本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『光の帝国-常野物語』 恩田陸

2006年10月05日 | 小説

  
生徒が 『センセーこれ読みました~?』 と、興奮気味に持ってきてくれた一冊です(笑)。恥かしながら、ネット上ではよく目にする、恩田陸氏、読んだことがありません。

あらためて、アマゾンで確認すると、著作が80ほどもあるし、本書 『光の帝国』 には、なんと50近い書評があり、びっくり。しかも…、正直に申し上げれば、男性だと思っておりましたので二度びっくり…。

で、さらに調べてみると、恩田氏の作品は、高校入試にも出題されているではないか!というわけで、さっそく読みました。


生徒が興奮するのもわかる気がする、出色の作品でした。短編連作集というのですね。短い話が10あるのですが、何の予備知識もないまま読み始めましたので、正直、半分読むくらいまでは、なぜこれが連作なのかわからず、確かにひとつひとつの短編も読ませるのですが、どことなく落ち着かない読み物のように感じていました。

ところが、表題作の『光の帝国』が出てきて、そこから一気に引き込まれました。徐々に、これまでの物語がつながっているということがわかります。ひとつひとつのお話は、かつて、常野(とこの)にいた一族の血縁者に起こったできごとだったと…。

その一族とは、みなそれぞれに、不思議な能力が与えられており、ひっそりと集落を形成して普通に暮らしていましたが、ある不幸な事件によって、一族は離散、おのおのが一般の社会で暮らしていくことになります。

しかし、その能力ゆえに、世間からあやしまれたり、数奇な人生を送らざるを得ない状況になったりしていました。 ひとつひとつの話はそのエピソードだったのですが、そこには、ファンタジーもあり、ミステリーあり、ぞっとするような話、涙を誘うような感動もの、戦争があったり、学校や会社が出てきて、現代人を風刺したように感じるものもあります。読み方はいろいろでしょうが…。

それらが、ラストに向けてつながっていく、暖かいお話でした。 こういう一冊に仕上げる構想力自体に舌を巻きます。実に見事です。枯れることのないイマジネーション、教養の豊かさもうかがえます。

言葉遣いも難しくなく、中学生以上ならお薦めできます。まだまだここから発展した物語があるようですから、さがして読んでみたいと思います。良い本を教えてくれました。本当にありがとう。


http://tokkun.net/jump.htm 

光の帝国―常野物語

集英社

詳   細


『光の帝国-常野物語』恩田陸
集英社:283P:520円


■■  ランキング  ■■ 

お読みいただいてありがとうございます。少しでも参考になりましたら、応援のクリックをいただけるとうれしいです。 

 1位を追いかけるにも、相手は3倍以上!仲間が作ってくれたこのバナー、猛追のきっかけになると良いのですが…。

にほんブログ村 本ブログ  現在1位です。 ありがとうございます。

『小説』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『新・アメリカ合州国』 本多... | トップ | 『輝ける闇』 開高健 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とても良いお話でした (すず)
2006-10-05 13:46:34
 初めまして、こんにちは、すずです。

私も中学生の息子から勧められて読みました(笑)年かさの者としては、子どもたちを失った、つる先生の血を吐くような叫びと、最後にまた「笛を吹くのが上手な女の子」に出会えた喜びに、胸が痛くなりました。
カルト (kazu4502)
2006-10-05 14:14:14
vivaさん、毎日ご苦労様です、当サイトにコメント下さり、誠にありがとうございます、今日も朝からアダルトサイトが大量にTBされて来ています、本当にカルトですね、異常ですよこれは、VIVAさんのコメントは迷惑になるかと思い、公開しませんでしたのでご了解ください。

今後ともよろしくお願いします。
すずさん (VIVA)
2006-10-05 18:17:22
はじめまして、コメントいただきとてもうれしいです。ありがとうございます。



それにしましても、こういう本を読む男の子、きっと優しいお子さんでしょう。



しかも、それをお母さんに薦めて、ちゃんとすずさんがお読みになって、さらにさらに同様の感動を持つ!お世辞抜きで、理想的な親子ですね。うらやましい!



