本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『人生を変える3分間の物語』 ミシェル・ピクマル

2006年07月23日 | 絵本
  
フランスでベストセラーになった、子ども向けの哲学的な本です。

私の高校時代の尊敬する先生は 『私は本を題名で判断する人間を軽蔑します』 と言っておられました。ただ、本書のような題名は、私なら、買わない(先生すいません)。他を探します。みなさんはいかがでしょう?

私の好きなある将棋の棋士が新聞紙上で、本書を薦めていたので、まぁいいかと思って読んでみました。子どもの率直な問いかけに、“哲学先生” が物語で答えるという形式です。

ちょっと脱線しますが…
フランスでは6月が大学入試のスタートです。“バカロレア” という、日本のセンター試験のような制度があり(厳密にはかなり違いますが)、50万人ほどが受験します。そして、理系、文系に関係なく、ほぼ全員、『哲学』 は必修です。しかも問題が半端ではありません。いくつかをご紹介しますと

「時間から逃れることに意味はあるか?」
「身の回りの人間以外に対する義務は存在するか?」
「真実よりも幸福を優先すべきか?」
「文化は普遍的価値を伝えることが出来るか?」 などなど…。

これを4時間かけて小論文にするのです。4時間ですよ!日本の高校生では、特別な訓練をしておかなければ、とても歯が立ちませんね。

さて、本書でも、テーマは親や家族、人生、美、気高さ、などさまざまです。

その中の一つの寓話です。

ある日十匹のカエルが、一生に一度、山のぼりをしようということになり、ふもとに集まりました。 出発したのですが、途中で、うさぎやヤギなどが忠告します。『できっこないよ』 『何年もかかりますよ』 『あまりにも無謀です』 などなどと…。

その度に、何匹かのカエルはあきらめて下山するのですが、とうとう最後の一匹だけが成功してしまいます。ふもとにもどったそのカエルにみんなが聞きます。『どうしてできたの?』 『こわくなかったの?』… するとそのカエルは『何?何?』 と聞き返すばかり。

実はそのカエルは、耳が聞こえないのでした。


http://tokkun.net/jump.htm

人生を変える3分間の物語

PHP研究所

このアイテムの詳細を見る


『人生を変える3分間の物語』ミシェル・ピクマル
PHP研究所:204P:1418円



■■ 日本の高校生もがんばれ!という方、クリックをお願いいたします m(__)m ■■
      ↓      ↓       ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング 
『本』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『教師 大村はま96歳の仕... | トップ | 『誇りと抵抗』 アルンダティ... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私は高校生… (yumamiti)
2006-07-23 20:30:41
こんにちは。難しい事や奥が深いことを

易しく諭すということは、これも難しかったりします。

当人が、考えて気づくことなのでしょうが。

一流の方々のコメントもまた短い一言だったりします。

短い方が印象に残しやすいそうです。

私はただ単に、長い文が書けない日本の高校生と同じですが。

こんばんは (シン@偽哲学者)
2006-07-23 20:33:55
>私は本を題名で判断する人間を軽蔑します

>本書のような題名は、私なら、買わない

両方とも理解できる言葉ですね^^

>哲学が必修

バカロレアという言葉自体は聞いたことありましたが

こういう制度だったのですね。

勉強になりますm(_ _)m

それにしても、日本もこれくらいはして欲しいものです。

哲学することが今の日本に決定的に欠けている部分だと

私は思っているというのがその理由です。
含蓄がある言い回しですね。 (街中の案山子)
2006-07-24 13:14:48
昨今はキャッチコーピーのような書名があって、読み手としては、出版業界の売らんかな精神とは距離を置きたい気分にもなります。例えば「○○の壁」「○○の遠吠え」等は、ネーミングでヒットだと勝手に思っています。

