本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『劇画 内閣総理大臣伝』よつや文(作) 原田久仁信(画)

2006年09月25日 | 政治・経済・外交

 

いよいよ、安倍総理の登場です。どうなんでしょうか、自民党総裁選で敗れたお二人は、次やその次を狙っての出馬だったでしょうか。権力闘争というのは、どこの国でも命がけですが、日本の、特に今回は平穏でしたね。少なくとも外見は…。

しかし日本でも、歴史を振り返れば、禅譲などとは程遠い、権力争いがありましたし、時には、天皇陛下が意見されることさえありました。

本書は、コミックで、歴代総理のうち17人を取り上げて、その功罪や人生を紹介します。息子がコンビニで買ってきたんですが、これがなかなかおもしろい(笑)。

取り上げるのは、

伊藤博文黒田清隆山県有朋大隈重信田中義一浜口雄幸犬養毅岡田啓介広田弘毅東条英機鈴木貫太郎吉田茂鳩山一郎岸信介佐藤栄作田中角栄大平正芳 です。

ただし、詳しく、掘り下げて紹介するというのでは全くなく、その人物をもっともよく表すエピソードを一つか二つ紹介し、人物像を浮かび上がらせるというような描き方です。

絵も本格的で緊迫感がありますし、テンポも良いので一気に読んでしまいますが、できれば各人に対し、最低でもこの5倍くらいは書いてあると、もっと強く印象に残って、良いのですが…。

こうしてさっと読みますと、日本にはさまざまなタイプの権力者がおり、今につながっているんだなと漠然と感じることができると思います。強欲な権力の亡者、命がけで国を守ろうとした者、なるべくしてなったサラブレッドなどなど…。

子どもたちが、本書から、興味を広げて、“もう少しこの人に関して知りたい” となれば最高ですが…。

筆者がその人物のどこを描くかで、何となく思想がわかろうというものです。非常にカッコよく描かれているのは、黒田清隆、大隈重信、広田弘毅、浜口雄幸などで、彼らは日本の誇りであり英雄のような感じです。

一方気の毒なほど悪く書かれているのは、岸信介です(笑)。安倍新総理のおじいちゃんですが、このタイミングで発売は偶然でしょうかね。

以前、日本のすべての総理大臣を採点したことで、話題になり、その評価に賛否両論あった 『総理の値打ち(福田和也・著)』 をご紹介しました。福田氏はそこで、岸信介はすべての歴代総理のうち81点、第3位(1位:伊藤博文・2位:山県有朋)という高評価を与えています。

ところが、本書を読むと、こんな人を総理にしていたのかと、日本人として恥ずかしくなってしまうほどです。人によって評価が異なる典型を見ました。

いずれにしろ、読んでいる分には十分楽しめますが、その人のほんの一部にだけしか焦点を当てていませんので、すでにある程度の知識のある人や、真剣に勉強しようという人には不向きです。そうでない人が取っ掛かりを持つには良い本です。


P.S.  受験生は歴代総理の名前、正しく、全部暗記していますか?ころころ代わったりして覚えにくいんですよね。例によって、genio先生にお願いして、丸暗記方法を紹介してもらいました。メロディーのついた語呂合わせで覚えます。おもしろいですよ。

どうぞ♪ → 『 入試に出る!時事ネタ日記 


http://tokkun.net/jump.htm 

劇画『内閣総理大臣伝』 日本を動かした男たち

実業之日本社

このアイテムの詳細を見る

『劇画 内閣総理大臣伝』よつや文(作) 原田久仁信(画)
実業之日本社:496P:600円



■■  たまには漫画     ■■

これからしばらくは、“安倍総理”のニュースがひっきりなしに続くでしょうから、勉強するいいチャンスです!特に政治は苦手という生徒が多いですから、そういう人は、まずは、こうしたコミックや、テレビニュースで基本を知ってしまいましょう。
できれば応援のクリックお願いします。 
   ↓  ↓                     ↓  ↓
 現在2位です。 にほんブログ村 本ブログ  現在1位です。

いつもありがとうございます 。<m(__)m> 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『人はなぜ、夜空を見上げる... | トップ | 『メディアの迷走-朝日NHK論... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
明日は組閣 (kazu4502)
2006-09-25 23:54:40
こんばんわ、ご苦労様です。

明日は組閣ですね、さてどうなることやら、興味は教育に精通した文部科学大臣ですね、

今後ともよろしくお願いします。
え? (ふる)
2006-09-26 00:24:39
>P.S.  受験生は歴代総理の名前、正しく、全部暗記していますか



そんなものが試験に出るんですか?



私の頃は、歴代天皇を覚え、教育勅語を暗誦して・・・(嘘です)



首相が変わったって日本が何にも変わるわけじゃないでしょ?と思ってるたぶんとっても多い人たちには、首相の個性、特に昔の首相のことを読んでみると面白いかもしれませんね(私もそれほど詳しい訳じゃありませんが)
トップの人格 (ysbee)
2006-09-26 04:53:08
面白そうな本ですね。こういった劇画からなら、政治に対してもなじみやすく入っていけるんじゃないでしょうか。アメリカでも、9/11の調査委員会の分厚い報告書を劇画に仕立て直した本が、この夏出版されて話題になりました。

中学生ぐらいからの政治入門書としてはいいかも。そのうち政治アニメというのも出てくるかも知れませんね。(日本のことだから、もうきっと誰かがやっているでしょうけど。)



