本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

教育関連 【先生のお薦め本3】 佐藤学 齋藤孝 野村進

2007年02月15日 | 教育関連書籍

 

今月の、“先生のお薦め本”、教育関連書籍編は今日で最後です。いかがでしょうか、手にとってみたい本が一冊でもあったらうれしいのですが…。残りの三冊です。どうぞ。

『学力を問い直す』 

佐藤学著 岩波書店 504円


詳細を見る

【VIVA】

佐藤氏はこれまでも学級崩壊などについて、綿密な調査をし、学校の建て直しのためにさまざまな事例などを書籍などで紹介してきました。学校のお医者さんとか、先生たちの先生ともいうべき存在です。

本書は岩波ブックレットシリーズでわずか60ページほどしかないのですが、学力問題を分かりやすくまとめてあります。

ほかの著作と重なる記述も多く含まれていましたが、よくまとまっていて、特に本書では、学力問題というのは単に子供の現象ではなく、大人が生み出した社会現象だという点に力点が置かれています。

そこで、非常におもしろいのですが…、 『学力』は一種の『貨幣』としての機能を持ち、現在の学力低下は『通貨の暴落』として説明しています。

貨幣って、流通します、交換できます…、相続する場合もありますね。賛成するかどうかは別にして、新鮮な指摘です。

 

 

『教育力』 

齋藤 孝著 岩波新書 735円

詳細を見る

 

【村井先生】

教育学者であり、教育方法の研究を専門としている著者が考える「良い教師」とは・・・。その条件の一つ目に、「教師自らが学ぶことの魅力を忘れずに、学ぶことへの向上心を常に持っていること」があった。

なぜなら、そのエネルギーは生徒たちに伝染し、彼らの学ぶ意欲に火をつけることができるから。

「この科目は勉強する意味がない」なんて早い時期に自分の世界を狭めるのはもったいない。

先人たちの知恵を継承することがどれほど素晴らしいことか…までは実感させられなくても、せめて学ぶことの魅力を伝えられる力は教える側に必要なことだ。

その他いくつも著者の教育に対する考えが書かれているが、これらは学校だけに限らず、広い範囲で「教える」立場にあるすべての人に有益だと思う。

 

 

『脳を知りたい!』

 野村進著 講談社 820円


詳細を見る

【genio先生】

 「脳」の仕組み、というと、普通は専門家でなければ無理!と思いますよね。しかも私は「文系」です。この手の理系本は苦手です。

でも、著者のプロフィールを見たら、上智大学外国語学部出身とあるわけです。所謂「ド文系」です。医者でもなければ理系でもありません。だから全然専門的でなくて、しかもとても分かりやすい。

個人的には第1章の早期教育がとても考えさせられましたね。能力を伸ばすのは確かに教育の目的ではあるけれども、最終的にその人が何のためにその能力を活かすのかということは、結局のところ詰め込み式の習い事ではなくて、周囲から愛されているという安心感だとか、周囲のものに対する好奇心だったりするわけで、そういう意味での環境整備の重要性を訴えています。

他にも本書では環境ホルモンやアルツハイマー病など興味深いテーマが多く取り上げられています。


学力を問い直す―学びのカリキュラムへ

岩波書店

詳  細
教育力

岩波書店

詳  細

脳を知りたい!

講談社

詳  細


◎ 春一番が吹き荒れて、昨日、今日と東京地方はものすごい風です。春がすぐそこまで来ているんですね。 受験生諸君にも暖かい春が訪れますように!


■■■ ランキング ■■■

受験生と彼らを支える優しき塾講師にも…

応援の1クリック(できましたら4クリック)していただけるとありがたいです。


↓                 ↓

人気blogランキングへ   にほんブログ村 本ブログ 

ブログランキング      



http://tokkun.net/jump.htm 

(当教室HPへ)

 

 

 

ジャンル:
学習
コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教育関連 【先生のお薦め本... | トップ | スットコ君:2月号!(お笑... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
春の嵐 (ysbee)
2007-02-15 14:58:11
VIVAさん、Happy Valentine's Day!
(日本は昨日だったんですね、一日遅れでスンマッソン!)

東京は春一番だったらしいですが、義理の息子のいるフィラデルフィアでは猛烈な寒波と大雪で、会社はクローズ。孫娘(あ、ついに言ってしまった!)の学校も休校。今朝は自宅での~んびりしてる~という電話が入ってました。

ワシントンではブッシュが、イラン攻撃をほのめかすバレンタインギフトを国民にプレゼント。ほんとにようやってくれます!
彼にとっては、世に戦争の種は尽きまじ、のようですわ。
脳を知りたい (ふる)
2007-02-15 16:01:09
脳を知る努力をしたら、
脳から汁が出てきました。

脳を知ろうと脳君に問いかけたら、
あい・どん・のう
と言われました(あ、どっかで使った・・・)

学力=通貨とは 実に言いえて妙かと。
驀地 (tani)
2007-02-15 16:21:44
VIVA先生御机下
検閲に不合格だったら自主退学いたします。
              tani
ysbeeさん (VIVA)
2007-02-15 17:44:04
フィラデルフィアですか、遠い昔に訪れた時、アメリカの他の町と違って、何か日本の横浜のような、どこか異国情緒のある街だなぁ~と思った覚えがあります。

そうですか、grand“ys”ちゃんがいらっしゃる。ハワイじゃなかなか会えないですね。あっ、でもネットがあるからいつでもテレビ電話もできるんだ!

イラン攻撃もどうやら本気なんですね。イラクも片付かないうちに…。
ふるさん (VIVA)
2007-02-15 17:49:39
確かに、どこかで見ました。

あい・どん・のう(笑)

あっ、記事で使わせてもらえばよかった。学力が通貨という意見はおもしろいですね。暴落ねぇ~。ふ~ん
なるほど~、って感じで読みました。

本当に薄い本で、本というより冊子のような感じですが、このシリーズはなかなかおもしろいものが入っています。
tani超大先輩 (VIVA)
2007-02-15 18:12:09
不肖、VIVA、感激のあまり言葉も出ません。と申しましても、何か書かないことには…。

すばらしい記事にしていただき、本当にありがたいことです。

“棒ほど願って針ほど叶う”とも申しますが、願うものがあるだけ幸せですね。(先輩のお近くの新聞を下さる方も!)針だけ願えば棒ほど叶う、みたいな宗教もいっぱいあるようですが(笑)。


合格“驀地”で、我々はやるだけやったらあとは天神様にお任せです。おかげさまで今のところ順調です。

督励方、大変恐縮でございます。送っていただきましたTBの記事は、私の宝物ですので、決して誤って削除などなさいませんように(笑)。

よし!またがんばろうという気になりました。

謹んでお礼申し上げます。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
驀地!“まっしぐら”と読むのだそうであります。 (狸便乱亭ノート)
「天神さまお願い!」 本格的な受験シーズンを前に、「学問の神様」として知られる東京都文京区の湯島天神には、大勢の人たちが合格祈願に訪れている。境内に訪れている。境内に奉納された絵馬は約5万枚。受験生たちは志望校などを今に書き込むと、鈴なりとなった...