本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『カラスはどれほど賢いか』 唐沢孝一

2006年08月03日 | 科学
 
都会ではゴミを食い散らかすことで、見るのもいまいましいほど嫌われ者になってしまったカラスですが、これをペットにすると、とてもおもしろいそうです。言葉も覚えるし、酒を飲んでひっくり返ったりするのだそうです。

♪かーらーす~ なぜなくの~♪ と子どものころは歌っていましたが、いつのまにか“カラスの勝手でしょ” ということになってしまって(笑)、どんどん遠い、うとましい存在になってしまいましたね。

カラスは、頭のよさという点では、鳥類の中でズバぬけています。女性、子どもを襲っても大人の男性は襲わないし、かかしや罠はすぐに見破ってしまうし、オウムのように言葉も覚えるし、クルミを割る方法を学習するし、サルのように道具も使え、食料を蓄えることまで知っています。

鋭いくちばしで少々の罠は食いちぎり、獲物を攻撃もする。しかもいざとなれば連係プレイを駆使して、単独で勝ち目のない大きな相手にも立ち向かうほど勇敢で、最後は共食いをしてでも生き延びるという根性。なかなか見上げたものです。

日本を含め、世界中で昔からカラスを守り神として崇めている民族や地方も多いそうです。そういえば日本サッカー協会の旗も三本足のカラスでしたね。いまちょっと弱いですが…。(笑)

トラブルメーカーとしての一面ばかりが取り上げられますが、ある面では、環境破壊の末の都会への大進出でもありますし、単に鳥の一種としてながめると非常に興味深い生態がわかります。

筆者は高校教師を経て、さまざまな自然教育を実践したり、都市鳥の生態調査を行なったりしている大学講師です。専門書ではありませんが、興味のある方にとっては情報たっぷりです。夏休みの自由研究に、世界中の“カラス”の扱われ方を調べたり、ゴミ置き場で観察したりするのはどうでしょう。もちろん攻撃には気をつけてね。


http://tokkun.net/jump.htm

カラスはどれほど賢いか―都市鳥の適応戦略

中央公論新社

詳  細



P.S. 昨日は素敵な方と夜中までデートしていて、じゃっかんハングオーバー(#^.^#) カラスのように、しぶとく(ただし人には迷惑をかけず) 生きていきましょうと…。写真を補正して、2.3日中にUPします。
ところで、すばらしいおみやげをいただきました。コレ です。


■■ 夏休みは、い~っぱい、自然に触れて、研究しよう。クリックをお願いいたしますm(__)m ■■
  ↓         ↓         ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング


『本』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『大学受験のための小説講義... | トップ | 『流血の魔術 最強の演技』... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カラスに聞いてみたい (bucky)
2006-08-03 14:51:52
実はカラスのフォルムが個人的には好きで(もちろん怖い目に会っていないからですが)、少し興味を持っていました。たまたま「カラス」って検索したら、「日本一カラスに詳しい唐沢孝一さん」が出てきました。それにしても、地元栃木の烏山町は町の鳥がカラスなんですね。

そんな賢いカラスに、今の地球温暖化について聞いてみたくなりました。

洪水、熱波・・・異常ですよね。

って、あんまり関係ないコメントで失礼しました。さあ、仕事しよう!
buckyさん (VIVA)
2006-08-03 15:27:31
田舎の少年、少女はどうなんでしょうかね。やっぱりあんまり好きじゃないのかな?日本一からすに詳しいとは知りませんでした。私も今からちょっと勉強してみますね。
かーーちゃん (kazu4502)
2006-08-03 22:03:09
いつもお世話様です、そしてご苦労様です。

僕は田舎の富山なんで自然の中で自由奔放に少年時代をすごしました、都会の方はカラスに対していやなイメージがあると思いですが田舎では決して悪いイメージはありません

田舎町ではほとんど見かけませんが本当の彼らの住家は山里なんでよ、町に出てくることはありませんが、昔僕の友人が飼って手なずけたんです、ものすごく慣れるし賢い、九官鳥いますよね、うまく訓練すればカラスもしゃべれますよ、人をからかうこともしますし、犯罪者より頭がいいと思います(クス)

悲しい時、うれしい時鳴き方が違います

彼らはちゃんと仲間となき方で連絡を取り合い、連携プレーで危険を察したりします

たまにうちの庭に遊びに来ますが最初に来るのが偵察隊つぎに雄の青年団、婦人会、長老と言う順番、ちゃんと決まっています、本当ですよ、絶対に殺しあうことはしません、すばらしい共同社会です、バカな人間よりよほど頭がいいんじゃないでしょうか、偏差値は低いけど世間値(経験値)は高い、人間は見習うべきですね(爆笑)

kazuさん (VIVA)
2006-08-03 23:44:16
長老が安心して、kazuさんのような、こわそうなお宅にも近付けるんですね(笑)。カラスってすごいんですね。本当に…。



kazuさんのコメントを見て、前から思っていましたが、一度おじゃましてみたいです。
こんな話も・・・ (街中の案山子)
2006-08-05 19:43:06
夫の80才の母が「息子は子供のとき、カラスを飼っていた」と言いました(そのとき夫は帰省していなかった)。鳩を飼っていたのは聞いたことがあるけど…、どうしてもカラスだと言い張ります。嫁としては、おかしいと思っても、反論もできず、カラスということになったのですが、あとから夫に確認すると、カラスは飼っていない。だけど、黒い鳩にカラスと名前をつけていたと。疑問が一瞬に解けました。

母は40年以上前の記憶で、混乱したのでしょうが、「カラス」がちょっとでてくる話なので、本とは関係ありませんが、書き込みました。
街中の案山子さん (VIVA)
2006-08-05 22:40:53
カラスを飼うこと、なんか、きっかけがあればチャレンジしてみたいのですが…、絶対おもしろいと信じています。しろうとには無理かなぁ~。



ところで茶臼山、子どもの頃、何度も行きましたよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。