すずさん親子、お薦めの本がありましたら、ぜひぜひお知らせくださいね。どこの記事でも良いので。これからもよろしくお願いします。
kazuさん (VIVA)
2006-10-05 18:20:20
そうでしたか。ついつい理不尽な連中にはカッとなって、強い調子で書いてしまったかもしれません。



かえって、kazuさんにお手数をおかけしてしまい、ほんとに申し訳ないです。じゃあ、しばらくは、ランキングだけでも応援させてくださいね!







がんばって下さい!
裏返されないように・・・ (山ちゃん)
2006-10-05 22:35:18
いいですねこの本。今、手紙を読み始めたところです。(裏返されないようにしないと)



ダン・シモンズの「オリンポス」を読み終えたところばかりで、日本の民話に材をとった小説は、オリーブオイルの食事ばかり食べたあとに醤油か味噌の味付けの料理を食べるようなものですっとします。(^_^)
おっと恩田陸! (ふる)
2006-10-06 00:26:47
まさかVISAさんが・・・

いやそれじゃカードになってしまう。



もとい、VIVAさんが恩田陸読んでいないとは・・・



常野一族シリーズいいっすね。

「三月は深き紅の淵を」とか

「夜のピクニック」とか

「六番目の小夜子」



残念ながら全部の作品が大好きとは言えないですが、打率・打点共に高い作家ではないかと存知ます?(なぜ疑問系?)ないかと思います。





追伸:このブログのすっごいカスタマイズについて教えて欲しいと前々からずっと思っていたのですが、なかなか勇気が出なくて・・・こんな可哀想な子羊に愛の手を・・・
山ちゃんさん (VIVA)
2006-10-06 10:00:09
そうですか。なるほど醤油ですね。醤油味が人気の秘密でしょうか。私は比較的、小説は読まないほうなので、他と比べる知識がありません。



もう少し、いろいろ読まないと、恩田陸の本当のすごさはわからないでしょうが、本書は素直に良い本だと感じました。



ところで、オリーブオイルの方はいかがでしたか?
ふるさん (VISA)
2006-10-06 10:07:38
そうです。プライスレスのVISAです。あっ、いや、マスターカードでしたっけ(笑)。



なるほど、イチローみたいな作家なんですね。でもホームランは少ないって意味ですかね。教えてくれた生徒はまるで、満塁ホームランが出たような興奮の仕方でした。





ところで、ブログのカスタマイズですが、ふるさんのテンプレートもカスタマイズできるタイプのやつを選んでいませんでしたか?



このブログは、まず好きなテンプレートを見つけますが、それではいじることができませんので、それをまねして、『シンプル』から作りました。といっても仲間がやってくれたんですけど…。



こういうことじゃなくて?でしょうか。何か疑問ですか?
オリーブオイルについて (山ちゃん)
2006-10-07 12:26:03
> オリーブオイルの方はいかがでしたか?



いい作品ではあるのですが、あまりに西洋(オリーブオイル)の匂いがきつい作品でした。



「オリンポス」は前作の「イリアム」の続編で、実際には二作でひとつの作品となっています。しかし、それぞれの読後感は性が違うのではないかとおもうほどかなり違います。そして、二つの作品が合わせ鏡のようになっていて複合的、重層的な味わいがありました。



「オリンポス」は遥か未来の地球を舞台にした物語です。(「イリアム」は遥か未来の火星で行われるトロイア戦争を中心にした話しです) つまるところは、オールドスタイル・ヒューマンの一人がポスト・ヒューマンに知識を授けられ、そしてモイラというポスト・ヒューマンの女性に導かれ、大西洋にできた、映画「十戒」でモーゼがおこしたような海の裂け目を歩いて渡り、ヨーロッパ大陸から愛する女性がボイニックスというターミネーターの群れと戦っている約束の地アメリカに戻ろうとする、ある意味エクソダスの話しだとおもいました。エピローグでは破壊された都市の再建が、ギリシャ人(西洋人のことでしょうか)とユダヤ人が中心となって始まります。(そして、哀しいことですがどこかにイスラムへの悪意が感じられました)



追伸:「光の帝国」はそのなかでも「黒い塔」がいいですね。(スティーブン・キングの「ダークタワー」をおもわせるタイトルですが)
山ちゃんさん (VIVA)
2006-10-07 13:34:40
そうですか、オリーブオイルはきつかったですか(笑)。読んでみないとわからないですね。エクソダスのお話、私も大変興味があります。何か、知識のない人間でも読めるような、できればそれほど長くなくて(笑)、って、ムシのいい注文ですが、ご存知でしたら、ご教授ください。<m(__)m>



黒い塔、ほっとさせます。みそしるかな?
恩田と質問 (ふる)
2006-10-08 00:55:27
>満塁ホームランが出たような興奮の仕方でした。

たまに場外ホームランも打ってくれます(笑)



>ふるさんのテンプレートもカスタマイズできるタイプのやつを選んでいませんでしたか?



