本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『もういちど伝えたい』 たなかひまわり

2007年04月18日 | 小説


もういちど伝えたいbook2.gif


「第1回世界で一番泣きたい小説グランプリ」 というのを受賞した作品です。“泣きたい”…、私は泣きませんでしたが、感動した一冊です。


めったに現代風の恋愛小説は読まないのですが、すばらしい作品でしたので、ぜひ取り上げたいと思いました。(でも正直、恋愛小説を薦めるのはちょっと照れますね。さっ、勇気を出して(笑)…)


主人公は大学の保育科に通う、紗織とすぐ近くに住む、幼なじみの守。それぞれの家のカギを持っているほど家族同然のつきあいです。この二人の物語ですが、いきなり前半で守が死んでしまいます。


■~■ ストーリーです



小学校からずっと友だちの二人ですが、大学生になるまでの間、それぞれに付き合っている異性がいたり、いなかったりしていたのですが、それすら遠慮なくからかってしまうほどの関係です。

そんな守が、紗織の誕生日にどういう風の吹きまわしか、自分で描いた絵を持ってきました。徹夜をして描いたらしいのですが、「俺が個展を開く時には返してもらう」などとしばらく、画家になるという将来の夢を語った後、守が出かけます。


守が紗織の自転車で出た後、事情がよく飲み込めないまま、紗織は家に残っていましたが、何とその日、守は交通事故にあって死んでしまいます。

突然、親友を奪われてしまった紗織は茫然自失、友人や知り合いの必死の励ましにもかかわらず、あまりのショックに何もする気が起こらない日々が続きます。

やっと少し動けるようになった時、久しぶりにPCを立ち上げると、そこには守からのメッセージ。いったいどういうことなのか…

そこから、死んでしまったはずの守と、残された紗織との本当の交流が始まります。素直になった二人の言葉のやりとりが、心温まります。すぐにでも会えるという守ですが…。





「明日をいい日にするために、今日を体力と気力の限界までやり抜きたいんだよ」と言っていた前途有望な若者が突然事故で死んでしまう。そういう悲惨なできごとをもとに展開するストーリーですが、ハッピーエンドです。


地獄のようなつらい日々を経て、ひとまわり大きくなって立ち直る紗織の姿が感動的です。物語の最後、心の整理を付け、少しずつ自立しようという時、「20歳を越えてもやりたいことが見つからずに情けない」と、自嘲気味に語る紗織に、守と絵を通して交流のあった老人がこういいます。

「まだまだこれからです。私が絵を始めたのは三十八の時でしたから。それでも自分の進むべき道を早くに見つけられたと思ってますよ。一生かかってもいいじゃないですか。いろんなことを少しずつやるのもいいと思います。それが積み重なって深みのある人間となり、また新しいことをする時の土台となるのですから。生きていて成すことすべてに無駄などないと思いますよ」

この暖かい言葉が筆者のメッセージでしょうか。


まるで映画でも見ているかのような、スリリングなストーリーと、印象的な情景描写が臨場感を与えてくれます。どことなく本心を隠したままの二人のネット上の会話が、切ないような、ほほえましいような。


高校生、大学生諸君、こんな恋愛してください、なんてね。
 

 
P.S. ご存知でしたか、著者のたなかひまわり氏。私は不勉強で知らなかったのですが、出版社の方から献本いただき、おもしろくなければ記事にする必要もないとのことでしたので、ありがたく頂戴して読んだ一冊です。素晴らしい本をありがとうございました。

■ ブログランキング ■

あ~はずかしかった(笑)

記事が参考になりましたらクリックしていただけるとありがたいです。
 

(2位)

にほんブログ村 本ブログへ(1位) 

ブログランキング(2位)

(6位)


 (お試し1位)
  
http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】

もういちど伝えたい

サイマリンガル

詳細




ジャンル:
小説
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ウサギはなぜ嘘を許せない... | トップ | 『それでも私は腐敗と闘う』... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ある種の本を読む時期 (bucky)
2007-04-18 14:14:03
恋愛小説、恥ずかしいよね(笑)。
最近、確かに読みません。それぞれに読みたい時期、ふさわしい時期ってあるような気がします。
最近、小説を読まないのは、「なんか気分じゃない」からですが、反面、あんまり気持ちに余裕がないのかなぁ、なんて反省したりして。
でも、若い人たちは今こそ読むと良いですね。
buckyさん (VIVA)
2007-04-18 15:03:06
今度、じっくり愛について語りましょう。

きゃ~、ホントはずかしい。

でもね、この本は良かったですよ!
少し若くなった気がします(笑)。
泣きそう (Dan)
2007-04-19 10:16:17
VIVAさんの解説を拝読しながら、
「これって、泣きそう」と思いました。
泣きそう、じゃないな、泣く!
買ってみようと思いました。
年を重ねるにつれて、涙腺がゆるんできているんですよね。
恋愛の話ではないですけど、先日あの名作!「フランダースの犬」を子どもと一緒に観ました
ラストは知っているんですけど、何度観てもネロとパトラッシュが、天使に連れて行かれるところは号泣!ティッシュが1箱なくなるくらい。(あ、これはちょっと大袈裟ですね。)
子どもはと言えば・・・何の変化もなし。
子どもは私を見ながら、「なんで泣くの?」
私は子どもに「なんで泣かないの?」
「男は人前で泣かないんだよ」
はい、はい、そうですか。
じゃあ、心の中では泣いているんだね。

Danさん (VIVA)
2007-04-19 10:47:22
私は、東京タワーを読んだ時も、深い感動があったのですが、泣けませんでした。大げさですが、泣くのを通り越して、感動してしまっている感じです。

でも他の方のレビューを見ると、みんな泣いていますから、きっとDanさんの予想が当たると思います(笑)。ぜひ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。