本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『子どもが減って何が悪いか!』赤川学

2006年05月02日 | 新書教養

先日、NHKの『視点・論点』に本書の著者、赤川氏が出演し、少子化社会についてご自分の考えを述べておられましたので、紹介します。

筆者は本来“左寄り”の考えを強く持っていたようですが、少子化に対する議論があまりにもでたらめなので、少子化対策を熱心に語る左寄り連中に“なかまはずれ”になるのを覚悟でこれを書いたそうです(笑)。

でたらめとは、筆者がある研究のために山篭りをする前まで、晩婚化や少子化の原因は 『女性の社会進出が進んだため』とされて来ました。ところが、数年たって、下界に下りてくるとその原因が 『女性が社会進出が遅れているため』 (仕事と出産を両立できる環境が整っていないということ) と180度変わってしまっていたそうです。『何なんだこの議論は!』というわけです。

マスコミで、盛んにそれを示す統計を紹介していたのですが、よく調べてみるとかなり恣意的な数字だと判明。そこでその数字の間違え(意図的誘導)を指摘し、年金など社会制度に関して、自分なりの結論を出しています。私は塾講師なので少子化を食い止めるのはムリという結論には、かなりがっかりしたのですが、示唆に富む一冊です。

題名に付いている『!』から、“子供が減っても悪いことはないぞ!”と言いたいのかと思いきや、そうではなく、いずれの国の政策を見てもうまくいっていないのが現実。であるならば、ウソを流すのはやめて、少子化を防ぐのではなく、それを前提にした社会を組み立てるべきという主張です。

確かに日本のエンゼルプラン・新エンゼルプランもまったく効果が無く、出生率は低下の一途ですから。役所が予算を欲しがっているだけという疑念が出てきても不思議ではありません。

ですが、昨日のテレビでは、ちょっと変化していました。このまま行けば世代間格差がかなり広がってしまう。現在の年金支給レベルを大幅に削減すれば一気に少子化問題はカタが付く、という大胆な話になっていました。そもそも払ってもいない年金をお年寄りがたくさん受け取るのは不公平であると。

さらに…。しかしながら人数からいって、民主主義の原則からもその考えはお年寄り中心の今の日本社会に受け入れられない可能性が高い。だからそうなれば、平等に滅びていく道を模索しようではないかという、これまた大胆な意見で、ぶっとびました(笑)。“滅びる”って言われても…、と思ったのですが、もし年金を減額できないとすれば、少子化はそれほど深刻なんですよね。

http://tokkun.net/jump.htm

子どもが減って何が悪いか!

筑摩書房

詳  細
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『奪還』蓮池透 | トップ | 『日本国憲法』 童話屋 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (グラファー)
2006-05-02 22:47:43
次の情報を楽しみにしています。
TBどうも。 (菅野重工業)
2006-05-02 23:28:08
こちらの方の小学校などは私(現在20代半ば)が小学生時代から

40人未満だったのですが、最近では1学年が10人前後ということで

複式学級目前な次第です。厚生労働省あたりの出生率予測も毎回

根拠に乏しくて楽観的だなと思ったりもしますが、やはりこの問題の

解決は容易ではないでしょう。
Unknown (メゾフォルテ)
2006-05-03 07:18:31
TBありがとうございます。少子化をどうしたらよいのかなどアイデアをいろいろ出していきますので、ご意見、ご感想いただければと思います。
TBにてご紹介ありがとうございます (すかいらいたあ)
2006-06-18 12:16:48
ご紹介、ありがとうございました。

私も一児の父になりたての身として、厚すぎる老人への給付と薄すぎる子供対策に憤りを感じております。



とは言っても、いびつな選挙制度により田舎の老人が都会の若者より権利行使ができる以上、この問題に関しては変わらないような気がしています。
すかいらいたあさん (VIVA)
2006-06-19 12:37:56
コメントありがとうございます。そうなんですよ。赤川氏が指摘するように、みんなで滅びましょう、というのが、実態の深刻さをあらわしている気がします。これからもちょくちょくおじゃまさせて下さい。
参考になります! (devoe)
2006-11-22 12:41:26
小生も少子化のなにがわるいのか?という論者ですので、参考にさせて頂きます。
バカ役人の怠慢等々の責任転嫁で
いい加減な論調ばかり取り上げる御用新聞の
マスメディアにも反省して欲しいものです。
ありがとうございます。
devoeさん (VIVA)
2006-11-22 17:34:30
はじめまして、コメント頂き恐縮です。そちらへお伺いいたしましたが、コメントを受け付けていないようでしたので、TBさせていただきました。

