本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『インテリジェンス 武器なき戦争』 手嶋龍一 佐藤優

2007年03月19日 | 政治・経済・外交


インテリジェンス 武器なき戦争.jpg


手嶋龍一氏はNHKから独立したあとに書いた、インテリジェンス(スパイ)小説 『ウルトラダラー』 が話題になりました。私は未読ですが…。

本書の対談の相手、佐藤氏の見立てによると、うそっぽく書かれているところが本当の話しで、まことしやかな部分は虚構だそうですよ。情報源など突っ込まれて、手嶋氏が困っていました(笑)。


佐藤優氏の著作はこのブログでも、すでに三冊取り上げております。『自壊する帝国』 『国家の罠』 『国家の自縛』 です。どれも大変印象深いものでした。よろしければレビューをご覧下さい。


“インテリジェンス” とは、真贋含めたさまざまな情報、つまり“インフォメーション”をあらゆる手段を使って徹底的に拾い集め、その中から、本当に役立つものだけを拾い出し、結び付け、相手国の意図や実体を推し測り、外交や他の政策に活かすための活動、とでも定義するのでしょうか。

印象的だったのは、裏の情報というより、誰もが手に入れることのできる表の情報を綿密に分析するだけで、必要なことの90%近くは入手できるのだという佐藤氏の指摘です。私は“あっ、田中宇氏がやっていることだ” と感じましたが、どうでしょうか。


アメリカのCIA=Central Intelligence Agency 【中央情報局】 ですね。

CIAは何をしていた』 にも生々しく描かれていますが、佐藤氏の“自壊する帝国” を読まれた方は、氏の活動ですぐにイメージできるでしょう。ありとあらゆる人脈や方法を駆使して、情報収集、分析する仕事ですが、時には相手国の国家機密に近い部分にまで迫るわけです。


そのためにはどういう形であれ、エージェント(情報提供者)と接触しなければなりません。変装することもありますし、怪しいと思われれば、尾行はもちろんのこと、電話の盗聴など日常茶飯事で、スパイ活動の証拠をつかまれれば逮捕、状況や活動する国によっては命さえ危険にさらすわけです。


今、なんと世界中でアメリカ以外、ほとんどの要人の電話は盗聴されているそうです。アメリカだけは盗聴を仕掛けると危ないと、二人とも指摘します。しかし、アメリカの現在のCIAを中心としたインテリジェンスは非常に弱体化してしまい、イラク戦争などを引き合いに出して説明しています。


その点、イギリスは伝統的にインテリジェンスに強く、イスラエルは常に狡猾だし、佐藤氏の専門、ロシアはプーチン自身がKGB出身ですね。今、ロシアは日本の知力と、アメリカとの連携が弱まっていることを見て取って、領土問題でも何でも日本を小ばかにしているそうですよ!

日本はスパイ天国と言われますが、何も北朝鮮の工作員だけでなく、世界の二十数カ国が諜報員を東京に置いているのだそうです。東京はそれだけ世界中の良質のインテリジェンスを集めるだけの価値がある場所だと。

東京に一人インテリジェンス要員を置くだけで、少なくとも年間5千万円の経費がかかるそうです。一流マンションに住み、豪華なパーティーも開きますからね。それを補ってあまりまるほどの諜報活動をしているというのに、日本政府はどうも気付いていないらしい。


なぜ二人はそれを指摘できるかというと、そういう人たちが二人に接触を図ってくるからだというわけです。インテリジェンスは当然、裏の活動ですが、一方で独特のネットワークやおきてのようなものもできており、そこで信頼をされれば、情報交換ができるようですね。

情報を得るため、あるいはその確証を得るために、危険を冒して、けもの道を分け入っていくと、同じ人物に出くわすことが多いようで、お二人はけもの道で知り合ったような間柄のようです。おもしろいですね。


日本のインテリジェンスの問題点は、ここでもやはり縦割りの行政システムなんです。警察と防衛庁が不仲であったり、官邸と外務省とか、外務省のロシアスクールと○○派などといった具合ですね。情報がバラバラのまま活かされず、そのことに強い懸念を二人とも繰り返し表明しています。


ただし、日本が情報大国になることが無理かと言えば、そんなことはない。日本の情報収集能力自体は非常に高いし、歴史で何度もそれが証明されているという意見です。情報を統合するようなシステムや、人材育成の不備が問題だそうです。


