本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『絵本からうまれたおいしいレシピ』 きむらかよ

2006年08月25日 | 絵本
  
夏休み中にぜひブログに載せようと、決めていたのに、完全に失念しておりました。時々コメントをいただける、絵本や料理を紹介していらっしゃる、Elleさん はじめ、いくつかのブログで、薦めておられました。ご存じの方も多いでしょう。

“絵本や小説、童話に出てくるお菓子や料理を、実際に作ってみよう” ということで、そのレシピです。実にすばらしい企画、発想だと思います。私はケーキやお菓子類は作ったことがありませんので、レシピの良し悪しや、そのレベルについては分かりませんが、こんな楽しい本はめったにないでしょう。


どんな子どもでも、“ももたろうのきびだんご作ろう!” と呼びかければ “やったー!”となりそうですが、いかがでしょうか。

確かに、私のような、まったくのしろうとが、ムリして作ってしまって、子どもに『 まず~い 』 とか言われ、かえって絵本の夢を壊してしまうリスク(笑)もあるでしょうが、お菓子作りの経験のある方なら、きっとそんなに難しくないですよね? 違いますかね?

仮にそうだとしても、楽しくて良いじゃないですか。絵本に出てくるお菓子を作ってくれるお母さんなんて、とても素敵だと思います。塾の生徒でも、たま~に手作りのケーキやクッキーなどを持って来てくれることがありますが、やはりとてもうれしいものです。さらに、もっとたま~~~にですが、お母さまがそうしてくださることもあって、どれほど感激するか。

バレンタインデーには、手作りのチョコやケーキをよくもらいますが…、←うそ!ちょっと見栄が入りました。はるか昔にあったかな?程度です(笑)が、やはり特別のうれしさがありますね。

ちょっと形がくずれていたりすると、余計にいとおしくなったりするわけです。『がんばったんだ~』と。こうなると、“ヘタでもいい” ではなく、“ヘタな方がいい” と(笑)。もちろん、おいしくできれば、子どもには、絵本とお菓子とダブルで暖かい気持ちになるでしょう。

こんな自由研究する子がいたら、学校の先生も感心しきりでしょうし、しかも、本書は、子どもだけでなく、親も楽しめる一冊で、見ているだけでも十分気分が明るくなる、大型本です。


出てくるものを、いくつかご紹介しておきます。

【 ぐりとぐら 】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ★ 黄色くて大きなカステラ ★
【 トラのバターのパンケーキ 】・・・・・・ ★ パンケーキ ★(ちびくろさんぼ)
【 バムとケロの日曜日 】・・・・・・・・・・ ★ ドーナツ ★
【 ももたろう 】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ★ きびだんご ★
【 赤毛のアン 】・・・・・・・・・・・・・・・・・ ★ レモンパイ・タフィー ★
【 若草物語 】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ★ ブラマンジェ ★
【 モモ 】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ★ ホットチョコレート ★
【 ハイジ 】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ★ ハイジの黒パン・白パン ★
【 ふしぎのくにのアリス 】・・・・・・・・・・・★ イギリスパン・サンドイッチ・スコーン ★
【 3びきのくま 】・・・・・・・・・・・・・・・・・ ★ キャベツのスープ ★

などなどです。


http://tokkun.net/jump.htm 

e mook『絵本からうまれたおいしいレシピ ~絵本とお菓子の幸せな関係~』

宝島社

このアイテムの詳細を見る

『絵本からうまれたおいしいレシピ』 きむらかよ
宝島社:79P:1365円



■■ きっと、すばらしい経験になると思うのですが、そうかなと思われましたら、ランキングバナーをクリックをしていただけると大変うれしいです。 ■■

にほんブログ村 本ブログへ  何とか1位です。ありがとうございます。      

  壁の前で立ち尽くしております。

絵本レシピ料理読書小説書籍・雑誌ニュース
『本』 ジャンルのランキング
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『中国暴発』 中嶋嶺雄 古... | トップ | 『一人の父親は百人の教師に... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
本日の記事にコメントせずして (bucky)
2006-08-25 13:04:37
いつするのか(大げさ!)という感じです。自分もお小遣いで本が買えるようになってはじめて(だったかな?)買ったのが、『プーさんのお料理読本』。懐かしい!

ハイジの黒パンってどんなのかな~って思ってました。きっとライ麦のパンなのでしょうがしばらくしてわかりました。息子は「バムケロ」のドーナツ、4歳くらいの時に何度も読んでましたが、もう興味を失ってるかな~。
TBしますね。 (milesta)
2006-08-25 13:36:52
VIVAさんらしからぬ本でびっくり。でも親子で料理してみようという呼びかけの意味もあったのですね。納得。

この本は、ホント楽しいです。好きな絵本とおいしいものの両方が味わえて!

