本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ぼくの翻訳人生』 工藤幸雄

2006年06月04日 | 英語関連書籍

語学に通じるには人生は短すぎる、としみじみ語っている筆者は大正生まれで、今年80歳。ポーランド語翻訳の第一人者ですが、フランス語、ロシア語、英語などでも翻訳をしているそうです。

とにかく他人の訳が気になってしまい、翻訳物は読めないとまで語っています。確かに私も全くレベルは低いのですが、英語の『 I 』を、あえて『おいら』とか『うち』 とか『あっし』 とか『自分』 などと訳してあるだけで、いったん読むのを中断して、訳者あとがきや、翻訳者の経歴を見たりすることがあります。

本書は体系的な翻訳論ではなく、いわば筆者の自分史で、愚痴を含めて、思うままに“翻訳人生”を語ります。満州での外国語との出会いや、占領下での検閲の思い出、A級戦犯の裁判や記者時代のエピソードも語られます。出版社への小言や若者の語学力に関する苦言もあって、おもしろく読めました。

私の知人にも、塾の英語講師にも、“翻訳” で食っていきたいという人が何人かいますが、そういう人が読むとがっかりするかも知れません。全編通じて、『大変だからやめときなさい』と諭されているような気がするからです。その前に日本語を鍛えなさいと…。

やはり、英語に限らず、外国語に精通しているといえるような人ほど、日本語の重要性を強調しますね。受験参考書などには、“○○で完成!”とよく書いてありますが、範囲の決まった定期テストならともかく、どこまでやっても語学は極められない、というのが真理なのでしょうか。

翻訳家になりたい人だけではなく、翻訳家とはどういう人かということに興味がある方にお薦めです。

http://tokkun.net/jump.htm
『ぼくの翻訳人生』工藤幸雄 中央公論社:267P:861円
にほんブログ村 本ブログへ

ブログランキング



FC2 Blog Ranking

ぼくの翻訳人生

中央公論新社

このアイテムの詳細を見る
『本』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『日本がアルゼンチンタンゴ... | トップ | 『最強のファイナンス理論』... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
毎度です (bucky)
2006-06-05 16:15:27
ポーランド、工藤?と来て、「そうか、工藤久代なら知っている。」そう、ご夫婦だったんですね、奥様の『ワルシャワ貧乏物語』をずいぶん昔に読みました。それにしても、この年代の方々のおっしゃることはやはり奥が深いというか、戦争を体験した方々が、外国語を翻訳するというのはまた特別だったのだろうな~などと思います。翻訳者は目指しませんが、面白そうですね。
そうでしたか (VIVA)
2006-06-05 19:04:42
確かに、翻訳なんてとても金にならない、というようなことは、何度か出てきましたから、奥様も苦労されたんでしょう。私も翻訳家なんてとてもムリですが、いつも思うのは、分厚い本を読んだ時、読むのも大変だけど、当然書くほうはもっと大変で、さらにそれを訳す人は、大したもんだなぁ~と、いうことです。
It's tough! (Irish)
2006-06-07 10:31:38
翻訳家の方々には本当に頭の下がる思いです。我々が外国語があまりよくわからない段階で外国の文献を読めるのはひとえに翻訳家の人々のおかげだと思っています。何百ページもある外国語の本を日本語らしく著者の言わんとするところを解釈し、語り伝えるというのは翻訳者の高い学国語の能力に加えた一流ともいえる日本語能力の高さといえるでしょう。勘違いされる方が多いのですが、外国語が話せる(理解できる)イコール通訳、翻訳ができるということではないのです。第二言語、第三言語を操るということは第一言語を頭のなかで単語、単語をいちいち置き換えるながら使うということではないのです。ちょっと専門的な話になってきましたが、その言語を使うとき、他の言語(第一言語、または第三言語)を同時に理解し、同時にアウトプットすることは不可能です。何か軸となる言語を介して他の言語に置き換えて行くということです。日常生活において思考の中心は基本的には第一言語ですが、第二言語を使っているときは第二言語が思考の中心となるでしょう。これらの理由によりインプットした言語を他の言語でアウトプットするのには多少の時間がかかり、翻訳となるとアウトプットされた言語でそれらしく訳さなければならないのですから、その言語の文化的背景の理解および母国語の言語能力の高さが要求されるわけです。辞書を引き引きでよい翻訳ができるとは到底おもえません。ですからVIVAさんの<『大変だからやめときなさい』と諭されているような気がするからです。その前に日本語を鍛えなさいと…。>のコメントには同感します。しかし、壁が高い、登る山が高いだけにやりがいがあるのでしょうね。



Irishさん (VIVA)
2006-06-07 19:26:04
先日はメールありがとうございました。こうしてコメントまでいただき恐縮です。本当におっしゃる通りで、高く険しい山ですよね。今、思い出しましたが、昔、渡部昇一の本だったと思うのですが、明治のころにカントの全訳があったのは、世界中で日本だけで、当時の先進国にはなかったとか何とか、書いていました。(不確かで申し訳ないのですが)



また、いまでも、英語以外の言語で、日本語に翻訳されている書物が一番多く、一般的日本人が外国語学習の必要性を感じないとも言われます。



日本人は翻訳好きなんですかね。
昔の記事にごめんなさい (bucky)
2008-07-06 21:34:22
今朝の新聞で工藤氏の訃報を見ました。83歳だったそうです。そういえば、VIVAさんのブログにコメントをさせて頂いた覚えがあるな、と急に思い出したわけです。
日本とポーランドって最近どうなの?と外務省情報を見たら、この6月に外務副大臣が出張に行っているようでした。以下がポーランドの最近の情勢のようです。
【2007年10月21日に行われた総選挙(上院・下院)では、「法と正義」と同じく「連帯」の流れを汲む最大野党「市民プラットフォーム」が勝利。農民党との連立に合意し、11月16日、「市民プラットフォーム」のトゥスク党首を首班とする連立政権を発足させた。
トゥスク政権は「市民プラットフォーム」への高い支持率(3月末の支持率が約60%)を背景に安定した政権運営を行っている。】
長々と失礼しました。
buckyさん (VIVA)
2008-07-07 01:47:40
そうでしたか。訃報は見落としておりました。お知らせいただきありがとうございます。やはり人生は短すぎると思われていたのでしょうか。謹んでご冥福をお祈りしたいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。