目次は以下の通りです。


序章
 インテリジェンス・オフィサーの誕生(インテリジェンスは獣道にあり;情報のプロは「知っていた」と言わない ほか)

第1章
 インテリジェンス大国の条件(イスラエルにおける佐藤ラスプーチン;外務省の禁じ手リーク発端となった「国策捜査」 ほか)

第2章
 ニッポン・インテリジェンスその三大事件(TOKYOは魅惑のインテリジェンス都市;七通のモスクワ発緊急電 ほか)

第3章
 日本は外交大国たりえるか(チェチェン紛争―ラスプーチン事件の発端;すたれゆく「官僚道」 ほか)

第4章
 ニッポン・インテリジェンス大国への道(情報評価スタッフ―情報機関の要;イスラエルで生まれた「悪魔の弁護人」 ほか)



スパイというと良いイメージはわきませんが、インテリジェンス活動で満足のいく仕事をやり遂げるには、並外れた知力と体力に度胸、それに国家に対する忠誠心がなければとても勤まりそうにありません。自分の家族にすら明かせないようなものを扱うわけですからね。

イラク戦争は石油が目的ではない、ロシアはイスラエルとドイツに接近している、アメリカのキリスト教右派とイスラエルが繋がっているなどなど、他にも興味深い意見が聞かれました。

現実に今も、慰安婦問題や北朝鮮に対するアメリカの出方など、情報を見誤ると、確かに大きく国益を損ねる気がします。




P.S. 日本ではあまり大きく報道されませんが、アメリカの議会の公聴会で、元CIA工作員(スパイ)の女性が証言しました(ysbeeさんのブログ に詳報されています。ご覧下さい)。インテリジェンスの世界の複雑さを垣間見る思いがします。


インテリジェンス 武器なき戦争

幻冬舎

詳 細

 ブログランキングです 

記事が参考になりましたら、お手数ですが、クリックをお願いします。
 

(2位)

にほんブログ村 本ブログへ (1位) 

ブログランキング (2位)

  (8位)
  
 


http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】



『インテリジェンス 武器なき戦争』 手嶋龍一 佐藤優
幻冬舎:230P:777円




『政治』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の花 : 世田谷フラワー... | トップ | 『入試頻出 構文とイディオ... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (S・M)
2007-03-19 16:45:49
読みたくなっちゃいました!
阿吽の呼吸 (ysbee)
2007-03-19 17:33:33
見出し太字蛍光色でのご紹介、ありがとうございます!m(_ _)m
まだ阿吽とまではいきませんが、なぜかいつも同じ頃に
似たようなテーマを取り上げてしまいますね。

VIVAさんが以前コメントでこの本のことを
ちらっとおっしゃってたので、いつ頃アップするのかな~
と楽しみでしたが、あっと言う間でしたね。

著者のおふた方とも存じ上げませんが(浦島じろーでスンマセン!)
何やらヤバイエリアへ足を踏み入れてしまった方々のよう……
調べれば調べるほど、どんどん危険な奥の院の正体が読めてきて
「ケモノ道」とは、まさに言い得て妙です。

たまたま米国では、ついにブッシュ政権にとどめを刺すのでは……
と期待されているCIAスパイ身柄漏洩事件の公聴会が
ちょうど金曜(米国時間)から始まったので、
アメリカ全体がウォーターゲート事件のときのように
質問する議員、答える証人の一言一句、一挙手一投足を
見逃すまいと、テレビにかじりついている状態です。

初日から、まるで映画を見るよりも面白かったです。
だって、主役は美人だし、悪役はチェニー以下
テキサスギャングと蔑称されるブッシュ一味ですから
こんな見物には、長い人生でもなかなかお目にかかれません。
おまけにライブ中継だし……(不謹慎?)
今週も順繰りにレポートしていくつもりですので、
ぜひ日参してください。

(お嬢ちゃんのスキップを見るとしあわせ~な気分になるので
何度も「陽だまりのスキップ」を見に戻ってきてました。(^_^)v)
ysbeeさん (VIVA)
2007-03-19 18:03:01
少し前まで、NHKでアメリカの政治の重大ニュースを伝える時には、必ず手嶋さんが報道していました。NHKでニュースを見る日本人なら、みな顔に見覚えがあるほど有名な、キャスターというより解説員のような方です。

