本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『文明の衝突と21世紀の日本』サミュエル・ハンチントン著 鈴木主税 訳

2007年04月11日 | 外国関連


文明の衝突と21世紀の日本.jpg


中国の温家宝首相が来日しました。中国の首相の来日は7年ぶり。新聞によると中国では小泉首相時代とはうって変わって親日ムードを盛り上げているそうです。

ただ、ホントは反日だってこと、アジアカップのサッカーでわかっちゃいましたからね、複雑な気分です。


まぁ、仲良くできるんならそれに越したことはないので、ニコニコしている間に車に乗せて一緒に靖国神社に連れて行っちゃうなんていうのはどうでしょう(笑)。

いずれにしろ、北朝鮮や台湾に関しても微妙な駆け引きがあるでしょう。


温家宝 安倍首相.jpg



まじめな話、今回の来日では、色々な注目点があるのですが、小泉政権時代のアメリカとの蜜月関係にひびが入りつつあるという指摘もある、微妙なタイミングだけに日中関係がどうなるか、非常に気になります。


本書は、『文明の衝突』 の続編のような売り出し方で、『文明の衝突』が98年に出て、その後2000年に本書が出版されました。文明の衝突では日本に触れる部分が少なかったので、書名を見て期待したのですが、ほとんど文明の衝突の廉価版という感じです。一応論文が二つ追加されてはいますが。


ハンチントン氏は世界を8つの文明に分けます。西欧、東方正教会(ロシアなど)、中華、日本、イスラム、ヒンドゥー、ラテンアメリカです。この分け方自体に異論もあるでしょうが、とりあえずこれからの時代は国家の枠組みというより、文明の枠組みで衝突が起こると主張したわけです。


そして、それ以降、9.11のテロやロシアのチェチェン独立問題や東ティモールなどが起きて、ハンチントンの予言が当たった!となりました。確かにこれらの事件に関しては、国家以上に文明の力が引き起こしている部分が大きいと思います。


さて、問題は日本です。ハンチントン氏は日本を独立した一つの文明として、中華とは違うというように分類しています。が、困ったことに、どこの文明とも違うので、国単位で見ると、日本は孤立していくと指摘するのです。


そして、歴史的に見れば、日本は一番強い文明とくっつきたがるので、今後は衰退期に入るであろう西欧文明のアメリカではなく、どんどん力を付けて存在感を増している中華文明と連携するのではないか、2010年頃の予測としてそう書かれているのです。


今、2007年で、日米の雰囲気がちょっと悪くなって、逆に中国が親日ムードのまま北京オリンピックで大歓迎な~んて考えると、あながち荒唐無稽とは言えませんね。同時に氏は、自分の国アメリカに対しては、ぜひとも日本を味方につけておけと忠告しています。


文明の衝突』が500ページを越え3千円近くするのに対し、こちらは解説を省けば190ページほどの新書で700円くらいです。確かに一章分だけは日本に当てているのですが、他は文明の衝突の要約のような内容でした。

従って、続編を連想させる、こういう書名の付け方、売り方には正直がっかりさせられましたが、文明の衝突に興味があっても、まだ読んでいないという方ならお薦めできます。


同氏の『分断されるアメリカ』 の内容も、アメリカの大統領候補に、オバマ氏のようなスターが出現し、予想が当たっているような気がします。興味深い一冊でお薦めできます。

Barack_Obama_portrait_2005.jpg
(オバマ氏)

 

文明の衝突と21世紀の日本

集英社

 詳 細


 ブログランキング 

頑張って追いかけます。少しでも参考になりましたら、クリックをしていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。
 
↓↓↓

(2位)

にほんブログ村 本ブログへ (1位) 

ブログランキング (2位)

  (7位)


  (お試し)
  

  
http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】



『文明の衝突と21世紀の日本』サミュエル・ハンチントン著 鈴木主税 訳
集英社:205P:693円



 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 習った漢字 ゆとり教育の成... | トップ | 『特進クラスの社会―有名中学... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
浦島太郎状態 (Dan)
2007-04-11 23:17:44
プロバイダー変更のため、3日間VIVAさんのところにお伺いできませんでした。
たった数日の間に、こんなに更新されてたんですね。浦島太郎になった気分です。
それにしても、VIVAさん、パワフル!
これからも期待してます。
そうそう、福岡県知事、現職圧勝でした。
ちなみに京大卒。なぜか出身大学が気になっちゃうんですよね。
コンプレックスかな?
(共通一次で大失敗して、国立に行けなかったので。息子と一緒に7年後、センター試験を受けるって手もありますね。)
ま、新書ですから・・・ (山ちゃん)
2007-04-11 23:40:30
> 確かに一章分だけは日本に当てているのですが、
> 他は文明の衝突の要約のような内容でした。

ま、新書ですから・・・。(^o^) 実際には著者の承諾を得て要約版をつくり、日本編を序章としてつけたということでしょう。(私はそう感じました)

> ホントは反日だってこと

日本だって、中国にはかなわないけれど(多分)、多くの人はかなり反中(それとも反支那?!)ですからね~。なにおか言わんやですよ。
Danさん (VIVA)
2007-04-12 11:53:01

“男子三日会わざれば刮目して見よ” 

な~んてカッコいいものではないのですが、春期講習が終わって、新学期ですから何となく張り切ってしまうのです。

この前も書いた気がしますが、大学はともかく官僚出身かどうかが気になります。やっぱり東京以外は官僚OB強いようですね。何とかならないもんでしょうかね。
山ちゃんさん (VIVA)
2007-04-12 11:55:59
そうですか。今の共産党政権は嫌いでも、日本人は中国大好きだと思いますが…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。