本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『悩む力 べてるの家の人びと』 斉藤道雄

2007年01月04日 | ノンフィクション

 

悩む力.jpg



さぁ、いよいよ本格的に世の中が動き出しますね。それにしても、コンビニやスーパー、ファミリーレストランなど、正月休みなく働く人々も増えました。ご苦労さまです。病院やさまざまな施設で働いている方も気が抜けませんね。


さて、「べてるの家」 をご存知でしょうか。何度かテレビで取り上げられたこともありますが、北海道の浦河にある、精神分裂病患者やアルコール中毒者などの自立を支援する共同住宅です。


そもそも、べてるの家は、向谷地さんという一人の青年が、ソーシャルワーカーとしてその地の赤十字病院に赴任してきた20年以上前、その町であいていた教会の建物で、入退院を繰り返す患者さんたちと共同生活をはじめたのがはじまりです。


「べてるの家」の特徴は、従来の精神病医療とは違って、彼らの病気を治そうとはしません。みなが、自分の、そして相手の現状をそのまま受け入れ、悩み、苦しみ、それを他人と分かち合う、そうした人間関係を実践しようとしています。


規則もほとんどなく、唯一 “三度のメシよりミーティング” と言って、いつもみんなでミーティングをし、ありとあらゆる問題を解決する…というより、確認をしあいます。ここでのモットーも、普通と逆で、“手を動かすより、口を動かせ”(笑)。


ただ、こうした理想を語るのは簡単ですが、それを実践するのは大変です。


実際、ミーティングの途中でも幻覚が現われてしまう人もいれば、妄想にとりつかれている人もいます。寝転がっている人もいれば、ぶつぶつひとり言を入っている人もいます。中には暴れだす人までも…。

ですから「べてるの家」には、日頃から暴力やお金を取られたなどのトラブルが絶えません。それを解決していくというより、やはり消化するとでも言いましょうか、人の集まりだからそういうこともあるという覚悟でみなが受け入れているような雰囲気です。

そこに人間社会の縮図、すなわち人本来の姿が隠されずにあらわになっているのではないかと感じるのです。思いやりや協力という美しい場面もたくさんあるのですが、負の部分だって受け入れる。障害だって個性のひとつだという考え方です。


そうは言っても、みなが自立をし、社会参加できることが目標であることには違いありませんから、べてるは決して内部だけで完結した組織を作りたいのではなく、健常者との繋がりにも非常に積極的です。施設の運営にお金もかかりますね。

そこで、地元の昆布を販売する仕事を始めますが、ここでも座右の銘は、なんと、“安心してサボれる会社作り” です。昼寝をする人、逃亡してしまう作業員もいます。それでも、得意のミーティングで商品開発まで実行し、今では立派な企業として成り立つまでになっているようです。


こうしてまわりがそれを完全に受け入れるという社会が出来上がっていると、障害を持った人々が、(それは施設だけでなく、街も含めてですが)、ものすごい力を発揮するというのが分かります。

今や、彼らを世話する立場の人だけでなく、ベてるで暮らす、その患者さんたちまでが、さまざまなところに講演に出かけるほどだというのです。大変すばらしいと思うのですが、本書には、そうした“べてるの家” の経緯やそこで繰り広げられる様々なドラマが描かれています。


以前、このブログで取り上げた 『教養としての「死」を考える』 の中で鷲田清一氏は、社会から死や生、食や排泄までも見えなくなってしまったことが、人間が自分ひとりで生きているという現代人の錯覚を生んでいると指摘しました。

その鷲田氏が、つい先日テレビで、べてるの家の人々がごく普通に社会に溶け込んでいる、どんな人の集団でも、一定割合で障害を持つ人はおり、それが自然なのだというようなことを語っており、思い出して本書を紹介させていただきました。


近年、医療や福祉の分野に進みたいという生徒がかなり増えてきましたが、きっとこの本を読んでみれば、“社会って何だろう” “健常者と障害を持った人の本質的な違いはあるのか” “病気って?” ということを考えずにはいられないはずです。

そういう生徒には特にお薦めの一冊です。


ベテルのHPはこちら→ 【ベてるの家


悩む力

みすず書房

詳細


http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】




■■■
 ブログランキング ■■■


最後までお読みいただき、ありがとうございます。今日から通常モードでがんばります。少しでも拙文が参考になりましたら、下のテキストバナーをクリックしていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。


      ↓              ↓

人気blogランキングへ  にほんブログ村 本ブログ  

      


 『悩む力 べてるの家の人びと』斉藤道雄
みすず書房:241P:1890円


ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事別 コメント数ランキン... | トップ | 『三四郎』 夏目漱石 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
遅くなりましたが (シン@偽哲学者)
2007-01-04 16:58:28
あけましておめでとうございます。
昨年度はお世話になりました。
今年もよろしくお願いします^^
にしてもなかなか興味深い本ですね。
軽くですが障害者と関わる機会があるので
また余裕があれば読んでみたいと思います。
シンさん (VIVA)
2007-01-04 17:04:52
明けましておめでとうございます。
こちらこそ、去年は非常に参考になる良書をいくつも紹介していただき、感謝しております。今年もよろしくお願いします。

本書は確かに興味深い一冊でした。自分が一番反省しましたが、やはり社会が精神分裂ということに無知ではないかと考えさせられました。

資格を取るとか、高齢化社会とかいうので、医療や福祉に進みたいと考える高校生には、ぜひ一読を薦めたい一冊です。
初耳です (ysbee)
2007-01-04 18:22:30
海外にいるので初耳なんですが、多分日本では相当有名なハウスなんでしょうね。こういうやり方をこの青年が一人で編み出したのだったら、ものすごい事ですね。向谷地メソッドとか呼ばれて、海外にまで伝播しそうな気がします。

この中で「安心してサボれる会社」というのが大変気に入りました。人間のテンションには緩急があるのだから、好きな時に集中したりぼーっとしたりできた方が能率があがるかも知れませんね。私自身はすでに3年前からホームオフィスにしたので、「安心してサボってブログ集中の会社」を実行してます。自由業だからできるのかも知れませんが……
Unknown (milesta)
2007-01-04 18:47:35
VIVAさんの記事を読んだだけで、向谷地さんの活動がどんなに凄いことかがわかりますね。こういう集団の運営は、医学の知識とかそういうことでなく、経験の積み重ねが物を言うんでしょうね。コツコツと試行錯誤を繰り返しながら進んできているのでしょう。

VIVAさんがコメント欄に
>社会が精神分裂ということに無知ではないか
と書かれていますが、私は自閉症についての本を読んで同じことを感じたことがあります。これについては私もいつか記事で書きたいと思っているのですが、読んだ本が手元になく実現しないでいます。
ysbeeさん (VIVA)
2007-01-04 20:38:48
そうですね、福祉の専門家の間ではとても注目されていますし、入所希望者が後を絶たないそうです。確か見学に訪れる人の数も相当数にのぼるとどこかに書いてありました。

でも、そう簡単に移せる技術じゃないのかもしれませんし、何よりも街の人々の協力も必要ですからね…。

安心してサボれる会社、良いですね(笑)。ただ、読むと大変そうではあります。
milestaさん (VIVA)
2007-01-04 20:46:10
私も専門的な知識はありませんので、詳しくはわかりませんが、おっしゃるように経験とか熱意がないととても実行できそうにないと感じます。

特に、スタッフの暖かさや、街の人々の協力がすばらしいですね。きれいごとをいうのは簡単なんですが、例えば、自分の家の近くにそういう施設が移転してくるとなるだけで、反対が起こりそうですものね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。