本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『美と共同体と東大闘争-三島由紀夫VS東大全共闘(討論)』動画 (YouTube ユーチューブ)

2006年11月06日 | 教養


美と共同体と東大闘争.JPG


日本共産党(筆坂秀世)』 をご紹介させていただいて、その本やあるいは拙文よりも、頂戴したコメント、特に学生運動に関するものに刺激されました。

実は以前より、学生運動が盛んだった時の、学生らを惹きつけた理想や理論を知りたくて、本書を読んでいたのですが、レベルが高いというか、観念的というか、おもしろいところと、意味不明なところが半々くらいでしょうか。

もちろん、私自身の無知が一番の原因ですが、ご紹介して、何らかのご意見を伺いたいという一冊です。



例えば、わからない一節を抜粋しますと、時間ということを議論している中で、三島が未来について …


??????? 以下抜粋です ???????



三島『(前略)われわれは未来というものに手を伸ばす時に、そこに闇の中に確かに人がいると思ってこうやってさわってみたらいなかった。アッという時の瞬間の手の握り具合-私はそういうものが未来だと思うのですね。』

全共闘C 『それは時間がイマージュだからじゃないですか。』

三島 『イマージュかもしれないね。ここに何か固いものがあって…ここに壁があれば安心だ…』

全共闘C 『記憶や時代は抹消されてるでしょう。抹消されるわけじゃないですか?』

三島 『それが抹消されないのだね、おれには。』

全共闘C 『時代は抹消されていますよ。』

三島 『時代は抹消されても、その時代の中にある原質みたいなものは抹消されないのだよ。君らたとえば戦後の時代というものを二十年間ね…。』

全共闘C 『だからプレズンスそのものを見よと言い出すやつがいるわけでしょう。』

三島 『そうだ、それはおれも同感だ。』

全共闘C 『だからこそ、弁証法もイマージュというやつがでてくんでしょう。』

三島 『それも同感だ。』

全共闘C 『その時にイマージュとしての時間がこわれるわけですよ。』

三島 『しかしイマージュとしての時間はだね。』

全共闘C 『記憶が抹消されるのは、過去は自立しないわけだし、当然そのアンチテーゼとしてせり上がってきた未来も消えるわけで、その辺の無時間性にどう対処するかが問題であって、過去があるのないのということは意味ないですよね。』

三島 『それはね、君の言うのはね、つまり無時間性というものに逃げ込んでいるのだ。』

全共闘C 『じゃないのだけどね。』

三島 『それはそうだ。つまり、君の言うのはね、おそらくアンフォルメルな未来の形態を現在から過去まで全部のっぺらぼうに…』。


??????? 以上です ???????



一方で、天皇の問題など、非常におもしろい内容も含まれていました。


先日、毎日新聞の在日の記者による、天皇に対する言説が非常に問題になりましたが、全共闘の側の天皇に対する意見を読み、それで今だに、天皇(制度)を強く嫌悪する人がいるのかと思った次第です。

最後に双方が、自分の意見をまとめて、討論を振り返っています。そこで双方とも、相手に矛盾があり、自分が正しかったと主張しているわけですが、私には三島のいわんとすることはわかりましたが、全共闘側の主張はやはり観念的で理解できませんでした。



本書をとりあげました、もう一つの大きな理由は、YouTube で、この時の映像を偶然、見つけたことです。ここでは、分かりやすいところだけ、あるいは、天皇に対する侮辱などが含まれていないところだけで編集されていました。

よろしければご覧下さい。本書の雰囲気が感じられ、大変、刺激的でした。


【三島VS東大全共闘】(1969年5月)

http://www.youtube.com/watch?v=3dKnQ63iUSc  

美と共同体と東大闘争

角川書店

詳  細


推薦図書などがあれば、教えていただけるとありがたいです。



http://tokkun.net/jump.htm 


『美と共同体と東大闘争-三島由紀夫VS東大全共闘(討論)』
角川書店:173P:420円 


■■
 ランキング ■■


最後までお読みいただき、ありがとうございました。参考になりましたら、応援のクリックをいただけるとうれしいです。

    1位の半分がなかなか(トホホ…)
      ↓               ↓   
人気blogランキングへ  にほんブログ村 本ブログ  
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『化学I・IIの新研究―理系大... | トップ | 馬事公苑 (JRA) 【馬 と... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
???? (milesta)
2006-11-06 12:24:09
三島由紀夫は「過去(歴史)は消すことが出来ないし、今や未来とも繋がっているんだ。地に足をつけて考えろ。」ということが言いたいのかな?
それに対する全共闘は?????降参です。
milestaさん (VIVA)
2006-11-06 14:22:50
でしょ?わかりませんね。 

どうも読んでみますと、三島は【今】しかない、という彼らの過去を絶つ考えは、良いとして、そしてこれまでのくだらん権威を批判することも歓迎しているようです。

ただし、彼らの矛盾は今しかないと言っても、常に未来を考えてしまっている。

三島の【今しかない】は、今日、死んでも良いということをさしているような、明日のことは関係ないというような、そんな感じかな??? 

全く違うかも…です。
こんにちは (yumamiti)
2006-11-06 20:04:54
こんにちはぁ。
勉強不足で知ってはいるけれど、
さっぱりわからないです。
何故、学生が戦う必要があったのか。
三島の云っていうこともわからない。
ただ、切腹したということだけしか。
ただ刹那を感じるだけです。

いよいよ、動画が出ましたね。
こちらも、私はさっぱりやり方がわからない。
やる時には、教わりにこなくちゃ。
美人ねえさん (VIVA)
2006-11-06 21:48:11
はは、検索したら、勝手に出てきました。

もう40年くらい前なのに鮮明で驚きましたよ。こんなものもおいてあるなんて、おもしろいですね、youtube。 

最初は、生徒から【先生知ってる】って言われて、見たのですが、あまり興味がわかなかったんです。娯楽ばっかりだと勝手に思ってました。ネットで調べてみるといろいろあるんですね。本当に驚きました。いつでも教えます!うそです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。