佐藤氏は、外務省のノンキャリアですが、当時、自民党の大物代議士であった鈴木宗男氏と一緒に逮捕されて、注目を集めました。

普通そこでキャリアは終わるはずですが、その後獄中での検事とのやりとりを本にして出したのが『国家の罠』。自分の逮捕はまさに“国策捜査”だと暴露し、その内容に衝撃が走りました。実体がロシア外交に関した外務省の権力争いだったというわけです。


記事が↓に行きましたので、写真を大きくしておきました(笑)。よろしければクリックしてみて下さい。(ワルノリしすぎかな(笑))
ますますかわいい… (ysbee)
2007-03-19 18:30:14
アップになってよ~く見えます。
パパとお出かけするのがうれしくってたまらないっていうのが
もうこちらにもひしひしと伝わってくるスキップ。
子供って、ほんとに全身で表現するんですね。
いや~、またまた幸せになっちゃいました~ Thanks much!v(^_^)v
ysbeeさん (VIVA)
2007-03-19 18:45:44
アメリカ人なら、Thank you.と言うところでしょうが、はずかしいので、

“すみません”(笑)。
Unknown (milesta)
2007-03-19 19:34:58
『国家の罠』では佐藤氏の情報収集の様子が描かれていましたが、なんというか営業マンの接待などと変わらないようなところもあって、諜報活動への親近感が沸きました。そんな風に読者を惹きつけておいて、誰も知らないような情報を次々と繰り出してきて、すごい人だなぁと思いました。
手島氏の小説を読んでみたいと思っていたのですが、この対談もおもしろそう。佐藤氏は容赦なく切り込んでいきそうですね。
milestaさん (VIVA)
2007-03-19 21:39:50
スパイというか、情報収集のものすごさは、『自壊する帝国』に生々しく描かれています。どうしてこうして記録できるのかも不思議ですが、つじつまが合っているように思います。

本書も、非常に読みやすいし、勉強になるのですが、具体的活動はほとんど描かれていませんし、肝心の情報源が出てきません。手嶋氏も情報源の秘匿を繰り返し、教えてくれないんですよ(笑)。

“自壊する~”の方はほとんど実名ですから、迫力が違いますね。
はじめま (Shiko)
2007-03-19 22:06:15
はじめまして・・・
大分前から、このブログを読んでました。いつも書評を熟読させてもらっています。

?!佐藤優氏は最近大流行で、とても面白いですね。まだこの本は読んでいませんが。
ところで、東京にはスパイがたくさん居る、と書かれていますが、彼らの日本語の能力は如何ほどのもなのでしょうか?
元KGBの在東京のスパイの本には、KGBの訓練所で日本語を嫌になるほど学んで、東京に来る頃にはベラベラだった様な事が書かれています。
まぁ、時代もソ連時代ですし・・・現在東京に居るスパイの方々はどうなのでしょうかね。
Shikoさん (VIVA)
2007-03-19 22:16:23
こんばんは、はじめましてVIVAと申します。そうですか、ブログを読んでいただいて光栄です。熟読されるとアラが見えそうですが(笑)。

スパイたちの日本語に関する記述はありませんが、おそらく完璧でしょうね。ただ、読んでいますと日本人のエージェントと接触しているのか、他国同士で接触しているのかわかりません。とにかく日本に情報があることは確かなようです。

外国人は数ヶ国語を自由に操る人材がいるようですし、日本と違ってどこの国でもスパイ育成には力を入れているようですから。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ヴァレリー・プレイム事件 序章:ホワイトハウスの嘘 (米流時評)
     ||| ヴァレリー・プレイム事件 序章 |||▲2005年以来全米を震撼とさせている「CIAスパイ身柄漏洩事件」渦中の人ヴァレリー・プレイム、聴聞会で証言 ブッシュ政権最後の審判? イラク侵攻の理由捏造を問われるまでの経緯 【Nigerian Forgerie】 Coock...
ブッシュ政権最後の審判:プレイムゲート聴聞会開幕 (米流時評)
     ||| ヴァレリー・プレイム事件 第1章 |||▲イラク戦争開始の鍵を握るCIAスパイ身柄漏洩事件でヴァレリー・プレイムを最初の証人に開幕した下院の聴聞会 ブッシュ政権最後の審判:プレイムゲート聴聞会開幕 政治的目的でCIAスパイの身柄を性懲りもなく...