本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『マインドマップ FOR KIDS 勉強が楽しくなるノート術』トニー・ブザン著 神田正典訳

2007年02月23日 | 中学受験関連【算数・国語参考書など】

 

マインドマップ.jpg

 
子ども用にマインドマップを説明した一冊が出されました。とてもきれいな本で、大きな字で書かれていますので、小学生から使えます。興味のある方はご覧になったらどうでしょうか。

“マインドマップ” は今大変話題になっているようですが、こういう考え方を勉強における記憶や仕事の発想に活用しようという方法は、マインドマップとは呼ばなくても、以前からありましたので、特別新しいことではありません。

実際にコミックのドラゴン桜の中でも確か、メモリーツリーというような名前で、教師が生徒にノートに図を描くことを薦める場面が出てきます。 要するに脳全体を使って、記憶を確かに、発想を豊かにしようという作業だと思います。


みなさんは下の絵をご覧になったことがおありでしょう。老婆にも見えるし、女性の後姿にも見えるというやつです。だまし絵の一種でしょうか。最近は三省堂の英語の教科書(中3)にも出てきました。

 

だまし絵 婦人と老婆.jpg


私は20年以上前に “全能思考” というタイトルの本の新聞広告でこれに遭遇し、私の周りの人間全員分かるのに、私一人どう説明されても、老婆が見えず笑われました。(今ははっきりわかります)

その本によると、老婆から美女(またはその逆)と、見え方が変わる瞬間に脳の中で右脳・左脳のチェンジが起こっているそうです。そこでその本に付いていた自分が右脳的思考をする人間か、左脳的思考をしているのかのテストをやってみたところ、超左脳人間だとわかりました。いやなやつだったわけです(笑)。はい。


一応、ご存知ない方のために簡単に言いますと、左脳というのは言語や理論を重視し、右脳というのはひらめきや画像などを司ります。そうですね~、右脳の代表格は元巨人の監督の長島さんでしょうか、非言語的(笑)、感覚的ですよね。左脳は楽天の野村監督のようなイメージでしょうか、理屈っぽい(笑)ですよね。

同じ音楽家でもクラシックを学んでいる人は左脳が働き、ロックバンドをやっている人は右脳中心だと、その本には調査結果が出ていました。どちらが良いとか優れているというのではなく、組織には両方のタイプの人間が必要だし、私のように偏っている人は、それ以外の発想を学ぶことが役立つわけです。


例えば、国語の論説文や英語の読解は左脳中心でしょうが、算数や数学の空間図形などは右脳が働いていると考えられるわけです。両方うまく活かしたいのですね。最近注目されてきた、いろいろな算数のパズルなどもその延長線上にあるのではないかと思っています。

学校での勉強は、言語・理論中心ですから、特に左脳に偏りがちです。マインドマップはとりもなおさず、それとは逆の右脳を学習にもっと参加させる一つの方法だと理解しています。
 
記憶するのに視覚的に色を使って脳に印象付けたり、平坦な理論では結びつかなかったもの同士を結びつけるような豊かな発想をする訓練ですね。実際にやって学習の効率を上げるのが理想ですが、単にこういう方法があるということを知ることだけでも、意味があるでしょう。


より専門的な本もたくさん出ているようですが、逆に本書のような小学生でも利用できるものの方が、この方法のエッセンスが分かるような気がします。さらに知りたくなれば、より緻密なもの、手の込んだものへとレベルアップするのがよいと思います。

 

マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術

ダイヤモンド社

詳細

■■■ ランキング ■■■

最後までお読みいただきありがとうございます。
応援の1クリック(できましたら4クリック)していただけるとありがたいです。


↓                 ↓

人気blogランキングへ   にほんブログ村 本ブログ 

ブログランキング      


http://tokkun.net/jump.htm 

(当教室HPへ)

 

『マインドマップ FOR KIDS 勉強が楽しくなるノート術』トニー・ブザン著 神田正典訳
ダイヤモンド社:127P:1680円

 
P.S. 遅くなりましたが、神奈川県の公立高校入試問題、genio先生が社会の講評をUPしましたので、ご覧下さい。

 ⇒  【試験に出る!時事ネタ日記!】 

 都立高校の数学に関しては、伊藤先生が講評をUPしてくれています。

 ⇒ 『代々木の個別学習塾講師が想う、あれこれ

 

『育児』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京都立高校入試:英語問題... | トップ | いよいよ国公立大学受験・前... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
老婆が見えな-い (bucky)
2007-02-23 13:59:16
ロートレックの絵のような若い女性しかわからない。おばあさん、どこ?
buckyさん (VIVA)
2007-02-23 14:53:43
おっ、いたいたわかんない人が(笑)。うれしいですね~、20年前の私と同じ状況ですね。きっとお子さんやご主人に見てもらえば一発だと思いますが…、

女性の耳⇒老婆の左目
ネックレス⇒老婆の口
ほほからあごの線⇒老婆の鼻
胸元⇒老婆のあご

に置き換えて見て下さい。こう言われても当時私はわからなくて本屋に走ったのですが…。分かれば感動すると思いますよ。
私も気づきませんでした (Dan)
2007-02-23 15:25:15
どこをどう見ても老婆が現れてこない!
ず~っと、目を細めてみたり、遠くから眺めてみたり、いろいろと試してみたけれど、老婆が出てこない!とコメントしようとコメント欄を開いたら、
VIVAさんの謎解き発見。
老婆、無事発見できました。
やっと脳の血流が少し良くなったような・・・。
私の脳は、ごつごつの岩のように凝り固まっているようです。
わかったけど・・・ (bucky)
2007-02-23 17:23:26
うーん、おばあさんのラインは仮装してるみたいだ!
Danさん (VIVA)
2007-02-23 17:58:55
うそ~、結構いらっしゃいますねぇ、私だけじゃなかったんだ。でも説明読んですぐにおわかりになったんですよね。今度、右脳派か左脳派かのテストでもブログにUPしましょうか?20年前の本が見つかればですが…。

老婆と美女の切り替えの瞬間、何か頭に感じます?それが右脳左脳の切り替えらしいですよ。
buckyさん (VIVA)
2007-02-23 18:00:10
うっ、感動してない…。いいよ、今度もっとすごいの見つけるから!
Unknown (火鷺葵)
2007-02-23 18:57:07
下のヒント貰わず、とりあえず両方見えました
ずっと止まってじーっと見てたんでかなり時間かかりましたが(笑
見えたときは感動しました!けど本当に一瞬のことだったんで感じることが出来ませんでした・・・

で、思ったことなんですが、耳が目に見えずにその少し右にずれた二本の線が目に見えたのは僕だけでしょうか?
目だけニヤけた感じに見えるんですがねぇ
火鷺葵さん (VIVA)
2007-02-23 20:59:48
おっ、実はこの絵には美女と老婆の他にまだ隠されているものがあるという話があるんです。私にはわかりません。うそかもしれません(笑)。火鷺葵さん、見つけて下さい。
Unknown (あーりー)
2007-02-23 23:02:16
気になって調べてみて初めてわかったんですが、「ブルドッグ」や「ハゲタカ」の絵も見えてくるという説もあるみたいです。

僕には見えませんでした(^o^;)
あーりーさん (VIVA)
2007-02-24 10:28:23
そうですか、確かに髪を覆っているあたりがあやしいと思っていましたが、どれほどはっきり認識できるんでしょうね。私にも見えません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。