ご紹介のElleさんのブログ、かわいらしくて、おいしそうで、この絵本のイメージそのままという感じで素敵ですね。
Unknown (kazu4502)
2006-08-25 16:05:05
お疲れ様です、中国暴発で記載しましたので読んでください、本ブログ1位すごい!!!

がんばってください。

ポチン ポチン
Unknown (Elle)
2006-08-25 16:33:01
VIVAさん、こんにちは♪

いつもTBありがとございます~



前にも言ってくれてたこちらの本読んでくださったんですねっ

ありがとございます。

あたしもこちらの本の企画はとっても素敵だと思いました。

作者さんの思いがとっても伝わってきましたもん!

それですぐに飛びついて購入しちゃいましたよ。

最近はちょっとこの暑さでお菓子もパン焼きもサボっちゃっていますが、久しぶりにがんばって焼いてみようかしら?
こんばんは^^ (シン@偽哲学者)
2006-08-25 19:38:37
今日はいつものVIVAさんらしからぬチョイスですね^^

でもこういう本も私は好きです(^v^)

夏休みを終わりに近づいてきた昨今、

親子の楽しみを増やすための

VIVAさんならではの心遣いかと思いました☆

そうそう、先日言っていた

「治安は~」の記事をアップしましたので

よかったらまた覗いてみてくださいね(^д^)
Unknown (ひろぴぃ2850)
2006-08-26 09:45:16
こんにちは。遊びに来ました。

この本からいろいろ作ってる方が大勢いますよね。

ぜひチャレンジしてください。

よかったら、私のブログにもどうぞ。

余裕 (tiakujo)
2006-08-26 09:58:48
赤毛のアンのレモンパイ・タフィーが作れたらいいなという気分です。

たまにはアンのおばあちゃんみたいなババを演じてみたくなりました。

心のゆとりみたいなものを、この記事からもらえて、ありがとうを言います。 
buckyさん (VIVA)
2006-08-26 10:46:23
そうだったんですか。典型的な女の子じゃないですか!あっ、大変失礼いたしました。



それはそうと、何にも知らない私でも、いっちょ作ってみるか、という気にさせる、魅力ある本でしたよ。いつもありがとうございます!
milestaさん (VIVA)
2006-08-26 10:50:04
そうですよね。本当にすばらしいと思いました。実は、何となく、ちょっと紹介記事を書くのは照れくさいなと思ったのですが、そうおっしゃっていただくと、ホッとします。やっぱり紹介して良かったと。コメントありがとうございます。
kazuさん (VIVA)
2006-08-26 10:51:52
いつもありがとうございます。さすがのkazuさんもお菓子の本じゃあ一歩引きますでしょ(笑)。
Elleさん (VIVA)
2006-08-26 10:53:39
もちろん買って、読んで、楽しんでおりました。お元気になられたようで何よりです。これからも時々突然おじゃまして、物色させていただきますね(笑)。
シンさん (VIVA)
2006-08-26 10:55:32
暖かいコメント感激です。もちろんちょくちょくおじゃましてます。お菓子はシンさんの専門分野の一つでしたね?お暇な時にでも手にとって見てくださいね。
ひろぴぃ2850さん (VIVA)
2006-08-26 10:57:34
はじめまして。コメント恐縮です。また、そちらにおじゃまします。これからもよろしくお願いします。
tiakujoさん (VIVA)
2006-08-26 10:59:43
いや、永六輔では失礼いたしました。この本は本当に優しい気分にさせてくれる一冊だと思います。いつもtiakujoさんから、こういうコメントをいただけるように、良い本を探してみますね。
Unknown (いつ)
2006-09-08 22:08:21
トラックバックありがとうございました。

というか、今頃まで気付かず申し訳ありませんでした。

絵本のレシピ!

面白そうですね~。

でも、ハイジといえば、チーズ・・・と思うのは私だけ?あの、おじいさんが串刺しにして、暖炉でとろけるあのチーズ!

お箸に刺してガスコンロで焼く・・・ていうのでは駄目か。



以前、映画のレシピの本を立ち読みした事があって、それが凄く楽しかったのですが、同じ出版社なのでしょうか。

その中で、映画の中で“失敗”した通りに“失敗”したフレンチトーストの作り方なんていうのまで載っていた記憶が・・・

それだけ印象に残っていて、その他の部分は全く覚えていないので探しようもないのですが、何せ立ち読みだったので・・・

いつさん (VIVA)
2006-09-09 12:56:49
おっ、コメントありがとうございます。こちらこそ長い間、あいさつもせずすみません。これはおもしろい本だと思いますから、よろしければご覧になってみてください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。