本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『茶色の朝』 フランク・パヴロフ著 高橋 哲哉【メッセージ】・藤本 一勇【訳】

2007年05月06日 | 絵本


茶色の朝.jpg



今日はフランス大統領選挙の決戦投票ですね。保守系のサルコジ氏有利と報道されていますが、結果がわかるのはもう少し先。第一回の投票の結果、今日の決選投票に進んだのは、上位二人ですから、サルコジさんと、女性候補の社会党のロワイヤルさん。


第一回目の投票結果は以下のとおりです。


1  サルコジ(国民運動連合) 11,448,663  (31.18%)
ロワイヤル(社会党)  9,500,112  (25.87%)
バイル(仏民主連合)  6,820,119  (18.57%)
ルペン(国民戦線)  3,834,530  (10.44%)



討論会の映像を見ましたが、ものすごい迫力でした。特にロワイヤル氏。女性警官が暴行を受けたことに対し、政権側のサルコジ氏に対し、興奮して、治安の問題を突きつけていました。一発逆転を狙って、必死の形相でした。


さらに、スーダンで虐殺が行われていることに関して、そこで油田開発を進めている中国を猛烈に批判し、北京オリンピックボイコットまでほのめかす。フランスという国柄は “大国に屈しない” 強いリーダーを求めると 『官僚病の起源』 の中で岸田秀氏が指摘していましたが、その通りでした。


前回のフランス大統領選挙は2002年、シラク現首相が勝ちましたが、その時の相手がルペン候補。↑で示した今回の第一回大統領選挙にも立候補し、結果は4位。前回は社会党候補を破っての2位だったわけですが、5年前のその投票結果にはフランスどころか世界中に衝撃が走りました。その理由は、ルペン氏は極右政党の所属だったからです。


  当時のフランス大統領選挙解説 ⇒  All About 『フランス政治事情』



政権をとるために、国民戦線と手を結ぼうとした保守系の人々に反対して出されたのが本書ですが、前回大統領選直後から爆発的に売れたのでした。


こんな内容です。


■■■

主人公はある日、突然、友だちから、自分の黒色のラブラドールを安楽死させた、と言われます。主人公自身も白地に黒のぶちが入った猫を処分していました。それは毛が茶色以外の犬猫を飼ってはならないという法律を政府がつくったから。

そのうちに自警団まで組織され、毒入り団子が無料配布され、この法律を批判する新聞が廃刊に追い込まれます。

それでものんきに、茶色に染まることに違和感を感じなくなっていき、お互い自分からすすんで飼いはじめた茶色の犬と猫とを見せあいながら、二人は笑って過ごしていました。

流れに逆らわずにいれば、茶色に守られた安心も悪くないと。ところが、「快適な時間」を過ごしていたはずの彼らに、突然「国家反逆罪」のレッテルが張られてしまいます。

■■■



筆者はフランスの心理学者です。冷戦後、ヨーロッパではいわゆる極右の政党が人気を集めました。フランスの国民戦線だけでなく、ドイツのネオナチやオーストリアの自由党なども一時はかなり日本でも報道されました。フランスでは茶色はナチスを連想するそうです。


それに危機感をつのらせたパヴロフ氏が本書を書きましたが、日本向けに絵と高橋哲哉氏のメッセージが付いたものです。驚くことに、小学生でも読める絵本に仕上げてしまったのです。

今回のフランス大統領選、一回目の投票率は、なんと83.7%!ですよ。この背景には、前回、投票率が低く、そのことでルペン氏を決選投票に進出させてしまったという恐怖感があったそうです。


全体主義を描いた、ジョージ・オーウェルの 『 動物農場 』 は非常にすばらしい作品だと思いますが、本書のように絵本という形式にしたことで、世界10カ国以上で爆発的に売れたそうです。北朝鮮にも配りたい。



茶色の朝

大月書店

 詳細


P.S. “フランス” “女性” というキーワードで思い出される本が、『 それでも私は腐敗と闘う 』 と 『 碁を打つ女 』。どちらも忘れられない本ですが、前者がコロンビア人で後者が中国人の著者。いずれも外国人。偶然かな。


 

 ブログランキング 

いつもいつも本当にありがとうございます。

応援のクリックをしていただけるとありがたいです。
がんばります。よろしくお願いします。
 
↓↓↓

(4位)

