本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『禅的生活』玄侑宗久

2006年11月28日 | 新書教養


『禅的生活』玄侑宗久.jpg


玄侑 (げんゆう・そうきゅう)氏は、芥川賞作家であると同時に、臨済宗のお寺の副住職でもあります。ご自分のサイトもお持ちです。


あるラジオ番組に出演され、禅についてお話しされているのを聞き、おもしろそうだと思い、本書を購入しました。私自身は、“座禅” とか “無” と言われると、興味を覚えますが、“禅” に関して何らかの知識があるわけではありません。


本書は、座禅なしで、禅の考え方を身に付けようという主旨です。忙しく、住みにくい現代を少しでもリラックスし、楽に生きられるように、というわけです。

忙しいとか、住みにくい、ということは、常に相対的な概念ですから、いつも何を基準にそう判断すればよいのだろうと思っておりました。ただ、日本に確かに自殺が多いとか、私自身もストレス性潰瘍を患ったことがあるので、そう言われると、すぐに、やってみようと思ってしまうんですね。


私が、その手術で入院していたおり、ストレスに関する本を何冊も読みました。その時に、わかったことは、自分ではそう思っていなくとも、つまり無意識であっても、日々の絶え間のない緊張(ストレス)は、人の健康に影響を与えているのだということです。


そうか、たまにはカラオケやゴルフでもして、ストレス発散しなきゃダメだぞ、などと人に言っても、人前に立つのが嫌いな人にとっては、それが大変なストレスになりますから、逆効果なわけです。

そこに難しさがあって、要するにストレス要因も人それぞれですから、解消方法は自分で見つけるしかない。人にアドバイスするとすれば、のんびりお風呂につかるとか、好きな音楽を聴く、というぐらいしか、最大公約数的な具体策はないんですね。


ところが、禅のテクニックを利用すると、悲しみや怒りなどの“感情”や、“無意識”と思われているものでも、それによってはコントロールできるというのです。

もちろん、本来、禅は大変、奥深いもので、勉強も修行も必要でしょうから、感情のコントロールが完全にできてしまうのは、いわゆる “悟り” を開くということです。そこまで行かずとも、禅の考えを知ることによって世界観を広げることを手助けします。 


手始めに、最初の章で、無意識に出てくる “あくび” だって意識的にできますと、以下のようなテクニックが紹介されています。 

 

まず直前に軽く一息吐いてから、口を開き、意識をのどの奥、というより両耳を結んだ中心点あたりに置く。

それだけでしばらくすると後頭部が締まりだし、口が更に開いて見事なあくびが出る。 

意識の置きどころさえ間違わなければ、必ず出るはずで、何度やっても出る。



私もやってみました。最初はできませんでしたが、何度も、“こんな感じかな?おっ、出そう、いや違う” なんて感じで、しばらく練習すると、確かにあくびが出るんです。興味があれば、お試し下さい。


ただし、こうした簡単な健康法の紹介ではなく、思想的、宗教的な話ですから、読み応えのある一冊です。 ここで言いたいことは、あくびの仕方にとどまらず、眠たいと思う『心』も、眠ろうとする『体』も実は、意識的にけっこう誘導できるということです。


“無可無不可” “一切唯心造” “六不収” “廊然無聖” “応無所住而生其心” “柳緑花紅真面目” “一物不将来” “日日是好日” “随所作主立処皆真” “平常心是道” “知足” “安心立命” “不風流処也風流”


こういった概念の説明ですから、筆者の、”一人でも多くの人に楽で元気になってほしい”という願いで書かれた一冊ですが、気楽に読めるわけではありません。健康法というより、思想に興味のある方にお薦めです。



http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】



■■ ランキング  
■■

最後までお読みいただいてありがとうございます。少しでも参考になりましたら、応援のクリックをいただけるとうれしいです。

  人気blogランキングへ    にほんブログ村 本ブログ  


P.S. Pochi先生のことに関しまして、暖かいお言葉をいただき、本当にうれしかったです。本人にも伝えます。さいわい心配したより軽い症状のようで、確定はしておりませんが、早期復帰が可能との印象を受けました。心よりお礼申し上げます。

禅的生活

筑摩書房

詳  細

『本』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ブンナよ、木からおりてこ... | トップ | 『夢は大衆にあり』 青山淳平 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (milesta)
2006-11-28 14:48:59
私が最近読んだ伝記(TBしますね。)の主人公は、禅寺に出入りするけれど腕白すぎて1年で破門になるんです。だけど、その時の修行のお陰で我慢ができるようになり、腕白が程よく制御されて大成する話でした。たった1年の修行ですごいなぁと感心したので、この本にも興味があります。
禅と道 (ysbee)
2006-11-28 17:30:21
書いてあった通りに、意識を脳の真ん中あたりに集中してみました。そしたらなんと、瞬間で視力がちょっと良くなった感じがします。
それまで焦点を絞ってなかっただけかも知れませんが。

アメリカでも禅はブームです。
なぜかダイエット法とセットで教えてる教室が多いようで、かなりカルチャー化してます。あと、禅と儒教の「道」を一緒くたに取り扱っているようで、ZenismとTaoismがセットになってて面白い。

Taoの方は単純に「考え方」という意味で使われることも多く、「Tao of McQueen」(スティーブ・マクィーン流のかっこよさ)とか、「Tao of Pooh」(クマのプーさんのようにのんきな生き方)のように、ずいぶんカジュアルに使われていて、アメリカらしいです。
milestaさん (VIVA)
2006-11-28 20:56:50
そうですか。いっしょに一年入りますか(笑)?

