本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『最強のファイナンス理論』 真壁昭夫

2006年06月05日 | ビジネス書・マスコミ関連
 
『ヘッジファンド』 とか『デリバティブ』 といった経済用語が新聞などマスコミに出てきます。高度な数学とコンピューターを駆使して投資をし利益を得るという、金融工学と呼ばれる分野です。難しそうですが、どういうものか知りたくて本書を読みました。

読んでみますと、本書は専門書ではなく、入門書。しかも金融工学を説明するのではなく、それと対峙する、“行動ファイナンス理論” を紹介するのが目的です。あれ?

簡単に言えば、『数学』的な市場把握に対して、『心理学』的な市場理論です。数学的に必ず儲かる投資理論があるとすれば、数学者は誰も損はしないはずです。先日ご紹介した『天才数学者、株にハマる』 で書いたとおりです。

あるいは市場というものが常に合理的で情報を共有していれば、バブルは起きないし、ぼろ儲けもありません。そういう現象を、心理学を基本に人間の市場での行動や、そのメカニズムを扱うのが行動ファイナンス理論です。 

証券アナリストの試験にも最近出され始め、この理論でノーベル経済学賞を取った学者が出て一気に注目が集まりました。伝統的経済学理論ではバブルなどは“例外的事項”として説明は放棄されていたそうで、そこに光を当てたわけです。

筆者は投資を実践するように進めていますが、マネーマーケットに関係なく心理学の本として読んでもおもしろい一冊で、お薦めできますが、“最強のファイナンス理論”という題名はかなりずれがあるかなと(笑)…。

http://tokkun.net/jump.htm

最強のファイナンス理論―心理学が解くマーケットの謎

講談社

詳   細



にほんブログ村 本ブログへ

ブログランキング



FC2 Blog Ranking


村上ファンド  株式投資  心理学   ノーベル賞
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ぼくの翻訳人生』 工藤幸雄 | トップ | 『ウェブ進化論』梅田望夫 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
行動ファイナンス理論 (Mizo)
2006-06-05 21:09:31
最近金融の本を読んでいますが、「行動ファイナンス理論」は次に私が読みたいと思っている分野です。

金融工学の本を見ると、いろいろ数式が出てきますが、なんか人間の感情の方により大きく相場が左右されているような気がするのです。

「市場が限りなく効率化すれば・・・」という経済学者の言葉ほどまだ市場は成熟していないのでしょうね。
Mizoさん (VIVA)
2006-06-05 22:13:22
金融工学の方は難しくて、なかなか本格的なものに手を出せませんが、こちらなら何とか…という感じです。おもしろい本見つけたらぜひ教えてくださいね。コメントありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
100万hit 次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」の誕生 (100万hit 次世代情報検索ポータルサイト「フロンティア」)
はじめまして。新感覚情報検索ポータルサイト「フロンティア」誕生のご挨拶させていただいております。毎日少しずつ進化する楽しいコンテンツ満載のポータルサイトです。ぜひ一度お越しください。それでは失礼致しました。
真壁昭夫著「ゼロからわかる個人投資」 (「地に足のついた投資」を考え、実践する場 -読書編-)
真壁昭夫著「ゼロからわかる個人投資」 いろいろな金融商品が一通り紹介されており、また基本的な視点を押さえてあるので、考え方などはわかりやすいと思います。概してよい本だったと思います。 私自身が勉強になると思ったのは、いくつかの考え方です。例えば ...