本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ダメな教師の見分け方』 戸田忠雄

2006年12月05日 | 教育関連書籍
 

ダメな教師の見分け方.jpg


血も凍るような事件というのは、こういうものを指すのでしょう。都内の小学校教諭が、交通事故死した子供6人の写真をホームページに無断で掲載し、聞くに堪えないコメントを書き込んでいました。

その内容をニュースで聞いた時には、言葉を失いました。「3度の飯より子ども死体」と名乗っていたというではありませんか。また、別の子供の裸の写真まで掲載されており、児童ポルノ処罰法違反容疑も…。


そして、何よりもおそろしいのは、この教諭は今年9月に著作権法違反容疑で愛知県警に書類送検されていたにもかかわらず、それで処分を受けるどころか、ついこの前まで教壇に立っていたという事実、それを許す学校、教育委員会など日本の教育システムです。


我々は、こんな教員、こんな学校に税金を払って、大切な子どもを預けているわけです。


教員であれ、医師や弁護士であれ、何万人、何十万人もいればすべてがすぐれた人格を備えているわけではないでしょうから、その中に犯罪者がいたというのは避けられないとしても、それを排除する仕組みが、学校にできていないことに恐怖感を覚えます。


この事件も勇気ある遺族の告発がなければ、卑劣な行為がずっと続いていた可能性が高いと考えざるを得ませんし、ひょっとして、まだ表に出ない問題教員が実は相当数いるのではないかと疑われても仕方のないできごとです。


これまでも、 教育関連のカテゴリー で、学校の問題点を指摘していた、『学校が泣いている』や、『高校を変えたい 』など、数冊をご紹介しました。 本書はそれらと比べてもかなりラジカルな主張なのですが、残念ながら、小手先の改革案では、学校にいじめも自殺も、そしてこういう問題教員もなくならないと思いますので、取り上げます。


戸田氏は長野県立高校の校長と予備校の校長を経験しています。学校の最大の問題点として校長の権限のなさを挙げ、民間企業の社長なみの権限が必要だと指摘しています。

校長から何か業務を指示すると、業務命令が「民主的でない」とされ、職員会議を最高議決機関のように履き違え、ひたすら管理職いじめを行なう。あげく教職員組合は自らの存在理由を「平和教育」「反戦」などと政治的な問題にすり替え、学校業務を妨害している。


読んでみて最大の問題は、視点が生徒や保護者などのニーズから遊離して、極めて内向きの発想になっているということです。教員の評価システムを変える必要があるでしょう。


こうして、学校の問題を取り上げるときに心が痛むのは、まじめにやっている教員や、大変お世話になった恩師を個人的に何人も知っていることです。本書のような、十把一絡げ的な議論は、本来は避けたいのですが、今回のような事件を聞きますと、もう個人の問題をはるかに越えていると感じます。




http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】




織田信長が延暦寺を焼き討ちしたおりに、堕落し政治に口出しをする悪僧だけでなく、高僧と呼ばれるような人々をも容赦なく首をはねたと言います。常人には思いも付かないことですが、僧のために命乞いをする自分の配下の兵士たちに対し、“名僧、貴僧などが支えている寺の権威こそが諸悪の根源だ“ と言い放ったと何かで読みました。


学校も懸命に立て直そうと努力されている先生方が多くいらっしゃっても、今回の事件を聞けば、権威も地に堕ちたといえる段階まできてしまっていると感じます。公立学校の再生が何よりも重要だと考えていますから、なんとしてでもすぐに問題教員を排除できる制度を作り出してほしいものです。


「ダメな教師」の見分け方 ちくま新書 (547)

筑摩書房

詳   細



P.S. この事件に関し、相互リンクの kazuさんも興味深い記事を書いておられます。ぜひ、ご覧下さい。


 kazuさんのブログ
 → 『訳わからん このシャバは

 


■■ ランキング  
■■

最後までお読みいただきありがとうございます。拙文にいくぶんかでも賛同できると思われましたら、応援の1クリックをお願いします。
       ↓               ↓
  人気blogランキングへ    にほんブログ村 本ブログ  
 



『ダメな教師の見分け方』戸田忠雄
筑摩書房:302P:903円
『本』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ニセモノ師たち』 中島誠之助 | トップ | 『国家の品格』 藤原正彦 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
先生方に元気になって欲しい (bucky)
2006-12-05 16:57:51
VIVAさんも元気ですか?いよいよ、追い込みに入って大変とは思いますが(ガンバレ!ガンバレ!)。