にほんブログ村 本ブログへ (1位) 


http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】

 ブログランキング     
  
  



『本』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『Girls\' Day / Boys\' Day... | トップ | 『冑佛(かぶとぼとけ)伝説... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (milesta)
2007-05-06 20:52:32
「茶色」「朝」「フランク(フランスに見えた)」から、こんがり焼けたクロワッサンとカフェオレを朝食に食べる光景を思い浮かべましたが、全然違う本でしたね。(笑)

私は北朝鮮よりも韓国に贈りたいです。先日も親日派の子孫から財産を没収することになり、茶色一色への道をまっしぐらのように思えるからです。北朝鮮は、本ぐらいでは取り返しがつかないところまで来ていますし・・・。
milestaさん (VIVA)
2007-05-07 02:20:31
なるほど、なるほど、おっしゃるとおりです(笑)。韓国の例の報道はどういうことなんでしょうね。ああいうことをすれば支持率が上がるんですかねぇ。

まるで日本を威嚇しているかのようで、不愉快極まりないですね。本当に何を狙っているのかわかりませんし、ひょっとしたら歴史をよく知らないとか…。
なんとなく (ましま)
2007-05-07 08:57:27
こんにちは、ご無沙汰してます。
若い頃、なんとなくフランスが好きでした。大学の第2外国語はフランス語でした。友人の結婚式で原語のシャンソンを披露したりして(笑)。
日本ではゼネストがはやった時代ですが、フランスの方が先輩格で、日本の記者が街頭インタビューを老婆にしたところ「迷惑なことか、独裁政治よりどれだけいいか」といったとか、日本の労組が定年延長を要求しているのに、向こうは繰り上げが要求だと聞いてびっくりしたことを覚えています。
>VIVAさん (milesta)
2007-05-07 09:39:38
韓国は政権が変わるとかつての大統領は「悪者」「犯罪者」に仕立てるのが常ですから、かつての支配階級ということで糾弾されているのでしょう。それと反日キャンペーンで支持率低下から目をそらす作戦でしょうか。成功するとは思えませんが。

>ひょっとしたら歴史をよく知らないとか…。

これ正解じゃないですか?反日教育を受けて育った初代大統領だと聞いたことがあります。
サルコジ当選! (ysbee)
2007-05-07 11:39:02
VIVAさんに先を越されましたね。
私はしっかり開票結果が出てから、と思って控えていたのですが
アメリカのメディアには、フランスの法律に拘束されないベルギーのメディアの開票予測から、53%の得票率でサルコジ勝利と出ました。今朝の午前2時でした。(米国時間で6日の日曜未明)
ニッチとも言える情報源からで、フランス国内にも伝わったと思います。
(フランスでは主要都市の開票が全部済むまでは公表してはいけない法規だそうです)

サルコジ氏、現実的保守派で、大のアメリカびいきと聞いてます。
おまけにユダヤ系(母方)。
何だかあまり歓迎できない結果になってしまいました。
社会党で女性の大統領というのもまた、随分冒険ではありますが……

早速ですが、TBさせていただけますか?
(あまり頻繁なので、ちょっと遠慮気味に・・・m(_ _)m)
ましま先生 (VIVA)
2007-05-07 12:51:56
こちらこそ、ご無沙汰ばかりですみません。

なんとなくと書かれていますが、フランスを好きな方はやはり、独特な雰囲気にひかれるのでしょうかね。私はドイツ語でしたが、まことに恥ずかしながら、今ではアルファベットすらあやしいです。歌なんてとてもとても…。

今回の報道を見ていましても、やはりフランス社会は、同じ先進国とは言っても、日本とはかけ離れた考え方なんですね。シラク首相の相撲好きは大変貴重だったんだとわかりました(笑)。格闘技や芸術なら、国境を越えられるんですね。
milestaさん (VIVA)
2007-05-07 13:09:32
韓国の大統領選挙も来年でしたよね。今、改めてWikiを読んでみたのですが、フランス以上に、韓国はわかりにくい政治状況ですね。

