本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『戦争倫理学』 加藤尚武 

2006年07月31日 | 外国関連
 
イスラエルによる空爆で、子どもたちを含め、非戦闘員の多くの命が奪われています。避難所を空爆するなんて、平和慣れした日本人の感覚ではとても理解できませんよね。憎悪を呼び起こすだけですし、これこそ戦争犯罪じゃないのかと、怒りたくなります。

本書は、アメリカによるアフガニスタン空爆やイラク戦争が歴史的に、倫理的にどう位置づけられるのかの論点を明確にするために、2003年当時に緊急出版された一冊です。

完全平和主義としてカント、平和は人を堕落させると主張するヘーゲル、またマキャべリ、東京裁判で日本無罪論を主張し、戦争は国家の権利であるというパル判事、さらに当時の小林よしのり、西部邁などの考えを紹介、あるいは批判しながら戦争、戦争概念の歴史を振り返ります。

戦争に対して現代人が犯す誤解や善悪二元論の不毛さ、慣れの恐ろしさに警告を発します。

「戦争を論じ、いつか合意を作り出そうというのであれば、その前に互いが了解すべき基本的論点をしっかり確認しなければならない」という明確な意図で書かれています。

なぜ兵士は迷彩服を着たり、派手な軍服を着るのかという具体的、基本的なものから、上述の思想の変化、日本政府の憲法解釈の変化など内容は多岐にわたっています。

筆者も前書きで「戦争について考える上で必要な論点はすべて示したつもり」と述べています。既出の論文などを集めた上で、構成されていますので、全体を通すとやや雑な印象を受けますが、戦争を知らない我々には興味深い指摘が続きます。

加藤氏自身は平和主義者ですが、武力行使が認められる場合はあるという立場です。日本で一番有名な倫理学者だと、加藤氏を紹介しているサイトもありました。

とても、一度で本書のすべてを吸収できたとはいえませんが、戦争に関して考えるいくつかの座標軸のようなものをもらい、今後も参考にするであろう一冊です。



http://tokkun.net/jump.htm 



戦争倫理学

筑摩書房

詳細を見る


■■ いくら何でも避難所空爆は許せません。クリックをお願いします。m(__)m ■■
  ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング

読書小説書籍・雑誌ニュースbookサッカーおすすめサイト北朝鮮テポドン家族自衛隊旅行趣味
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『算数パズル [出しっこ問題... | トップ | 『脳の中の人生』 茂木健一郎 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazu4502)
2006-07-31 17:41:44
いつもありがとうございます。

戦争は人間の業と欲の産物です、悲しいかな万物の霊長たる人間は所詮、動物です、古い脳が存在する以上、その人間が持つ遺伝子に打ち勝てる人間なんて誰一人いません、悲しいかな、それが人間です、他国以上に大きな土地を持ちたい、いい生活をしたい、そして安定と不安、不安がより多くなると相手を叩く、みんな同じです。諸法無我。これが出来ればいいなぁ。(苦笑)
kazuさん (VIVA)
2006-07-31 20:41:59
こちらこそ、いつもありがとうございます。こういう悲惨な戦いは、歴史的に見ても、そう簡単にはなくならないのでしょうね。



それはそうと、kazuさんのブログ、とってもきれいになっていて驚きました。あれを拝見してしまうと、衣替えしたくなります。
カブトムシ採っている場合じゃない (bucky)
2006-07-31 21:49:09
と、本当は思わなくもないんです。子供の受験なんて、平和が前提ですから、それが揺らいでしまっては、今の日本のシステムなんてあっという間に崩れ去ってしまうといつもどこかで感じています。

どういう世の中でありたいか、という土台が揺れ動いている状態で、現実を直視せず、そこに乗っかる非常に不安定なものを追いかけるようなことはしたくない、と思いながらも、それにかなり左右されている自分が歯がゆいです。

せめて、どうにか停戦に持ち込めるように祈るばかりです。
buckyさん (VIVA)
2006-08-01 08:47:05
コメントありがとうございます。平和があってこそのカブトムシや夏休みや受験勉強ですよね。

それにしても今回の空爆はひどいです。被害者の多くが子どもというのがね。こんなことされては、イランやイラクが核を持とうと考えても、不思議はないですね。早くやめないと、北朝鮮同様、イスラエルも孤立してしまう気がします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。