ココログのメンテが7日まであって、その気になったのに更新できないでいます。
そう言えば、「20年ぶりの渋谷」だったのに、別の友人が来週の待ち合わせ場所を「渋谷パルコパートⅠ」前に指定して来ました。こういう事もあるのねぇ~の気分です。
Unknown (milesta)
2006-12-05 18:01:38
書類送検されていたのに教壇に立っていたのですか!恐ろしいことです。
今、昔の師範学校での修身の授業の本を読んでいるのですが、今の教職課程にも修身とか道徳とかあるのでしょうか。また、それ以前に義務教育段階でも道徳の授業がなくなっているとも聞きました。最近の先生が起こす事件を見ていると、指導力以前に人格とか道徳心に問題があると感じます。

この本の紹介にも書かれてかれていましたが、よく民間企業との違いということが言われるので、教壇に立つ前に何年以上民間企業に勤めるというような規則を作ってもいいのではないかと思います。校長先生さえ物を言えないと言うことは、誰からもガツンと叱られたことがない先生方がたくさんいるわけですよね。民間なら毎日、ガツン、ガツンの連続で、そのお陰で物事の道理がわかってくるのに・・・。

私の知り合いにも、何人か良い先生がいるのですが、あまり厳しくすると保護者からクレームがついたりして大変みたいです。こうなってくると、学校だけの問題ではないような気もします。

buckyさん (VIVA)
2006-12-05 18:20:53
こんにちは、元気ですよ。土曜日はキムタツ先生と、アルクの編集長さんと、うちの塾の伊藤先生と4人で渋谷で、履修漏れその他、一杯やりながら語り合いました。

本当に隠している学校がいっぱいあって、これで良いんでしょうか。長くなるので書きませんが、腹が立ってしょうがないですね。

で、やっぱり渋谷はすごい人でしたね。クリスマスが近くなるとさらに拍車がかかるかな。

そちらはまた飲み会!?うらやましい~。お誘いがきませんでしたが…。
milestaさん (VIVA)
2006-12-05 18:36:05
そちらではニュースが見られるのでしょうかね。本当に、子どもの死体の映像に、卑猥なコメントまでつけていたんですよ。聞いたときは愕然としました。

そして、例によって顔をモザイクをかけた取材に対して、いかにも取って付けたような、お詫び。よくインタビュアーは冷静に聞けるもんだと思ったくらいです。殴りかかっても不思議じゃないくらいの事件だと思いました。

それで、校長が全校集会で謝るとか何とか言っていましたが、そんなことより即クビにしてもらいたいですね。もちろん校長にも非常に厳しい罰を与えてほしい。おっしゃるように、どうも先生は感覚が民間人とずれ過ぎています。

確かに家庭や地域社会にも大きな問題があるでしょうが、奈良の公務員の一件でも明らかなように、とにかく公務員の身分保障が行き過ぎているように感じます。

おはようございます (bucky)
2006-12-06 10:07:22
アルクと言えば、ヒアリングマラソン。藁をもすがる気持ちでトライしたことあります、実は。結果?全く効果が無かったと言えばウソデスガ・・・
今朝も新聞で、現場の先生達からの投書を読みました。このままでは熱意を持った先生までやる気を失いかねないな、と心配しきりです。

あっ、ごめん。次回行きましょう!
buckyさん (VIVA)
2006-12-06 15:10:24
そうですか、でもそりゃやる気のある先生も、どうしようもないでしょうからね。一人の力では。以前申し上げたように、校長だけでも難しくて、教育長とか教育委員会、さらに教員組合のシステムを壊さないとダメでしょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
教員評価をぼんやりと考える (学校通信DX)
 教員評価をやりたいと思っているみたいです。 PTAも、児童も、お偉い方々も。 私も、悪いばかりでもないかなとも思っています。 学校教育は制度疲労を起こしていると思います。自浄能力に期待しているだけでは、うまくいかないのは、もう十分に証明されて ...
いじめについてその1 (円環の記憶。)
11月29日 はじめまして、最近いじめ問題が社会で注目を浴びているようですが。いじめや学校について考察した本で興味深い本が春秋社の『いじめ考』 別役実 山崎哲 芹沢俊介 です。  いじめという現象は単なる排除という現象ではなく、被害者と加害者に ...
渡辺敏郎(33歳)職業教員 (訳わからん このシャバは)
【筆者記】 さて東京都羽村市立松林小学校に勤める渡辺敏郎教諭(33)住所*東京都あきる野市草花が、交通事故死した子供らの写真を自らのホームページ(HP)に無断掲載し、教員としてあるまじき、常軌を逸した執着心をもった異常な内容が含まれていた問題で愛知 ...