本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『小説 ザ・外資』 高杉良

2007年04月15日 | 小説


小説 ザ・外資.jpg


数日前、本書の著者、高杉良氏の別の小説 『乱気流 小説 巨大経済新聞』 で名誉を傷つけられたとして、日本経済新聞社の鶴田元会長が講談社と高杉氏に損害賠償と出版差し止めを求めた裁判の判決がありました。

名誉棄損が認められましたね。出版差し止めは免れましたが、要するに、争点は、「乱気流」が虚構のエンターテインメント小説か、実在の人物を題材にしたモデル小説かどうかということだったのですが、判決では、“日経をモデルにした” と判断したということですね。


日経新聞に関しては、拙ブログで取り上げた、『日経新聞の黒い霧(大塚将司)』 や 『日本がアルゼンチンタンゴを踊る日(ベンジャミンフルフォード)』 を読めば、かなり経営に問題ありだとわかっていますが、『乱気流』では、ないことまで書いたということでしょうか。未読なので何とも申せませんが…。


でもどうなんでしょう、人気の幸田真音氏や江上剛氏の本もしかりですが、“経済小説” という分野があるとすれば、現実に即して、その裏側を紹介するからこそ存在価値があるのであって、モデルがわからない経済小説というのはありえるのでしょうか。

つまり、正面から批判しても相手にされない強大な権力機構や、マネーシステムに対抗する手段が経済小説だと思いますから、モデルのわからない経済小説というのは言葉の矛盾のような気がします。


高杉氏の作品も、まさしくフィクションとノンフィクションの危ういところを書くというのが特徴で、本書もそんな一冊です。いわゆる“外資” の実態がどういうものか。日本の企業や税金までも食い物にしていくのではないかという危機感が書かせたのでしょう。


現実、最近でもサッポロビールが、外資に買収されるのを防ぐために、株主総会で買収防衛策を可決したばかりです。日清食品アデランスといった、他の日本の有名企業も名前が上がっていますが、今やどの上場企業も外資の買収のターゲットになることを真剣に恐れるようになってきた印象です。

日本の3大証券の一つ、日興コーディアル証券もシティーバンクの手に渡ったばかり。あっという間のスピード決着で、しかも日興は上場廃止にはならないという決定でしたから、シティーは大満足でしょう。みずほがあれこれ思案している間にさっとさらっていきました。もちろん合法ですが、実際、イメージとしてはまぎれもなく“ハゲタカ”。


さらにこの5月からは、外国の企業が、現金ではなく、自社株を対価に日本企業を買収することができる、いわゆる“三角合併” が解禁になります。こうなるとますます今の円安ドル高は、日本企業の輸出が伸びると喜んでばかりいられません。『黒字亡国』にもありましたが、経済は本当に難しい。


日本における、そういったな経済の流れを危険だと感じたためか、本書では、外資は日本の企業風土に合わない、情け容赦のないハゲタカとして描かれています。バブル崩壊の影響で日本企業が苦しんでいる時期に書かれたものです。


主人公は外資系金融機関を渡り歩くエリートです。理想に燃えて仕事に励み、順調にキャリアの階段を登っていくのですが、徐々に外資の実態を知るにつれ、それ特有の考え方に疑問を抱きはじめます。

強引な手法によって、日本の一般企業だけでなく、金融機関、官僚や政府までもが手玉に取られ、結局途方もない額の税金を吸い取られた挙句、さらにその買収された企業では厳しいリストラが行われる。


当時、旧日債銀長銀そごうなど、規模の大きい企業の破綻処理には、税金を使うことや外資を入れることに関して、かなり論争がありました。本書では、日本の当局者が、外資の言いなりになっていく情けない構造が描かれています。


ストーリー自体が上手く展開しすぎる点、酒場談義や不倫(サービスのつもりかな?)などの余分な描写が多いかなという気もしますが、外資の行動原理のようなものがはっきり書かれ、なるほどと思いながら読みました。


