本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『知識ゼロからの 現代史入門(アメリカ・ロシア・中国・パレスチナの60年)』青木裕司

2007年02月22日 | 大学受験【国語・社会】情報・参考書


知ッゼロからの現代史入門.jpg


ことばはちからダ!』は受験用参考書ですが、すばらしい一冊で一般の方に薦めたいと申し上げました。

本書は逆に、一般書籍ですが、受験生が読んでも非常に理解しやすいのではないでしょうか。ただし受験や暗記のための “まとめ” などの配慮はありませんが…。

私は英語講師ですから、国語や社会の参考書を受験という観点からは評価しにくいのですが、現代史に関しては良い参考書がないとよく聞きますので、探しておられる方は一度手にとってみたらどうでしょう。


当教室の生徒が持っていたのを、『おもしろそうだ、貸してくれ』 とひったくるようにして読み始めたので、気付きませんでしたが、本書の著者は河合塾の人気講師じゃないですか。その代表的な参考書、 NEW 青木世界史B 講義の実況中継 (1)ー(4) を、genio先生の解説で、このブログでも取り上げました。読みやすいはずです。


genio
先生のブログ→  『入試に出る!時事ネタ日記 


共通一次試験(現センター試験)が導入されて以来、世界史を履修する人の割合が激減し(今年が約50万人中9万人)、大学では授業がやりにくいそうです。

受験生が世界史を敬遠する原因は明白。暗記量が他の科目に比べて多いからですね。未履修問題で世界史が突出しているのを見てもわかります。覚えにくいカタカナの名前だけでなく、中国の難しい漢字まで書かなければならないんですからね。

その上、学校の授業では、人類の出現、4大文明からやっていますと、だいたい現代史は学年の終わりになっても到達しない(笑)。日本中に現代史知らずが増える背景ですね。


さて、その内容ですが、知識ゼロからと言ってもかなり細かなことまで、丁寧に詳しく説明してくれています。実況中継が人気なのもうなずけます。現代史といえば第二次世界大戦以降のことを普通指します。

大恐慌がきっかけとなって第二次大戦に入った経緯を簡単に触れるところから始まります。日本では幸い、それ以降、直接戦争には巻き込まれていませんが、世界中ではいまだに戦争がなくなりません。“戦争はなぜ起こる?” というのが本書のもう一つのテーマでもあります。

20世紀は戦争の世紀と言われますが、21世紀は大丈夫だと言えるでしょうか。筆者は、『世界に貧困と「一方的な正義」がある限りテロは供給され続ける』、『暴力は暴力しか生まない』という歴史認識を示し、超大国を批判すると同時に、ビンラディンに対してもそのメッセージを最後に残しています。


ただし、政治的な偏りのある本ではありません。世界史の教科書には伏せられている、中国の経済失政が招いた大飢餓についても詳しく書いてあります。これが欠けると中国の近代化の遅れやその後の権力闘争の流れは理解できないはずです。


またユダヤ人武装テログループが、イスラエル建国前に、アラブ人住人を襲ったデイル・ヤシーンの虐殺など、教科書や用語集には書かれていない情報もあり、やはり中東問題の理解を助けてくれます。


こうして現代史だけ切り取って、青木氏の主張に耳を傾けますと、日本史でいえば、戦後60年は平和で経済成長一筋の時代ですが、それとは対照的に世界中は相変わらず、大国によって、絶え間のない戦争が繰り広げられている時代だと感じます。


よい意味でも悪い意味でも、“日本の常識は世界の非常識” といわれる時代背景が痛感できました。お薦めの一冊です。 

知識ゼロからの現代史入門―アメリカ・ロシア・中国・パレスチナの60年

幻冬舎

詳細



 ■■■ ランキング ■■■

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援の1クリック(できましたら4クリック)していただけるとありがたいです。


↓                 ↓

人気blogランキングへ   にほんブログ村 本ブログ 

ブログランキング      


http://tokkun.net/jump.htm 

(当教室HPへ)

 

