本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『吸血コウモリは恩を忘れない―動物の協力行動から人が学べること』リー・ドガトキン 春日倫子

2006年12月11日 | 科学
 

吸血コウモリは恩を忘れない 動物の協力行動から人が学べること.jpg


妙な書名ですが、本書は進化生物学や動物行動生態学の本です。専門的な研究書ではなく(著者は高名な専門家ですが)、さまざまな動物の協力行動などから、人間が学べるところはないだろうかという視点で書かれています。  

自分の子を持った時に、“ぞうさん” や “迷子の子猫ちゃん” の童謡の世界、また、“ぐりとぐら” や “バムとケロ” など絵本の世界に引き戻され、これでもかというくらい動物が出てくるのにあらためて驚きました。

また、いろいろなブログを拝見していると、犬や猫の写真がとても多く、ペットの存在感の大きさを感じます。(そういえば、つい最近も当塾で、“飼っている犬が死んでしまったので、今日は塾を休みます” という受験生までいました。)

本書に登場する動物たちの例は、書名にある、吸血コウモリの他に、チームで狩をする雌ライオン、女王ネズミをいただくハダカデバネズミ、集団でカラスに反撃するムクドリ、役割分担して獲物を追い立てるブリ、交互に身づくろいしあうインパラなどなどです。よく知られているアリやミツバチ、チンパンジーの社会も登場します。


筆者は動物の協力のパターンを

1・家族を助ける

2・貸し借りを忘れず清算する

3・ひとりでできないことはみんなで

4・仲間のためには危険をいとわず

の4つに分け、それぞれ豊富な実例で、なぜ協力をするのか説明を加えます。


動物の“環境”、“遺伝子”、“協力”、“裏切り”、“ズル”、“コストと利益” などが常にキーワードになってきます。なるほど人間社会が学べそうな知恵がたくさんあるなと感じました。私は特に動物好きというわけではありませんが、それでも本書は実に面白くよむことができました。 


実は大学入試の英語でも、動物の話題は頻出なんです。よく読解のテキストなどで、テーマを、環境や社会問題、歴史、教育などに分けていますが、なかなか“動物” というカテゴリーを設けているものはありません。 しかし、ニュートラルな話題を好む大学では本当によく出題されます。

環境や遺伝子に関心が高まってきているので、それとの関係で出されることも多いです。これまでも 『カラスはどれほど賢いか(唐沢孝一)』や『そんなバカな-遺伝子と神について(竹内久美子)』 を取り上げましたが、これらは国語の入試でも出されました。


受験生諸君も読んでおいて絶対に損は無いはずです。






http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】




■■■ ブログランキング ■■■

最後までお読みいただき、ありがとうございます。二つのランキングに参加しております。記事が参考になったと感じていただけましたら、下のテキストバナーをクリックしていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

          ↓                           

 
人気blogランキングへ   

 
 (現在は2位です)                


 
にほんブログ村 本ブログ  

      
(何とか1位です)




吸血コウモリは恩を忘れない―動物の協力行動から人が学べること

草思社

詳細を見る

『吸血コウモリは恩を忘れない―動物の協力行動から人が学べること』リー・ドガトキン(著) 春日倫子(訳) 
草思社:205P:1680円

『本』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ポール・オースターが朗読... | トップ | 『受験に強い子をつくる!わ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
吸血蝙蝠 (すかいらいたあ)
2006-12-11 22:36:09
ご無沙汰いたしております。
この本、私もいつか読もうと思いつつそのままにしてしまっているのですが、やはり面白そうですね。

私は以前『動物たちの心の世界』という本を読みまして、この中でも吸血蝙蝠たちの協力が書かれていました。社会的な動物の振る舞いはなかなかに興味深いものです。
なお、これが面白かったのでしたらきっとドーキンスの『利己的な遺伝子』も楽しく読めると思います。
Unknown (milesta)
2006-12-12 07:30:03
この間、会田雄次さんの本を読んでいたら、西洋バチと日本バチでは行動様式が違うと書いてあって、その例を見ると、まるで西洋人と日本人の違いと同じで驚きました。同じような環境にいると、異なる種の生物でも似たような行動をとるようになるのでしょうかね。そんなことから動物の行動に興味が沸いてきたので、この本は興味深いです。人間と関連づけているところがとくに良いです。

すかいらいたあさん (VIVA)
2006-12-12 10:58:14
いやこちらこそ、ごぶさたばかりですみません。また先日はお断りもせず、記事をUPさせていただきました。お許し下さい。