本当にマスコミや官僚が問題があるなぁと感ずる事件や風潮が続きます。

できましたらこれからも時々お付き合い下さい。

ありがとうございました。
はじめまして (goldius)
2007-05-18 06:13:36
>平等に滅びていく道を模索しよう
これに賛成というか、日本はあと14年で滅びるので、外国に移住しようと私は思ってます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
助産師が足りない (♪いつもいつも笑顔でいたい♪)
全国的に産婦人科医が不足し、産科施設の75%で助産師も不足している。 日本産婦人科医会によると、助産師は全国で約6700人も足りないらしい。 減少の理由はいろいろあるだろう。産科医や助産師が医療事故で訴えられるケースは、他科よりも多いらしい。すでに医 ...
赤川学と滅びの美学とNHK。 (成城トランスカレッジ! ―人文系NEWS & COLUMN―)
昨日、友人宅でごろごろとテレビを見ていたら、NHK教育「視点・論点「少子化社会 私の提言」」に赤川学さんが出演していた。話の内容は、『子どもが減って何が悪いか!』の内容の要約版といった感じでしたが、後半で年金制度の世代間不均等を批判的に指摘した後、 ...
上昇指向 (菅野重工業)
そろそろ対花粉戦闘も終結時期の筈なのですが、ここ数日ロイコトリエンが出まくり のようでかなり鼻の調子が悪い次第です。 ■結婚相談所などのCM解禁を検討、少子化対策で経産省 (読売新聞) - goo ニュース 日本は高齢化社会を過ぎて既に高齢社会になっていま ...
少子化と英語教育〓 (Wishes Come True !)
昨夜、NHKの堅苦しい番組を見た。「視点論点」だったと思う。普段見ているわけではない。悪い癖で、私はチャンネルをチャカチャカ変えまくる時が多い。これは嫌われる一つの大きな原因になるのだろうと思うのであるが、止められない。全部見たいと欲張りな気持ちが ...
希望を育てる〔6〕 (メゾフォルテからあなたへ)
3歳までの時期、父親は当然母親の子育てを支えなければならない。 おなかがすいた、オムツがぬれた、あつい、ねむい 言葉の代わりに赤ん坊は泣く。歩き出したりすれば部屋の中は散らかり 放題となる。 仕事で疲れて帰ってきた父親は、なかなかその状態を受け ...
育児ブログ始めてみます♪ (【打倒少子化!?】3人育児、どうせするなら楽しく子育て♪)
育児ネタについて、何か情報を発信しようと思って サイトの雛形だけ作って、早数ヶ月。。。 どんな情報がいいのかな~と考えて、とりあえず 兄弟育児にまつわる話プラス我が家の育児について 書いてみようかなと思いました。 「ふ~ん、そんな考え方もあるんだ!」 ...
結婚したからといって子供が増えると思うな (暴言!珍言!迷言!)
こんな記事をネットに見かけました。 結婚相談所などのCM解禁を検討、少子化対策で経産省 で、こんな記事も。 「産みやすい国」日本47% 少子化調査で欧米と開き 少子化を取り巻くキビシー現実 「子供1人に3000万円」 所得が減ってるますね。以前、雑誌などで ...
少子化対策は「医師の確保」が先決じゃないですか? (夜いち!やじさかなプラスⅡ)
[医療費]0歳~中学3年までを無料に 北海道北斗  毎日新聞 2006年05月03日02時02分 北海道北斗市は、市内在住の0歳~中学3年までの医療費を10月から、すべて無料にする方針を決めた。医療費の無料化を中学生まで対象にしている道内の自治体は、05 ...