本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『おやすみなさい フランシス』 ラッセル・ホーバン(ぶん) ガース・ウイリアムズ(え)

2006年10月15日 | 絵本
 

 

oyasumi-hurannsisu.jpg


私の絵本のおっしょうさんの一人(笑)、『ふたりdeぶろぐ』 のカヲルさんからご紹介していただきました。

あなぐまのおとうさん、おかあさんと、ちびっ子のフランシスの3人(匹)家族です。一人で眠れないフランシスが、やっと寝るまでを描いた絵本ですが、子ども、つまりフランシスの様子がなんとも子どもらしく、いとおしくなるほどうまく描かれています。


欧米では、子どもは小さいころから一人で寝かせますね。フランシスも“おやすみなさい”と言って、自分の部屋のベッドに入りますが、なかなか眠れません。

ひとり言をいっているうちに、“何かがいる” とか、“音がする” とか、あれこれ言っては、起きあがって、部屋から出てきます。 おとうさん、おかあさんも最初はやさしく、さとしていますが…。


我が家にも、ちびっ子がひとりおりますので、これも、親としては、“わかる、わかる、その気持ち(笑)”


何気ない、ごく平凡な家庭の一晩を表現しただけの作品ですが、こんな心温まる物語にしてしまうのがすごいです。子どもの成長や、家族の愛情を、ほんのわずかな緊張感を漂わせながら読者に伝えてします。秀逸な絵本だと思います。

1966年に出されたロングセラー。それがうなずける作品です。


http://tokkun.net/jump.htm
 

おやすみなさいフランシス

福音館書店

このアイテムの詳細を見る

『おやすみなさい フランシス』ラッセル・ホーバン(ぶん) ガース・ウイリアムズ(え) まつおかきょうこ(やく)
福音館書店:32P:1050円



■■
 ランキング  
■■
やっぱり、絵本いいですね。これからも時々、取り上げたいと思います。最後までお読みいただいてありがとうございます。少しでも参考になりましたら、応援のクリックをいただけるとうれしいです。

  人気blogランキングへ    3位です。

にほんブログ村 本ブログ  現在1位です。   都築区   中川 代々木 大学受験 中学受験 予備校 個別指導
『本』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『スヌーピーの処世哲学』 ... | トップ | 『アメリカの戦争の仕方』 J... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ママ、おやすみなさい (yumamiti)
2006-10-15 13:22:02
添い寝の習慣のある日本からみますと、

一人で寝ることの淋しさ、怖さや寝させることの大変さは過ぎてしまえば懐かしいです。

誰もがスヌーピーのライナスの毛布が必要かもしれません。



Unknown (haruママ)
2006-10-15 15:57:08
絵本大好きです!



この絵本も、昔読んだ事がありました。その頃は、まだ学生のころだったかな?きっと、今また読んだら、昔とまた違った見方が出来るかもしれませんね。実際に子供をもつと、昔と比べて視点が変わってたり、視野が広がってたり(狭くなってたら、いやですね~)、価値観も変わってきてると思うので・・・



また絵本、紹介してくださいね
Unknown (milesta)
2006-10-15 16:54:20
フランシスが起きてくるたびに、お父さんがフランシスにいうセリフがとぼけていて好きです。

それからフランシスの作った歌、英語ではどんななのでしょうね。きっと韻を踏んでいるんですよね。

yumamitiさん (VIVA)
2006-10-16 13:06:07
姉さん、今日は、なんとなく体がダルかったので、ちょっと昼寝をしてしまいました。おやすみなさいのメッセージがピッタリで、一人でうけておりました。



スヌーピーもよくご存知のようですね(笑)。そっちで予習されてもらってから書けば良かったかな?
Haruママさん (VIVA)
2006-10-16 13:09:36
こんにちは。Haruさんちのできごと読んでいますと、我が家でも、『あるある…』と思うことがいくつも出てきて、にやにやしております。



本書のおとうさんとおかあさんみたいに、じっと我慢できないんだな~。反省しました。ご飯スキのおじょうさんによろしく!
milestaさん (VIVA)
2006-10-16 13:15:43
そうでした、なんて失礼ですが、いまコメント読みまして…。

milestaさんちにも絵本がいっぱいあったんですよね。白状しますが、怒らないで下さいよ。



正直、milestaさんのところにおじゃまして、絵本が出ていると、個人的には『あっ今日は休みだ』って思って、帰ってくることが多かったんです。ごめんなさい。



私の頭の中には、milestaさんは、外交とか、日本文化のブログというイメージが勝手についておりました(笑)。これからはきちんと読みます。
VIVAさんへ (milesta)
2006-10-16 16:44:16
怒ってないですよ。

>『あっ今日は休みだ』

に笑いました。

しかし、あんなに絵本ぽい、かわいらしいテンプレート選んだのに・・・。いえいえ、怒っていませんよ。(笑)
milestaさん (VIVA)
2006-10-16 18:00:25
やさしいお言葉、ありがとうございます。そうですよね、あのテンプレートですもんね。ご指摘されてみれば、そりゃそうだ、あのテンプレート見たら、南京事件の本より、絵本の方が似合っていますよね(笑)。あっと、怒らないで下さい。



失礼しました。今度は絵本を物色しにおじゃまします。
こんばんは! (カヲル)
2006-10-16 22:22:48
>おっしょうさんの一人



いやはや、お恥ずかしい限りです(照)



読んでいただいて嬉しいです

ほんと、お話は何気ない、どこの家庭でもありそうな

ことなのですが(あ、うちには子供はいないのですが。)、そこがまた共感をよんでいいのでしょうね。

絵のタッチのせいもあるかもしれませんが、心がほんわりと温かくなります。

派手さはなくても心に残る絵本ですね~。

カヲルさん (VIVA)
2006-10-17 05:51:50
師匠!良い本のご紹介と、暖かいコメントありがとうございます。



いつも教えていただいた本がすばらしいので、大助かりでございます。これからもちょくちょく、おじゃまして、相談させて下さいね。
Unknown (Elle)
2006-10-20 13:47:35
VIVAさん、こんにちは♪



VIVAさんの本のご紹介を読ませていただいてすぐかわいい本だなって思いましたよっ

あたしも読んでみたいです。

そして、子供が生まれたらこんな本、読ませて聞かせてあげたいな~

気持ちだけはう~んっと暖かい子に育てていきたいからかわいいいろんな本読んであげなくちゃ♪

Elleさん (VIVA)
2006-10-20 14:37:40
そうそう、その通りです!たくさん読んであげて下さいね。



って、ひょっとしてもう今?いいや、今度そちらのブログでさぐります(笑)。



でも、ElleママのJuniorは、そのまんまで、あたたかいお子さんになりそうですね。コメントありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。