利己的な遺伝子は竹内さんの本の中で紹介されていましたね。難しくないですか?素人でもわかるかな。

本書はむしろすかいらいたあさんのような生物の知識のある方には易しいかも。私にはちょうど良くておもしろく読めましたよ。これからも時々、物色しにうかがいます。
milestaさん (VIVA)
2006-12-12 11:00:37
そうですか、会田雄次氏の本はたいてい読んでおりますが、はちの話しは覚えておりません。よろしかったら書名教えて下さい。本書もそれなりに興味深い知見があって、都会のマンションに暮らす身にしてみますと、もっと動物が近くにたくさんいればいいなぁ~と感じました。
書名 (milesta)
2006-12-12 12:32:15
『日本人の意識構造―風土・歴史・社会』です。TBさせてもらいました。

日本バチの中に西洋バチを一匹入れても何もなかったかのように一緒に働くけど、逆だと攻撃されて日本バチは殺されちゃうそうです。また暑い日に巣の中の卵を扇ぐらしいのですが、日本バチは卵の方を、西洋バチは外を向いて扇ぐそうです。

うちの周りは、カラフルなインコや笑いカワセミ、体長20㎝くらいのトカゲがウロウロしています。学校にペリカンが飛んで来ることもあります。
milestaさん (VIVA)
2006-12-12 15:22:15
あれ、読んだはずなんですが…だめですね~。確認しておきます(笑)。

そうですか、インコは良いけどトカゲはちょっと…、なんてことを言っていたら、とても自然が欲しいなんていえませんね。情けない都会人になってしまいました。

あっ、そういえば去年、世界一でっかいゴキブリというのを見ましたよ。10センチ以上はあると思いますが、見慣れていないせいか、結構平気でした(笑)。欲しくないけど。
Unknown (Elle)
2006-12-12 21:51:59
vivaさん、こんばんは♪

ステキな本ですねっ
ホント共感しちゃいますー☆
著者さんの云われるパターン、とっても大事なことですよねっ
あたしも改めてしっかり頭に入れておきたい~
最近また、ひとの気持ちの忘れかけてきたひとが多いようにも思います。。。
いつまでも動物的な優しい気持ちを持っていたいですね!
その方が居心地よくて楽しいな~♪
elleさん (VIVA)
2006-12-13 00:17:58
こんばんは。少し前にコメント入れようと思ったら、旅行に出かけられるとかで、遠慮しておりました。

お元気そうですね。今年もあと少しです。きっとクリスマスやお正月、楽しく過ごされるんでしょう。私も、elleさんや、HIRO。さん、haruママさんの愛知に戻りたいなと思いますが、きっとムリですね。

仕方ないから、東京でおいしいものでも探してみようかなと思ってます。

そういえば、お正月でも東山動物園はやっているんでしょうかね。コビトカバ、元気かなぁ~。
←ちょっと違うけど(笑)。
私は化学系なので生物には疎いのです (すかいらいたあ)
2006-12-13 23:01:32
『利己的な遺伝子』は門外漢にも分かりやすく書かれているので、特に難しくはありませんよ。

リチャード・ドーキンスはたとえ話の巧さに定評のある方ですし、専門知識を持たない人々への啓蒙に優れているとの前評判どおり、実に面白い本でした。

近寄り難い雰囲気に騙されず、読んでみてはいかがでしょうか?
きっと面白いと思われるかと。

なお、当方へのリンクのご報告は不要ですのでお気になさらずどんどんご紹介ください。
・・・・・・お眼鏡に適うのがあれば、ですけど。
すかいらいたあさん (VIVA)
2006-12-13 23:54:30
そうでしたか。

すかいらいたあさんは、化学系ですか。私の苦手なモルです(笑)。

長くなりますので、控えますが、化学だけは…。

そうとわかれば、意欲はあってもなかなかわからない化学苦手タイプに参考になりそうな本を探しにうかがいます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『バムとケロのおかいもの』 島田 ゆか (本からの贈り物)
バムとケロのおかいもの島田 ゆか (1999/02)文溪堂この商品の詳細を見る 『バムとケロ』シリーズは、どれも楽しくて甲乙付けがたいのだが、私は市場好きだから、これを真っ先に採り上げよう。 バムとケロが週に一度のお
『日本人の意識構造―風土・歴史・社会』 会田 雄次 (本からの贈り物)
日本人の意識構造―風土・歴史・社会会田 雄次 (1972/01)講談社この商品の詳細を見る 会田雄次氏は『アーロン収容所』では、ご自身の体験を軸に各国の国民性を書かれていた。それぞれの国の特徴を知ることが出来たが、日本につ