とにかく今の大統領ではラチがあかないようですからねぇ~。就任当初は新しい時代に入るのだと期待しておりましたが…。
ysbeeさん (VIVA)
2007-05-07 13:23:59
そんな法律があるんですね。確かに、多少、遅くても間違った情報が流れるリスクを無くしておくという考え方は理にかなっていると思います。日本のようにどこよりも早くを競いすぎていると誤報が出ますからね。

どちらが良いのか、難しいですね。社会党といっても日本と違って、ミッテランの時代がありましたから、慣れているというか、安心感もあると思いますが、移民政策や経済的な思想は、サルコジさんとかなり違うようですね。

もちろんysbeeさんからのTBはalways大歓迎です。ただ、今確認したら、10個しか表示できないのがいけないのですが、そのうち5つが米流時評になっておりましたので、新しいのが届いたら、下のを保留扱いにさせて下さい。他の方のがすぐに消えてしまいますので…。ごめんなさい。
お手数掛けます! (ysbee)
2007-05-07 14:10:23
あらまぁ、今見たら寡占状態(TB)!
大変申し訳ありません。m(_ _)m

古いのは消去しちゃってください。
まことにお手数をおかけします。
(やはりその~、遊びに来たいという気持ちの表れで・・・)
サルコジ氏のフランス (bucky)
2007-05-07 15:43:44
どうなるのでしょうね。個人的にはあまりうれしくないような気もしますが・・・
さすがのフランスも転換期なのですかね。良い意味での強気(??)は残してほしいなぁ。
ysbeeさん (VIVA)
2007-05-07 16:38:32
とんでもないです。これからもガンガン送っていただいて結構ですから。いつも励ましをいただいてどれだけ助かっているか計り知れません。古くなったやつを保留にさせていただくだけですので…。お気軽に!
buckyさん (VIVA)
2007-05-07 16:45:17
フランスの失業率はドイツと並んで10%近くあるそうですから、我慢の限界で、特に若者たちのフラストレーションが強いようですね。北欧型の福祉国家か、アメリカ型の競争主義かという感じでしょうか。

ただ、それぞれの政策を見ますと、いわゆる日本でいうところの、右と左という色分けとはかなり違うような気がしました。

サルコジさんは貴族的ではなく、庶民派だそうですよ(笑)。しかもご自身が移民だとか。日本ではまだまだなさそうですね、移民の首相は。
言い忘れましたが (bucky)
2007-05-07 17:15:16
でも、この投票率。
全てを物語っているというか、こういう力があるんだな、と改めて認識しました。
さあ、みんな選挙に行こう!(いや、深い意味はないっす。)
Unknown (雨)
2007-05-07 18:13:38
携帯直ったら連絡下さいねえ。すみません、いつも関係ないコメントで。じゃあねえ(笑)。
buckyさん (VIVA)
2007-05-07 19:12:26
おっ、元気が良くて良いですねぇ~。記事に書きましたとおりで、前回低かったことが社会党がルペンに負けた原因という反省から、今回は80%を越えたのですが、前回も70%は越えているんですよね。

でもどうなんでしょう。国民の特性にもよるでしょうが、日本で投票率が8割を超えるとなると、とんでもないことが争点になっているでしょうね。

失業だけでなく、フランス社会が変わろうとしていることの表れかもしれませんね。

雨あにき (VIVA)
2007-05-07 19:13:39
ガッテン!ですぜ。
今日の新聞で (街中の案山子)
2007-05-09 16:31:30
7日の夜だけで、パリのバスチューユ広場で、サルコジ氏に反発する若者らのデモ隊と取り押さえようとする警察がぶつかり、730台の車が燃やされ、592人が検挙と報道されています。
この報道をみて、多くの人が歴史を思うのではないでしょうか。
街中の案山子さん (VIVA)
2007-05-09 18:12:31
一応先進国で、民主的に行われたであろう選挙だと思うんですが、その結果を受けての暴動。日本とは随分違いますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
サルコジ氏が勝利 フランスの大統領に (訳わからん このシャバは)
大統領選勝利後、パリ市内の演説会場に到着し、支持者の拍手を浴びるサルコジ氏。「フランスの命運を導く責任と名誉をかみしめている」と表明(6日、パリ) 【AFP=時事】 【筆者記】 フランス大統領の決選投票は開票の結果、右派の与党サルコジ候補が得票率53.1%、左...