『知識ゼロからの 現代史入門(アメリカ・ロシア・中国・パレスチナの60年)』青木裕司
幻冬舎:253P:1365円

 

ジャンル:
学習
コメント (4)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 定期テスト対策 時事問題 ... | トップ | 神奈川県立高校入試:英語講評 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (Kosuke)
2007-02-22 11:49:17
 初投稿です!毎日楽しく拝見させていただいています。僕は大学4年生で工学部に所属しています。高校時代、国語が苦手でしたが猛勉強した結果、今では読書が趣味になっています。何事も熱心にやってみるものですね。
 前置きが長くなりましたが、僕も世界史を受験科目にしなかったので、現代史に対する知識は乏しいです。ニュースを理解するには時間がかかります。それでも世の中で何が起こっているか分からないのは嫌なので、自分で調べ意地でも理解するようにしています。
 ただし自分のようなな人間ばかりではないので、周りの友達(みんな理系人間ですからね)とニュースの話をすることはありません。寂しい限りです。VIVAさんが紹介してくださっている本と出会ってほしいものです。
 毎日更新するのは苦労が多いと思いますが頑張ってくださいね。応援しています!
Kosukeさん (VIVA)
2007-02-22 12:21:26
Kosukeさん、はじめまして、VIVAと申します。本当にうれしいメッセージありがとうございます。こういうコメントを読むと、やるぞ~!というパワーが沸いてきます。もっと早く書き込みしてくれればいいのに~(笑)。

そうですか、理系の大学4年生ですか、就職ではなく大学院ですかね。おっしゃるように、理系・文系または、どんな職業に就こうが関係なくやはり、自分なりの歴史認識は必要ですよね。

Kosukeさんのような方に飽きられないよう、できる限り良書をご紹介できればなぁと思っております。これからもよろしくお願いします。


そうなんですよ~ (ふる)
2007-02-22 14:17:10
歴史の授業って、いつも第一次大戦にやっと届くかぐらいの所で終わってしまうのですよね(苦笑)

なので現代史は大人になってから学びました。

私見なんですが、
今から遠い時間に起きたことよりも、近い最近に起こった出来事の方が、現在に及ぼしてる影響は大きいのではないかと。。。

なので、現代史の方が・・・
アホがえらそーにすみません。
ボケがなくてすみません。
でしょ、ふるさん。 (VIVA)
2007-02-22 16:04:21
分野はともかく、現代史という区切り方に近いのが、現代社会や政治経済という科目ですね。現代社会は私は学んだことはないのですが、センター試験の問題ならほぼ満点近く取れます。

自慢じゃないですよ(笑)、要するに新聞なんかを普通に読んでいる中年ならできるということです。新聞を読んでいても高校生だとちょっとつらい、やはり暗記をしなければだめでしょうね。

政経も憲法やケインズぐらいから扱いますから、現代史に近いですね。まぁでもいずれも中途半端ですから世界史でそこまで届くのが理想ですね。

ツッコミがなくてすみません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『アラブのこころ』 曾野 綾子 (本からの贈り物)
アラブのこころ曾野 綾子 (1979/01)集英社この商品の詳細を見る 先日読んだ清水義範さんの本の中に「イランはアラブではない。」という箇所があり、そうかイスラム=アラブではないのだ、とハッと気づいた。また「ウナム
米国と中東・ふり向いた異邦人 (米流時評)
       ||| 中東と米国・ふり向いた異邦人 |||    ヨーロッパとオリエントの接点アナトリア(小アジア)は数千年にわたって東西の抗争が繰り返された地 私たち日本人は元よりアメリカ人本人たちでさえ、Middle East/中近東、Orient/東洋という地域を思い...
ユダヤとアラブ・千年王国の確執 (米流時評)
      ||| ユダヤとアラブ・千年王国の確執 |||   第一次大戦でオスマントルコ帝国から英国の支配下に、第二次大戦後は米国の後ろ盾で独立を果たしたエジプト米流時評でも昨年来おなじみの時事評論の達人、中東問題のエキスパートであるクリストファー・ディ...