外資が入ったおかげで、やっと、ほんとうにやっと不良債権が片付いて、日本経済が復活した、というのも事実でしょうが、果たして本当にハッピーになっているかどうか、モデルはリップルウッドと長銀。どう思いますか。


やはりフィクションなのかノンフィクションなのか、実にきわどいという感じがします。

小説 ザ・外資

光文社

このアイテムの詳細を見る


■ ブログランキング ■

追い上げます!ぜひ応援を…

クリックをしていただけるとありがたいです。
 

(2位)

にほんブログ村 本ブログへ(1位) 

ブログランキング(2位)

(6位)


 (お試し1位)
  
http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】




『小説 ザ・外資』 高杉良
光文社:474P:1785円


すでに文庫本が出されています。(523P:800円)

小説 ザ・外資(文庫).jpg 



このサイトのあなたのレビュー!

 

ジャンル:
経済
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 未来を切り開く学力シリーズ... | トップ | 『グレート・ギャツビー』 ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
難しい話ですなあ (ふる)
2007-04-15 19:04:13
>外資が入ったおかげで、やっと、ほんとうにやっと不良債権が片付いて、日本経済が復活した、というのも事実でしょうが、
>果たして本当にハッピーになっているかどうか、モデルはリップルウッドと長銀。どう思いますか。

不良債権が片付いたといっても、損失として償却した「だけ」だとすればどうなのでしょう?(苦笑)
もちろん貸し出し債権を減らすことによって、資産の圧縮が可能になれば自己資本比率は増えることになりますが、
全ては「小手先」の感があります。

外資が来たからというより、
護送船団方式をやめたこと。横並びを避けようとしていること。このようなことが先の金融業界に効いて来るのではないかと思いますが。

しかしハゲタカに食われる前に、自分でなんとかしないといけないことには変わらないかと(苦笑)
きわどいのが面白い (milesta)
2007-04-15 21:14:33
>フィクションなのかノンフィクションなのか、実にきわどい

という作品て読む側からするととても面白いんですよね。若い頃そういう本ばかりを読んでいた時期もありました。『ジャッカルの日』『ダウニング街一番地』『冷血』『テロルの決算』・・・等々。
学生が社会に対する興味を持つには有効なジャンルだと思うのですけど、現役の人物を題材にするのはまずいと言うことでしょうかね?
そういえば三島由紀夫の『宴のあと』も確か訴訟を起こされましたが、私は三島由紀夫の作品の中で一番(全て読んだわけじゃありませんが)面白く読んだかもしれません。
ふるさん (VIVA)
2007-04-16 10:12:09
そうですね。考え方が難しいのですが、護送船団をやめさせたというか、やめざるを得なくなったというべきなんでしょうか。

もちろん不良債権が健全化して戻ってきたわけではなく、まして外資がそれを穴埋めしてくれたという意味ではありませんね。会計上の処理をせざるを得なくなるように外資が圧力をかけたとでも言えば良いのでしょうか。

milestaさん (VIVA)
2007-04-16 10:18:35
そうですね。裏が分かっておもしろいからこそ、みんな手にするんでしょうから。ただし、プライバシーの侵害やら名誉毀損などで訴えられるリスクは覚悟するんでしょう。どこまで書くか、きっと作家の方でも悩むと思うのです。

特に、現存する企業としては、トップの行状やお金に関わることは信用問題ですから、敏感でしょうね。
Unknown (ふる)
2007-04-17 00:37:07
確かにどちらも外資・外圧によるものであると認識しております。

BISによる自己資本比率維持規制がバブル期とバブル崩壊後の日本に追い討ちをかけた(それも外圧でしょうか?)
ふるさん (VIVA)
2007-04-17 10:10:48
BISの規制がどういう経緯で日本で適用されるようになったかは、詳しく知りませんが、どなたかが日本の銀行を狙ったものだと言っていましたね。

SECの会計基準だとか、BIS規制などを利用して銀行に業務の改善や体質強化を図るのも確かに重要でしょうが、とにかく官僚の政策失敗だけは表に出さないという感じでしょうか。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。