いえ、「カスタムテンプレート」ではないです。



僕の見た限りだけですが、これほどにかっこよくカスタマイズされてるgooブログは見たことがないです(ゴマすりすり)

サイドバーにあるパーツですが、ここgooではJavaScriptが使えないはずなのに、FC2Analyzer(これはJavaS使ってたはずです)を初めとしてgooでは諦めていたモノがたくさんあり、その貼り付け方が根本的な疑問であります。



gooはカスタマイズ性が低い(と自分も思うしそう言う人が多いです)ので、他のブログへの引越しをずっと考えていたのですが、

ここVIVAさんとこを見て、



目からウロコがぼろぼろと落ちた次第であります。

ふるさん (VIVA)
2006-10-08 16:43:47
いや~そんな、あ~た、かっこいいだなんて、ボールペン100本くらいあげちゃおう!



それはともかく…



確かに、グーはカスタマイズできるといっても、JavaSが使えないので、いろいろなパーツが使えません。



FC2の方で、バックアップをかねたブログを持っていまして、いろいろ試してみましたが、雲泥の差があります。引っ越すのも手ですねよ。



で、ここで使っているものなんですが、これは試しているだけなんです。というか、動いているものもありますし、実が動いていないのもあるんです。



JAVASじゃないと使えないと言うものを勝手に付けているだけです。やってみて下さい。使えないはずのものが動いたりします。



よく見ていただくとわかるんですが、ところどころに <noscript> なんてはみ出ているのは、本当は出てはいけないものばかりなんですよ。



ですから、そう言っていただくのは天にものぼるほどうれしいのですが、実態はなにもできていません(笑)。
いえいえ (ふる)
2006-10-08 19:47:46
>いや~そんな、あ~た、かっこいいだなんて、ボールペン100本くらいあげちゃおう!



あたくし冠婚葬祭とお世辞は好きではございませんので、そのままお受け取り下さい(色々貼り付けてるブログは多いですが、かっこいいとは限らないので(苦笑)

ボールペン105本下さい(笑)



引越しするとアクセスが減るということを某ひとが言っておりました(苦笑)NOVAさんは、いやそれでは駅前でした。VIVAさん引越しを考えてるのですか?



>実が動いていないのもあるんです。



えぇー!それは猫がゲタ履いてしまいますよ。

あ、

タマゲタですが。すみません。



>使えないはずのものが動いたりします。



禁止されてるタグを記事に入れてプレビューで見たら表示されてるのに、アップしたら表示されないという意味不明の事態はありましたね。



>本当は出てはいけないものばかりなんですよ。



前から気になってました(笑)

なんと言いましょうか?

人造人間の部品がちょっとはみ出してしまってるような不可思議な感覚を持ちました(笑)



なんだか色々ありがとうございます。













ふるさん (VIVA)
2006-10-08 21:58:09
ハハ!やっぱ知ってんじゃないすか。人造人間の部品。



そうなんです、素人の明かしです。



引越しは、前は考えていたんですが、今はやめました。いろいろ使ってみて、確かに便利な機能が他にあるのは分かったのですが、どうしてもコレ、というのがありませんし、gooに慣れてしまったので…。



誰かがぜ~んぶやってくれるなら、考えますが(笑)。とりあえず記事を書くだけで、精一杯ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
光の帝国 (風と雲の郷(旅と読書と資格と・・))
 「光の帝国」(恩田陸:集英社文庫)を読んだ。特異な能力を持った一族、それが常野(とこの)一族である。彼らは、「遠耳」、「遠目」、「つむじ足」、「発火能力」、「飛行能力」果ては「時間巻き戻し」など、常人には無い様々の能力を持っている。 しかし、 ...