失礼しました。

そちらもおもしろそうで…。
ysbeeさん (VIVA)
2006-11-28 21:06:54
私は、あくびの方法は、ほぼマスターしましたよ。たいていできます。どこで使うかが問題ですが…。

それにしても Tao of McQueen なんて絶対訳せないですね。まして、プーさんのTao! 通じているんですね。今、ネット上の辞書いくつかで見てみますと、“生き方”のような使い方はちょっと厳しいような感じでしたが…、いや良いことを教えていただきました。
金剛禅総本山少林寺。 (HIRO。)
2006-11-28 22:02:09
少林寺拳法の練習の前に座禅を組みます。宗教団体でもあり、4月に少導師という僧の資格を取得しました。サボってますが、仏教(禅宗)の勉強もしている訳です。もともとそちらに惹かれて少林寺拳法を始めました。
HIRO。さん (VIVA)
2006-11-29 01:42:04
えっ、HIRO。さん、お坊さんもできるんですか?って変な質問ですが…。

どうりで…。見習いたい。

私はあくびだけを2・3日でマスターいたしました。トホホ。
玄侑宗久について (tani)
2006-11-30 16:44:11
TBしました。貴ブログそっくりコピーした様なモノですが、192◎年生まれに免じて、ご寛容の程。
先輩! (VIVA)
2006-12-01 02:01:39
とんでもないです。記事を拝見いたしました。ありがとうございます。

あくびの仕方だけ、ご紹介したに過ぎませんが(笑)、先輩の目にとまり、取り上げていただいただけで恐縮です。

芥川賞、私は、いつから読まなくなってしまったのでしょうか。おもしろくないと、偉そうにいうより、昔のものでまだ読んでいないものが山ほど、いや、宇宙に届くほどあるんだと気付いた時からでしょうか(笑)。

今年もいよいよあと一ヶ月です。お正月までカウントダウンですね。

あっ、年賀状、先輩やこのブログで知り合った人たちには出せないんだ。う~ん、とにかくこれからもお付き合いいただければ大変光栄です。
新年早々すみません。 (大三元)
2007-01-01 23:13:42
オーウェルにトラバをいただいてから、ちょくちょく訪問させていただいてます。

玄侑さんはこの本が売れて人気が出ましたね。
この人の本はそんなに読んでいるわけではないですが、本が売れているのは単なる一時的な人気ではないな、という印象を持ちました。ちゃんと自分の頭でものを考えている人ですね。トラバさせていただきました。
大三元さん (VIVA)
2007-01-02 10:01:52
明けましておめでとうございます。どうぞ本関連のTBでしたら、歓迎です。いろいろ情報交換させて下さい。よろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『天皇の料理番』 杉森 久英 (本からの贈り物)
天皇の料理番杉森 久英 (1982/01)集英社この商品の詳細を見る 日本は、本当に何を食べても美味しい国だ。オーストラリアにいると、洋風な料理でさえも日本で食べた方がおいしかったと思うことがよくある。そんな日本の西
玄侑宗久について (狸便乱亭ノート)
{/note/}{/pen/}同町内に住み、 俳句仲間、町文芸誌編集長 A兄とは、中学同級、毎週土曜日のZ寺「朝行(朝参り会)」も一緒、文芸趣味も(A兄の方が遥かに上だが)類似している。 不動堂と本堂での読経のあと、客殿の小部屋で朝茶を頂きながら小時間雑談となる。 ...
書評42・玄侑宗久『慈悲をめぐる心象スケッチ』 (読書のあしあと)
=== 書評42 玄侑宗久 === = 『慈悲をめぐる心象スケッチ』 = === (講談社、2006年) === 玄侑宗久という名前は以前から知っていたが、どうも食指が動かなかった。この著者に限ったことではないが、私はあまり読書に関して流行に左右されない。 ただ、この ...
エッ!「空即是色」は間違い? (南華のブログ)
   『中陰の花』で第125回芥川賞を受賞された作家で、臨済宗僧侶でもある玄侑宗久さんの『仏弟子の世間話』という本を読みました。  この本は、玄侑宗久さんとアルボムッレ・スマナサーラ氏(スリランカ初期仏教長老)との対談本という形式をとって、仏教に...