本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『入試頻出 構文とイディオム』 中尾孝司 (“英頻”との比較など)

2007年03月20日 | 大学受験【英語】参考書など


文とイディオム.jpg



本書は私が長年授業で使っている、大学受験用の英語構文・イディオム集です。どういうわけか、あまり売れていないようですが(笑)、類書の中では際立って使いやすい一冊で、多くの高校生に薦めたいテキストです。


載っている構文・イディオムの数は全部で800。当教室の高校生(2年生以上)には全員本書を渡し、暗記テストを実施しています。また私の授業では、浪人生まで含め、必ず本書を持参させ、“この構文は○○番に出ているから、確認するように”、とよく指示をします。(何番に何があるか暗記してしまうほど使い込んでいます)


すべて覚えきった段階でかなり英語の成績は安定します。もちろんいくらすばらしいテキストでも、最後までやらせるにはそれなりの工夫は欠かせません。生徒というのは“ブランド”に弱いので、無名テキストの良さを伝えるのは至難の技ですからね。


残念なところは、構文・文法のテキストとはいえ、見出し語や入試問題の改定がされていない点です。細かな部分で解説に加筆はされていますが、それだけでなく、口語表現と呼ばれるものを追加されれば、さらに良くなると思っています。


本書の最大の特徴は、前半の構文部分では、不定詞・比較などの文法分野別、次に結果・譲歩・程度など意味別に配置され、非常に詳しい説明がほどこされている点で、類書にはまず見当たりません。後半のイディオム部分では同意表現などをまとめてくれているのが大助かりです。すべて左ページに入試問題、右には解説という形です。


似たようなものに “英頻(えいひん)” と呼ばれる、大御所、受験英語の神様、伊藤和夫先生の書かれた 『英文法頻出問題演習』 という有名なものが駿台文庫から出ていますが、良い例文や問題が載っていても、解説が荒く、とても英語が苦手な生徒には薦められません。文法嫌いになってしまいそうですし、何を覚えたら良いのかわかりにくいと感じます。


また同じく、英頻といえば、今やこちらを指すぐらい、学校にも浸透し広く使われているのが、桐原書店の 『即戦ゼミ3 大学入試英語頻出問題総演習』 です。しかしこれも解説が淡白で、一通り終えた人が総復習するのには最適でしょうが、これから学ぼうという人には、やはりとても薦められません。私にはどうして多くの高校でこれが推薦されるのか実に不可解です。


本書なら、生徒一人でもある程度は進められます。実は現在は旺文社から出ていますが、かつては別の出版社が出していましたが、倒産して版権が移ったのでしょう。当時、大旺文社から継続して提供されると聞いてホッとしたものです。(ガーンと値上げしてしまいましたが)


構文・イディオムのセクションのあとに、それらを使った短い英文解釈問題(和訳)が付いていますが、これも独習をする人はぜひチャレンジしてもらいたいです。最後が例によって、バートランド・ラッセルの『幸福論』 からの抜粋(笑)ですが、そこまでできるようになればかなりの実力です。


その英文解釈は全部で50題ありますが、そこのセクションだけで、以前ご紹介した 『ポレポレ英文読解プロセス50- 代々木ゼミ方式(西きょうじ)』 の練習量に相当するのではないでしょうか。かなり難しいです。


私の授業では本書に載っていない構文や同意(反意)表現を、追加でさらに本書に書き込ませ、万全を期しています。入試英語は年々、少しずつ変わっており、気が抜けませんから。


また、800ある項目の問題文の全訳が別冊の小冊子で付くようになりましたので、それを利用すれば、上位の大学受験生では、英作文でどの構文を使うかという練習にもなります。


英頻などと異なり、本書には発音などの問題はないこと、会話調の表現、いわゆる口語表現が少ないという点は考慮に入れるべきですが、長く使っていることもあって愛着もあり(笑)、個人的には“受験生のバイブル” と呼んでも差し支えないくらいの一冊だと思っています。



P.S.
 アマゾンで見ますと表紙が別のものもいまだに出まわっているようです。下のようなものですが、内容は同じです。

文とイディオム.jpg

英語問題総合演習―入試頻出項目202

旺文社

詳細


 ブログランキングです 

記事が参考になりましたら、クリックしていただけるとうれしいです。
 

(1位)

にほんブログ村 本ブログへ (1位) 

ブログランキング (2位)

  (7位)
  
 


http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】


 


『入試頻出 構文とイディオム』 中尾孝司
旺文社:272P:1260円


ジャンル:
受験
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『インテリジェンス 武器な... | トップ | 『英文法をこわす - 感覚に... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです! (Kosuke)
2007-03-20 14:16:24
ご無沙汰してます。毎日ご苦労様です!
私の大学は今週の土曜日卒業式です。といっても私の場合は来月入学式でもあるんですけどね。。。
大学4年間はあっという間です。大学生活は、勉強に限らず楽しようとすればどこまでも楽できます。逆にいろんなことにどれだけでも挑戦でき、新たな自分を発見できる期間でもあります。私の場合は読書との出会いは素晴らしい出会いでした。
生徒さんにはぜひ充実した大学生活を送ってもらいたいですね。卒業おめでとうございます。
Kosukeさん (VIVA)
2007-03-20 15:49:09
こちらこそ、ご無沙汰ですが、Kosukeさんのところへおじゃまのしようがないですか(笑)。時々お越し下さい。

いよいよご卒業ですか、おめでとうございます。同時に大学院への入学ということでしょうか。おっしゃるとおりで過ぎ去った時間はあっという間ですね。どうか思い出に残るような大発明を成し遂げて、ブログに報告してくださいね。

暖かいコメントありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。