画のシーンの説明が入るのですが、私は映画をあまり見ないので、それを知らなかった点です。映画好きの方なら、あのシーンはそういう意味なのかと得心がいったことでしょう。


以前、ご紹介した 『アメリカの保守本流(広瀬隆)』 を読みますと、アメリカの権力構造はユダヤ系にも行き渡っていますので、歴史的な重みは別にして、今ではワスプだけが特別というようなしくみではなさそうです。

今までならオバマ氏がいくら魅力的に見えても、そう簡単にアメリカで黒人大統領が実現するとは考えられなかったのですが、ブッシュ政権や共和党の不人気もありますので、日本の女性天皇よりも確率はずっと高いと感じますが、いかがでしょう。

ワスプ(WASP)―アメリカン・エリートはどうつくられるか

中央公論社

詳    細


 【頑張れ】受験生! 【祝】成人の日



■■■ ブログランキング ■■■ 

新成人おめでとう!

ただ、ここ何年か続いた、成人式でのバカ騒ぎはカンベンして欲しい(笑)。WASPやバラク氏のようなアメリカンエリートに負けないよう、しっかり勉強して下さい。

もし少しでも参考になったら下のバナーのクリックをお願いします。

      ↓              ↓

人気blogランキングへ  にほんブログ村 本ブログ



 

 

『ワスプ(WASP)-アメリカンエリートはどう作られるか』越智道雄
中央公論社:244P:798円

P.S. どうでも良いことですが、昔、上から読んでも下から読んでも “オチミチオ” という政治家がいましたね(笑)。

 

 

http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】

 

『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『最新脳科学が教える高校生... | トップ | 『日本を滅ぼす教育論議』岡本薫 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
2008年 (ysbee)
2007-01-08 09:41:07
ワスプにとっつきましたかー。
アメリカの政局を視座におくと、政治資金源であるユダヤ人財閥と
エスタブリッシュメントであるWASPは看過できないクラスですね。

これにアル・カポネ以来の都市部に住むイタリー系実業家や、
WASPよりももっと因習に拘泥する南部のフランス系財閥
中西部のバックボーンである勤労実直なドイツ系の農民
その間を縫って、どの都市にも点在する直情径行型アイリッシュ
頑固者だけどユーモアに富んで飄々としたスコティッシュ
ミネソタなどの北部へ行くと、すっとんきょうなスカンジナビアン
西海岸に多いアジアン系、
(米国では中・日・韓・ベトナムまで一括扱い)
そして昨今アメリカの一番の頭痛の種、メキシカン・・・
この万華鏡をのぞくようなアメリカを統べるのは
ホントに容易なことじゃないなぁとつくづく思います。

こんな現状なので「地球人」的なグローバルセンスを持つオバマが
昨年の選挙候補者への応援活動以来かなりな期待を集めています。
彼の著作『The Audacity of Hope』も発売以来トップセラーです。読みやすいですよ。高校生にも良いんじゃないかな、理想的な内容で。日本で訳本が発売された暁には、ぜひ推薦図書で勧めてくださいね。
(ときに、彼はホノルル出身です。(^_^)v)
ysbeeさん (VIVA)
2007-01-08 17:06:40
いやぁ、きれいに並べていただきまして、私のつたない文よりよほどおもしろい。困ったもんです(笑)。うそです。ありがたいです。まぁ自分で英語で新聞、雑誌を読みゃ~いいんですが、ysbeeさんに教えてもらえりゃいいか…、と怠けておりました。WASPという人々に関する知識の整理には役立った一冊でした。

ところでそのオバマさん、最初は大統領選挙には出ないと言っていたそうですが、今は出馬の意思を表明しているそうですね。著作も売れているんですね。今からずっと盛り上ったまま突っ走るのか、どこかで大きな壁が現われるのか、眼が離せません。
はじめまして (山澤)
2007-01-08 19:08:05
ふるちんさんのところから飛んできました。山澤といいます。越智さんのこの本は去年、読んだ中でも出色の本でした。これを皮切りに、越智さんの本はだいたい読んでしまいました。VIVAさんはブログ村の本ランキング1位なんですか?すごいですね。今後ともよろしくです。

PS.越智本からヒントを得て書きました拙稿ですが、トラックバックさせていただきますので、よかったらお読みください。
山澤さん (VIVA)
2007-01-08 20:35:48
はじめまして、そうですか、ふるさんのところから…。それはあまり公にしない方が…、あっ、いや。私の尊敬するブログの達人です。

越智さんの本はこれしか読んでおりませんので、偉そうなことは申しあげられませんが、本書は大変読みやすく、気に入った一冊でした。

山澤さんの方にもおじゃまして、もちろん読ませていただきます。こちらこそよろしくおねがい申しあげます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。