歴代の首相では、私の記憶にあるのは吉田茂氏あたりからで、(一応戦後生まれ。化石?)鳩山さんが人気があったような気がします。半世紀前の幼稚園時代でうろ覚えですが。

後段でご紹介の『総理の値打ち』は読んでみたいですね。政観からちょっと引いて、歴史的観点で評価したものに惹かれます。

岸元総理大臣への評価は…… (cse_ri2)
2006-09-26 10:21:26
思想的立場が、保守か革新(もしくは反共か容共か)で180度異なります。



保守派から見れば、政治的生命を賭けて日米安保条約を改定し、日本の安全を確保することで戦後の発展を確定させた大恩人です。



しかし、革新の立場から見れば、彼のしたことは保守反動政治以外の何物でもなく、評価に値することは何もないという判断となります。

何より、日本を資本主義陣営に所属させることで、革命を起こす可能性を決定的に潰した大悪人というのが、彼らの本音でしょう。



私の考えは、岸元首相の政治には、たしかに戦前のやり方を思い出させる強引な手法がありましたが、それは人気半ばで辞職することで、責任を取っていると思います。



岸元首相、そして今の安倍総理大臣に強く反発する人たちは、たいてい安保世代および彼らの思想的後継者たちです。

彼らの本音は保守派の大物への嫉妬心であり、そのことを認識しないと、岸元首相および安倍新首相への批判的意見を誰がどのような立場で発しているのか、見誤ってしまう危険性があります。

kazuさん (VIVA)
2006-09-26 10:23:00
kazuさん、おっしゃるとおりで、個人的には何より注目しているのは、文部科学大臣です。他も興味はあるのですが、何か手を打たなければ、本当に学校が危ういと感じますので。



こちらこそ、いつもありがとうございます。
ふるさん (VIVA)
2006-09-26 10:26:06
こんにちは、そうなんです。でるらしいんです。というかもちろん全部じゃないんでしょうが、頭に入れておかないと得点しにくいそうです。



アメリカはともかく、外から見ていると、本当に日本は脈絡もなくころころかわりましたから、生徒は大変です。教える方だってきっと大変だと思いますよ(笑)。ちょっとばかばかしいくらい短い人も多いですから。
ysbeeさん (VIVA)
2006-09-26 10:30:22
ysbeeさん、そうでしたか、全く知りませんでした。そのアメリカのコミックぜひ見てみたいですね。英語の勉強になるなら、歴史と両方いける最高のテキストじゃないですか。もし書名が分かれば教えて下さい。アメリカのアマゾンで探して見ます。あっ、今は日本のアマゾンでも洋書が買えますね。



本当にいつも有益な情報ありがとうございます。
cse_ri2さん (VIVA)
2006-09-26 10:38:31
すごく勉強されていますね。これからもいろいろコメントいただけるとありがたいです。

安倍氏に嫌悪感を示す人たちもやはりいますよね。あまりにも行き過ぎた自虐史観が、最近は修正されつつあるとは思います。



生徒には、cse_ri2さんがお持ちのように、こちらから見ると、こう、あちらから見るとそうなる、という複眼的な視点を持ってもらいたいと思っております。
9/11関連の本 (ysbee)
2006-09-26 15:03:48
VIVAさん、9/11関連の本は山ほどありますが、9/11と区別調査委員会のオフィシャルな報告書は2004年以来のロングセラーになってます。各家庭に常備みたいに売れましたが、600ページという大部なので、読了した人がいたら聞いてみたい。; )

9/11 Commission Report

by National Commission on Terrorist Attacks

Hardcover / ISBN: 0760781745 / Online Price: $9.95



その報告書を忠実に再現したコミックが「The 9/11 Report」で、ニューヨークタイムズのノンフィクション・ベストセラーランクでは、先月の発売時点では上位にいましたが、まだ14位を保っています。会話調の平明な英語なので、生徒さんには絵と相まってとても判りやすいと思います。映画を見ている感じで。

The 9/11 Report: A Graphic Adaptation

by Sid Jacobson, Ernie Colon

Paperback / ISBN: 0809057395 / $16.95





その他にも9/11関連の本は山ほど出版されてますが、私のブログでも特集しますので、またお知らせします。

(先週ブログ一気アップをやろうとして、大変なトラブルを起こしてしまいました。今1ページずつ復旧して構築し直しているところです。 @_@;; )

それから委員会の報告書のコピーは、テキストではなくフォトコピーですが、PDFファイルでダウンロードもできます。リンク ?

http://www.nytimes.com/packages/pdf/politics/20040722_911Report.pdf#search=%229%2F11%20Committee%22
誤字訂正 (ysbee)
2006-09-26 15:10:32
「9/11特別調査委員会」です。「と区別」ってWTF? もんですね。(笑)

WTF=What a F**k! (アホじゃん、何やっチョルくらいの感じ。アメリカのブログではよく出てきます。)
ysbeeさん (VIVA)
2006-09-26 16:33:38
いやぁ~どうもありがとうございました。さっそくアマゾンでカートに入れておきました。生徒も喜ぶと思います。



それに、PDFファイルも…、目次だけとりあえず眺めておきました。



ブログの建て直しというのですか?何をされたのかわかりませんが、大変そうですね。ご健闘をお祈り申し上げます(笑)。



さらにさらに、活きた英語までご教授いただき、なんとお礼申し上げればよいのか…。

特集ができたらお知らせくださいね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。