本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『総理の値打ち』 福田和也

2006年07月04日 | 政治・経済・外交
    
良くも悪しくも大評判になった一冊を取り上げます。

本書は日本の歴代総理全員(初代:伊藤博文から、56代:小泉純一郎まで)を100点満点で採点するという暴挙をやってのけました。“暴挙“かもしれませんが、愉快です。実を言うと私は福田氏のあまりの傍若無人な言い方を快く思ってはいないのですが、本書の企画は新鮮ですし、批判覚悟で自分の考えを点数にまでして明確にするのは、立派です。

その上日本史の受験生にとっては苦手な近代史が、年代順にコンパクトにまとまっていて知識整理に使えます。ただ、本書の評価はあくまで、福田氏個人のものですから、教科書とは違いますし、この採点には、異議も多数寄せられたそうです。

福田氏の採点基準は

90点以上:世界史に銘記すべき大宰相にして大政治家
80点台:国運を拓き、宰相として国史に長く刻まれるべき総理
70点台:国家、国民の活力を喚起し、歴史的な仕事をした総理


30点台:益まったくなし。総理の名に値せず。
30点以下:明確に国を誤り、国家社会に重大な危難をもたらした。もしくは後世に多大な弊害を遺した。

さて、小泉首相ですが、本書が書かれた時点では(平成14年)なんとたったの29点。この危機に際して、まったく勉強する意欲が無いのだそうです。訪朝やその後の政策でいくらか変化するでしょうか。ちなみに森前首相が30点。最高は伊藤博文の91点でした。

以下、少しご紹介しますと、
2位:山県有朋85点
3位:岸信介81点
4位:原敬73点
5位:佐藤栄作・加藤高明72点
7位:鈴木貫太郎71点

逆に下位は
まず、東久邇宮捻彦と羽田孜の2名は、採点不能としています。(在職期間が短いため)
55位(ワースト):近衛文麿17点
54位:吉田茂(独立後):27点(ただし占領中の吉田茂には68点)
53位:村山富市28点

となっています。とても私には、採点するだけの知識すらありませんが、受験生が自分なりの得点表なんか作れたらすごいですね。みなさんはどう思われますか?


http://tokkun.net/jump.htm



『総理の値打ち』 福田和也
文藝春秋:160P:1200円(文庫本530円には、これについての論客による討論が付いています。私は未読ですが、そちらの方が良いかもしれません)


■ “自分の値打ち”も気になります。どうぞよろしくお願いします ■
にほんブログ村 本ブログへ   ブログランキング


総理の値打ち

文藝春秋

詳細を見る


読書  小説  書籍・雑誌ニュースbook 選挙受験生日本史世界史
『本』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『子ぎつねヘレンがのこした... | トップ | 『自衛隊VS北朝鮮』半田滋 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白すぎです (bucky)
2006-07-04 16:02:43
こういう事に反応してしまう自分が情けないような・・・

でも、歴史的にはかなり以前の首相が上位に名を連ねていますね。これは微妙だな・・・とまた思ったり。

自分が身を置いている時代には、どうしても点が辛くなりそうですね。

buckyさん (VIVA)
2006-07-04 20:05:59
おもしろいですよ。受験生は自分の納得のいくように、点数を直していったら良いと思います。当然、首相に何を求めるかによって点数も違ってくるでしょうし。



ついでに何人か有名総理の福田氏の点数を紹介しますと…



大隈重信:54点、犬養毅:51点、広田弘毅:42点、東条英機:52点、田中角栄:57点、中曽根康弘:40点、竹下登:61点、宮沢喜一:38点、橋本龍太郎:47点、森喜朗:30点 といったところです。
総理の評価 (ぜん)
2006-07-04 23:06:02
こんばんは。

小泉総理の点数の低さは、納得できるようなできないような。

岸信介81点は意外です。

竹下登の61点はいい線かもしれません。

採点をするのは、難しいですね。知らない人もいますし(汗)

複雑・・・ (bucky)
2006-07-05 10:30:59
東条英機:52点、田中角栄:57点、中曽根康弘:40点・・・この辺りを見ると、もう読んでみるしかないですね。基準がどこにあるかすごく知りたい!
ぜんさん (viva)
2006-07-05 11:54:16
お久しぶりです。まことに僭越ながら、ぜんさんの読書傾向と小生のそれと、少し似ていると感じております。時々おじゃまして拝見しております。TB&コメントありがとうございました。
buckyさん (VIVA)
2006-07-05 11:56:56
ご納得いかないご様子ですね。そうなんですよ、こうしていろいろ議論する際に【点数】というのはわかりやすいですね。実は客観的な基準ではないのに、です。うまいですよね。↑のぜんさんのTBの記事も参考になります。
点数ねぇ・・ (透水)
2006-12-21 13:46:53
点のつけ方にちっと首をかしげる所がありますが、
仰るように、試みとしては面白いですね。
丁度今、福田和也氏の、「宰相の条件」という本を
読んでいます。

その中の一節、少し長いですが、以下、引用まで。


「多くの日本人は今、刹那的な日常を生きており、自
国に脈々と流れる歴史性や持続性など感じてはいないのかもしれない。しかし、たとえば人々が使っている
日本語は、長い歴史の中で作られてきたものであって
われわれは皆、それで物を考えている。(中略)
 国民とは、今この国で国籍を有している者だけを
指すのではない。かつてこの国でいきこの国で死んで
いった世代、これから生まれてくる世代を含めて、
国民である。その持続性を保証するものが国家であり
その国家をいかに存続させるかを考えるのが、国民を
統治する者に課せられた第一の仕事ではないだろうか。
だから、国の指導者は「国民より国家のほうが大事
だ」と云わなければいけないのである。」

成る程、私個人としては、オーバーラップする考え
方ではあるのです、が、・・・政治家の評価という
のは、難しい・・・、歴史自体が50年、100年
200年、500年・・・と、変貌していくからね。

そのなかでの位置づけを決める、評価するのは、
なかなか、・・・。
透水さん (VIVA)
2006-12-21 16:42:41
こんにちは。なるほど引用していただいた箇所は示唆に富む指摘ですね。福田氏は、自らこうして点数を付けるという自体を暴挙と認識していると述べています。

歴史に対する冒涜のような行為に近いという意味だと思うのですが、こんなことをできるのは、自分しかいないという心境になったようです。

すべて棚卸しするしかない、政治が権力闘争のみに現を抜かし、ポピュリズムに走っている現状で、採点という暴挙が、国民全体の宰相論議につながってさえくれれば、本書の目的は果たされたと考えているようです。

コメントありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
総理の値打ち (あれこれ随想記 )
福田和也『総理の値打ち』を読みました。 この人も総理だったのか、というのが何人もいました{/ase/} この総理は、こんな仕事をしたのか、と初めて知ったのもかなりありました。 そして、歴代総理の採点ですが、意外なところも、、、 自己採点をしてみようとも思 ...