本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『日経新聞の黒い霧』 大塚将司

2006年10月19日 | ノンフィクション

 

kuroikiri.gif


日本経済新聞といえば、創立130年の老舗という歴史だけでなく、その記事内容次第で、上場企業の株価やマーケット全体を大きく変動させてしまう影響力がありますね。経済に関心がある人、ビジネスマン、あるいは就職活動をしている大学生の愛読紙です。

最近では、昭和天皇に関する、いわゆる“富田メモ” のスクープで、注目を集めましたが、それ以前の大スクープといえば、東京銀行と三菱銀行の合併のニュースです。

日本の経済界だけでなく、世界にも衝撃を与えましたが、本書の著者こそ、そのスクープをものにし、新聞協会賞を受賞したご本人です。

その日本経済新聞社の誇る、花形記者が、日経新聞社内で子会社の不正経理があったことを隠しているのではないかとして、自分の会社の経営陣との戦いを決意したのですから、おだやかでありません。というより、そこらの経済小説をしのぐ、緊迫した現実です。


当時の社長による経営の公私混同や、イトマン事件コスモ信組事件TCW事件などで、自社に有利な社説や誘導記事に憤り、最後は株主総会で、社長引退の提案をたたきつけ、社の幹部全員に自分の提案に賛同するように求めるメールを送るなどして、【エース記者VS大新聞社】 という、前代未聞の戦いを描いたドキュメンタリーです。

これが実に臨場感あふれる、抜群におもしろい一冊になっています。


とにかく、スクープを狙う手法で、自分の会社の社長を追い詰めていくのですが、何と言っても相手は超大物。社内のどこから情報が漏れるかわからないし、仲間であっても計画を明かせば、そこは、サラリーマン記者、みな尻込みすることは目に見えています。

失敗すれば、ジャーナリストとして抹殺されかねません。 それでもやる、と決意する段階から、実行に移し、決着をつけるまで、信頼できる友人や仕事上の人脈を綱渡りでたどりながら、時には自分で、現場に足を運んで確認するなど、まるで上質の探偵小説です。途中でやめられずに一気に読んでしまいました。


小説ならまだしも、実際に日本の経済界に大きな影響力をもった、メディア内のできごとですから、臨場感が違います。何と大胆にも、ほとんどが実名で登場しますので、日経をしっかり読んでいる方なら、なじみの記者の名も見つかるでしょう。


また、単に緊迫感や高揚感で読めるだけでなく、新聞が作られるしくみや、記者の活動様式など、いろいろ知ることができて有益でもあります。

本書同様に衝撃的だった 『日本がアルゼンチンタンゴを踊る日』 を書いた、ベンジャミン・フルフォード氏も、日経新聞の記者時代“住専とヤクザ”について書こうとしたところ、上層部からもう書くなと言われたと述べていますが、そのつながりも理解できました。


常に、政権を批判し、世論形成をし、世の中をリードする立場の新聞社ですが、自らの業界が一番古いということに気が付く記者は、実は少ないかもしれません。仮に気付いても、ジャーナリストの使命感に燃えて、首をかけて上司に訴えるという行為に及ぶには、想像を絶するリスクが伴い、人並みはずれたエネルギーが必要です。

それを成し遂げた、大塚氏の戦いの様子、関心のある方は、ぜひお読み下さい。すばらしいと思います。 



http://tokkun.net/jump.htm 

 
『日経新聞の黒い霧』大塚将司
講談社:351P:1890円


P.S. 大塚氏の『スクープ』 という新書を以前ご紹介させていただきました。そちらも、新聞記者の活動がよくわかる、非常に興味深い一冊です。記事をご覧いただければ幸いです。

日経新聞の黒い霧

講談社

詳  細


 ■■ ランキング  ■■ 

下のバナー、せっかく作ったので、使わせてください(笑)。 最後までお読みいただいてありがとうございます。少しでも参考になりましたら、応援のクリックをいただけるとうれしいです。

   2位に復帰できました。ありがとうございます。今、1位の半分くらいまで来ました!(トホホ…)
   ↓        ↓       
  にほんブログ村 本ブログへ   ホントこれで済むのに… 読書 小説  書籍・雑誌  ニュース  育児  学校  大学  サッカー  おすすめサイト 健康  健康・病気 心と体 美容・健康   中川 代々木 大学受験 中学受験 予備校 個別指導
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事一覧・アップデート | トップ | 『信さん』 辻内智貴 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (kazu4502)
2006-10-20 01:15:17
いつもお世話様です、少し元気になりました。富山は言われるとおり、夜は冷え込むようになりました、家の柿木には橙色の柿がいっぱいです、秋ですね、北アルプスの雷鳥もそろそろ冬支度、羽が白くなって来たと地元の放送局は言っていました、でも秋はいいですね、でも2ヵ月後には家の庭にはヒヨドリがどんぐりを食べにやってきます、ヒヨドリが来れば富山は冬支度、富山にはまだ季節と里山が健在です。

今後ともよろしくお願いいたします。
これは絶対読みたい (ysbee)
2006-10-20 06:40:18
VIVAさん、お見舞いありがとうございました。

やっと余震もなくなり、平常運行のハワイ州です。



今日の本は、まずカバーデザインが秀逸ですね。シンプルかつ知的。仕事柄最初にカバーに目が行き、デザイン良ければ中味佳しというのが持論。ハズレることはまれです。

VIVAさんの解説を読んでいたら、今すぐにでも読みたくなってしまいましたよ。「リーマン社会」と呼ばれる日本にもいたんですねー、こういう人物。ペンを武器に社会悪と闘うっていうのは、ジャーナリストの理想像。まさしくインテリジェント・ヒーローですね。

日本からの発送だと、混んでる時は2週間ほど待つのですが、待ち甲斐のありそうな本なので「買い!」です。



*ただ今のブログ進捗状況: ((@o@;;))=33 (ラストスパート)
kazuさん (VIVA)
2006-10-20 10:28:45
そうですか。そういう季節の移り変わり、↑のysbeeさんもうらやましく思っておられるでしょうね(笑)。ここのところ、東京は良い天気で、運動会日和が続いていますが、いずれにせよ季節の変わり目で、朝晩はかなり涼しく、きっと都山だと寒いくらいかなと。ご自愛下さい。

ysbeeさん (VIVA)
2006-10-20 10:34:06
いや、とんでもないです。地震は、アメリカの人々はきっと慣れていないんで、日本以上に驚いたでしょうね。ご無事で何よりです。



ところで、こういうコメント大変うれしいです。興味のある方なら気に入っていただけると思いますが…。



私も美的センスを磨いて、外見で判断できるようになりたい!塾のチラシ、Help me! ですよ(笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ブログで情報収集 (必勝祈願 メタボリックシンドロームからの脱出)
 「何度も見たくなる映画」の参加者も、少しずつ増えてきています。  トラバ・コミュニティに投稿してくださっている方々に感謝申し上げます。  どのエントリーも、お気に入りの映画のことが書かれているので参考になります。  僕はいなかに住んでいて遠くの ...
日経新聞の黒い霧:言論報道機関とは (はてさてブックログ)
言論報道機関とは何なのか。 と、そんなことを考えた一冊です。 「日経新聞の黒い...