本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『難問題の系統とその解き方物理1・2 新課程』 服部嗣夫

2007年02月10日 | 大学受験【数学・理科】情報・参考書

 

難問題の系統とその解き方 物理.jpg



物理の定番です。紹介してくれるのは、Pochi 先生 です。元気に復帰しております。良かった良かった。


以下が Pochi 先生の解説です。


■■■


■ごあいさつ■

Pochi でございます。昨年末に入院騒ぎを起こしてしまい、教室の生徒や仲間の先生たちに大変なご迷惑をおかけしてしまっただけでなく、VIVA先生のブログの読者の方々にもご心配いただいたそうで、本当にすみません。

こちらでお礼を申し上げようと思いつつ、タイミングの難しさと、受験の繁忙期でごぶさたしてしまいました。どうぞVIVA先生に免じて、ご無礼をお許し下さいませ。


■書評■

さて、本書ですが、“難系”と呼ばれ、難関大学の受験物理においては定番となっているのがこの参考書です。

物理を基礎からじっくり勉強したいという場合には向きませんが、応用力を伸ばしたいという受験生にはバッチリです。

難関大学に向けた参考書には微積などを使って解く事を売りにしている参考書もありますが、この“難系”では、理論の説明に微積が登場する場合はありますが、問題を解くのに裏技的なものは使わず、どこの大学の入試問題であっても通用するような一貫した方法・手順を使って解説していきます。

例題を全て制覇するだけで確実に実力はつきます。

しかし注意して欲しいのは“難系”は非常にボリュームがありますので、生半可な気合だけでは持っているだけになってしまう可能性があるということです。

苦手範囲だけと限って深く勉強するのに使うというのもありますが、受験直前に手を出すのはあまりお勧めできません。やはり受験勉強は出来る限り早くから始めないといけませんね。

■■■


ということです。




P.S.その折に、メッセージをいただいた、

 buckyさん  ysbeeさん  milestaさん  灘高キムタツ先生  はじめ

  他にもご心配いただいた方々、あらためてお礼申し上げます。





■■■ ブログランキング  ■■■


いつも応援していただきありがとうございます。

激励クリック、どうぞよろしくお願いします。

     ↓              ↓

人気blogランキングへ 1位  にほんブログ村 本ブログ 1位 

ブログランキング うわっ2位に…   あとこれは→   3 位    





http://tokkun.net/jump.htm 

(当教室HPへ)



難問題の系統とその解き方物理I・II―新課程

ニュートンプレス

詳細を見る



『難問題の系統とその解き方物理1・2 新課程』 服部嗣夫
ニュートンプレス:527P:1785円

ジャンル:
受験
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 15の春も泣かせない! 【... | トップ | 『コロケーション英単語ー単... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よかったよかった! (ysbee)
2007-02-10 15:33:31
あれ以来、果たしてお元気になって復帰できるのかしら?
と、見も知らない方でしたが、気になっておりました。
よかったですね~!
教壇に復帰なさったときの喜びもひとしおだったでしょうね。
ご無理をなさらずに、ご自愛ください。
ysbeeさんへ (Pochi)
2007-02-10 19:53:10
 ysbeeさん。本当にご心配をおかけいたしました。
 
 復帰した日には、その日授業がない生徒たちが私が教室にいるという話を聞きつけて、顔を見に来てくれました。少々照れくささを感じつつも、本当に嬉しかったです。
 ちょっと自分の健康には自信をもてなくなりましたが、体の調子には注意を払いながら、これからも生徒たちと真っ向勝負をしていきたいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。