横目にしながら、食わず嫌い気味なのは「○○の品格」。

そして、今回のVIVAさんのお薦め本、多分名前で損するタイプですね。

かえるの話、努力する人への賛歌ですね。

どこかで読んだ話ですが、音楽家をめざす若者が、かのバーンスタインに、「自分もあなたのようになれますか」と尋ねたら、彼の答えはノーだった。それは「あなたが、『私のようになれるか』と尋ねたから」だと。目指すことに向って、自分は誰も通っていない道を歩んできたのであって、人の通った道をなぞろうとする時点で、それは別物だということでしょう。

こんな出会いがあるから、書物はいいですね。



まただー! (tiakujo)
2006-07-24 13:16:43
> 『私は本を題名で判断する人間を軽蔑します』



またもや 軽蔑される者でございます。

キャッチコピーだけで衝動買い専門ですから。

でも最近は、VIVAさんの記事しだいで、VIVAさんが良いと言えば良いと決めてかかって読んでる所もあります。
★☆yumamiti☆★ 大先生★ (VIVA)
2006-07-24 15:13:55
く~もう本当にどうお礼を申し上げればよいのでしょう。見たときは涙が出ました。





みなさん、ご覧になって下さい。右にある→最新のトラックバック『夏期講習の季節かな』→→→→→



(あっ http://pub.ne.jp/aoringo/?entry_id=248686 

こうしておけば良いんだ)



夏期講習がんばれ!という応援トラックバックをいただきました。こういう使い方もできるんだという感動と、純粋にありがたいという感謝の気持ちで一杯です。



yumamiti大先生!いつもいろいろ教えていただいている上に、あたたかいエールまでいただきありがとうございます。



VIVAどこまでも先生に着いてまいります。ハイ!
シンさん (VIVA)
2006-07-24 15:17:25
4時間の小論文なんて、大人でもできませんよね。大学入試でも絶対無いだろうし、おそらく司法試験くらいじゃないですかね。文化が違うんですね。
街中の案山子さん (VIVA)
2006-07-24 15:20:17
私もまったく同じで、売らんかな精神が見えると、引いてしまいます。なんとなくしゃくですもん。わたしもこの本や案山子さんのように、こういうたとえ話やエピソードが、すっと出てくるように、精進します。
tiakujoさん (VIVA)
2006-07-24 15:31:50
ちょちょちょちょちょ~と待ってください。

いくらなんでも『まただ~』はないでしょう(笑)。



tiakujoさん、よ~く、よ~く読んでくださいよ。↑を。



『私は本を題名で判断する人間を軽蔑します』 



と言ったのは、わたしではなく、わたしの大嫌いな、どうしようもない先生ですよ(笑)。



ついでに

『人間、大声を出すと思考能力が落ちるのです。だから歌手にはバカが多いんです』



と言ったのも、ももももももちろん、わたしではなく、どどどどっかのおっさんですからね。



くれぐれも、本当にくれぐれも、カン違いなさいませんように。



わたくしも、カラオケは好きで、歌手の方は大好きですし、本は書名だけで選んでおります(笑)。
TBさせていただきました。 (街中の案山子)
2006-07-24 16:26:34
本ではなく映画です。

こんな風に教養の素地を叩き込まれるのかと、思いながら観たものですから。お門違いのTBかもしれませんが、若者と接していらっしゃるVIVAさんへ。
街中の案山子さん (VIVA)
2006-07-24 19:55:00
TBありがとうございます。今、ネットで探してみましたが、とてもおもしろそうです。ぜひ、夏休みが取れれば(私に)、見てみますね。
Unknown (パピヨン土方)
2006-07-27 04:42:18
トラックバックありがとうございました。

面白そうな本ですね。ぜひ読んでみます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「卒業の朝」から (街中の案山子)
―― 歴史を知らないものは永遠に子どもである ―― この台詞を書き留めたくて、今日のブログは映画「卒業の朝」 2002年のアメリカ映画。舞台は1976年のアメリカの伝統あるらしき全寮制私立高校。 古典学の教師ハンダード先生から、ギリシャ・ローマ史を学ぶ生 ...