本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『流血の魔術 最強の演技』 ミスター高橋

2006年08月04日 | エッセイ


亀田選手の判定勝ちをめぐって、TBSへの抗議の電話が史上最多の5万件とか。ボクシングというのは、もちろん真剣勝負ですが、過去には、『毒入りオレンジ』 の事件があり、協栄ジムの故金平会長は永久追放になったことがあるのも事実です。

そして、今回の怪しい世界タイトル戦、亀田の所属は同じくその協栄ジム。それも疑惑を増す一因でしょうが、主役は何といってもTBSですかね。

私が子供のころは、プロレスも“真剣勝負”として、ゴールデンタイムで放映されていました。いつも子供心に放送終了寸前で、決着が付くので、“おかしいなぁ~” とは思っていました。水戸黄門みたいですもんね。

今でこそ、プロレスは完全にショーとして、昔とは別の楽しみ方をされているようですが、当時の名レフリー、ミスター高橋 が、ショーのやり方を暴露してしまった一冊です。かなり前に読んだ本ですが、血の流し方、試合の進め方、外国人選手への指示や“依頼” などちょっと信じられません。

猪木ファンであった私も 「えっ?ウソ…」 と少なからずショックを受けながら一気に読み進んでしまいました。まさかあの試合が…、あの選手が…と裏話が次々と出てきてしまうのですから。

懐かしいレスラーの名前も数々出てきて、当時を思い起こさせてくれますが、ミスター高橋…こんなこと書いちゃって本当に大丈夫?とつい読者が心配してしまう一冊です。

ボクシングも興行という点では、プロレスと同じですが、日本を代表するテレビ局があんな盛り上げ方をして、こんな試合をしてしまったら、純粋なボクシングファンはもう見なくなってしまうのではないでしょうか。日本テレビすら、亀田とのかかわりに、二の足を踏んだという情報もあります。

私もボクシングは大好きで、テレビ中継がこれまで少なかったり、日本人が弱かったりで、残念に思っていましたので、ボクシングが注目されるのはうれしいのです。

しかし、亀田選手に対しては、あのキャラクターと大げさすぎる盛り上げ方、さらに今回の試合、残念というより、本当は怒っています。ボクシングには、プロレスと同じ道をたどって欲しくないなぁと思い、本書を紹介しました。


http://tokkun.net/jump.htm


『流血の魔術 最強の演技』ミスター高橋
講談社:252P:714円

流血の魔術 最強の演技―すべてのプロレスはショーである

講談社

このアイテムの詳細を見る


■■ スポーツはさわやかに!クリックをお願いします。m(__)m ■■
  ↓        ↓       ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング

読書小説書籍・雑誌ニュース
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『カラスはどれほど賢いか』... | トップ | Enjoyed Ourselves! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (立徳@立徳ブックガイド)
2006-08-05 11:41:32
あの試合のことを取り上げたブログは多いですが、参考になる本を合わせて紹介した記事は初めて見ました。参考になります。
立徳さん (VIVA)
2006-08-05 11:58:08
はじめまして、ようこそお越しくださいました。頂いたコメント本当にうれしいです。こんなレベルではありますが、ぜひこれから、時々お付き合い下さい。私もそちらにおじゃましてみます。
おはようございます (kazu4502)
2006-08-06 08:57:23
おはようございます、いつも暑い日が続きます、富山は鮎のシーズンで昨日はテンカラ漁でとれた鮎を炭火で立て焼きし賞味しました

今年はどうも小ぶりで鮎の成育が遅れています、やはり雨の影響で石にいい藻がつかなかったことが大きな原因です、一度天然鮎を食べにきてください、知り合いが鮎の専門店をやっているんです、ご招待します。

話は変わりますがこの本は読んだことがあります、わかっていましたが、でも書かれてしまうとすごくショックでしたが、やはりプロレスだって感じがしました、今回の亀田事件はこれとは少し異質です、まさかここまでやるかって感じでしたねでもプロレスと同様、ボクシングも同一視しなくゃいけないなんて本当に悲しいです、いやな時代ですね。

判定はコンピューターにした方がいいのでしょうか それにしてもメディアのペテンは大きな問題を残しました。

これからTBSは大変です。あそうそう TBありがとうございました。
kazuさん (VIVA)
2006-08-06 11:05:56
kazuさんの富山のお話は、いつもうらやましいなと思って読ませてもらっています。kazuさんは夏休みですか?天然の鮎なんて、何十年も食べていません。亀田は相変わらずテレビに出ているようですが、あんまり見たくなくなってしまいました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
東京から戻りました! (キムタツリスニング日記:スペースアルク)
  2日に上京しまして、ベネッセの東大特講をしてまいりました。 東大特講があっ...