本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『PAY DAY!!!』 山田詠美

2006年10月25日 | 小説
 

payday2.jpg



大学入試でも、話題になる山田詠美さんの一作です。他の作品も良いのですが、25日じゃないですか! Payday

本書では、アメリカの一家庭を描きます。

男女の双子の親である夫婦が離婚をします。高校教師である夫は息子と一緒に生まれ故郷の田舎に帰り、キャリアウーマンである母親の方は、娘と大都会ニューヨークに残ります。

ところが、その一年後、9.11のテロがあり、母親は亡くなってしまい、取り残されてしまった娘は、結局ニューヨークを離れ、父親の田舎で住むことになります。

アメリカの南部で、再び同居する兄妹、湾岸戦争帰還後アル中になってしまったおじ、新しい伴侶を静かに求める父、信心深く、暖かいおばあちゃん。母親抜きの5人家族が、時に、互いをわずらわしく思いながらも、支えあって生きていることを確認していきます。

きれいごとだけで人間は生きられない、傷や秘密を持ちながらその相手を認め合うようになる情景が、子供の成長と一緒に美しく描かれています。

アメリカ南部という雰囲気がよく出た作品だと思いますが、山田氏とテロとか、アメリカというところに、やや違和感を持ちました。 文体自体もアメリカの小説スタイルのように感じます。はじめ英語で書いてから訳したのか、(だから前作から7年もたった?)または誰かの作品を山田氏が翻訳しているのじゃないかと何度か確かめたほどです。

そうでないなら、英訳されるのが前提に書かれているような印象を持ちましたが、ひょっとしたら読み方が足らないのかな?少し前に読んだ、『ラブリーボーン』アリス・シーボルト著に、雰囲気が似ていて、そう感じたのかもしれません。どこかに筆者のインタビューでもあればいいのに…


良い作品だと思いますし、生徒たちにも自信をもって薦められる一冊ですが、他の作品とはちょっと違う気がして、山田詠美ファンが本書をどう読んだのか気になります。

http://tokkun.net/jump.htm 

PAY DAY!!!

新潮社

詳  細

PAY DAY!!!

新潮社

詳  細


  ↑
こちらは文庫の表紙。イカしたイラストですね。
新潮社:310P:1575円    


■■ ランキング ■■

最後までお読みいただき、ありがとうございました。少しでも参考になりましたら、応援のクリックをいただけるとうれしいです。

    1位の半分、1位の半分 
      ↓               ↓   
人気blogランキングへ  にほんブログ村 本ブログ  
『本』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『宿命-「よど号」亡命者た... | トップ | コビトカバ (世界四大珍獣... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そう言えば読んだ (bucky)
2006-10-25 13:59:42
という事を思い出しました。一時期、山田詠美の本をまとめて読んだことがありましたが、最近はあんまり・・・
所謂「ノリ」の違うことが新鮮だったりしましたが、その時の問題意識で読む本がすんごく変わるので、今はあんまり気分に合致していないのかな。
でも、PAYDAY(私も今日だけど)はそれなりに面白かったです。
へえ、VIVAさんもこんなの読むんですね(笑)。
buckyさん (VIVA)
2006-10-25 14:55:48
こんにちは。普通この手の本は、国語の先生にお任せなんですが、山田さんは、大学入試の出展にすることに関して、ちょっと論争がありましてね、それで読んでみたんです。



入試で話題になったのは本書じゃないんですけどね。



ちょっと他と違っていても、なかなか良いと思ったんですが、さっき記事をUPした後で、アマゾンの書評見てみたら、賛否両論でした。



それにしてもbuckyさん、たくさん本読みますね。で、コメントいただけるんで、大助かりです。ありがとうございます。
Unknown (ニンキブログ)
2006-10-25 15:13:22
はじめまして!

この度ブログのランキングサイト 『ニンキブログ』 がオープンしましたので、お知らせに参りました。

『ニンキブログ』 の特別なお友達紹介システムにより、あなたのブログが毎日トップページに表示され、どんどんランキングの順位が上がります。

登録の早い方にビッグチャンスがございますので突然お邪魔させていただきました。



『ニンキブログ』 はコミュニティーにトラックバックして頂く事で皆様のブログをつなげ、ブログへの訪問者に提供される情報のつながりを大切に考えております。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします!



http://www.ninkiblog.com

ニンキブログ
山田詠美ファン (tiakujo)
2006-10-25 15:21:04
山田詠美ファンなんて到底いえない私ですが、

すごくカッコイイ女性だと憧れたことがあります。

ちょっと前、NHKプロフェッショナルで山田詠美さんと編集者が出演してました。

作家にとって編集者って、すごい部分をしめてるのだと始めて知りました。

VIVAさんの記事を読むと、読まなくてはと思ってしまいます。でも、追いつけなくて困ってます。
tiakujoさん (VIVA)
2006-10-25 22:05:13
こんにちは。コメントありがとうございます。そうですか、私もその番組見てみたかったですね。



そういえば、プロフェッショナルってtiakujoさんお気に入りの番組ですね。しかもたいてい良いことが書かれてあるので、私もこれから、マメにチェックしてみようと思います。



それにしても山田さんの特集は見てみたかったですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。