本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『多聴多読マガジン 2007年春号』 

2007年03月22日 | 英語リスニング


多聴多読.jpg


とてもおもしろい本を紹介しましょう。季刊の英語リスニングの雑誌ですが、待望の春号が出ました。こういうコンセプトの雑誌はあまりないでしょう。小学生レベルから、歴史やイラク戦争を論じるものまで、いろいろな英語の情報が詰まっています。


例えば受験英語の弊害としてよく言われるのが、読解はできても会話ができないというものです(今は全体としてはウソなんですけどね)。そこでこの春号では、まず大学受験などで蓄えた知識と実用のギャップを埋めようというところから始まります。


どうやるかといえば、小学生が読むようなストーリーから日常語を身に付けてしまおうという発想です。で、この物語自体がなかなかおもしろい。徐々にレベルアップをして、ノンフィクションや大学入試でも扱われそうなレベルのストーリー、ニュース英語まで含まれています。


つまり絵本レベルから英字新聞レベルまでありますから、この雑誌だけで何かをマスターさせようというのではなく、自習においても、こういうやり方でやって下さい、他に同様の物語なり、他の英書はこんなものがありますよと紹介してくれています。

リスニング学習の目的がはっきりしている方は、紹介されているものへ進むのももちろん良いのですが、本書だけでも充分楽しめます。


多聴多読というだけあって、かなりの量があるのですが、その中にはシャドーイングの練習や、スピーキングの練習用の題材も含まれています。大学受験にはスピーキングはありませんので、私は英検の二次対策の指導しかしたことがありませんが、ここに書かれているアドバイスはなかなか有効だと思います。


また、TOEIC対策として、本書では新形式のテストを利用し、チャンクで聞き取るという練習コーナーもあります。全体の中で一番力を入れてページを割いているのはシャドーイングの解説でしょうか。勉強になります。


このようにレベルが易から難まであるだけでなく、アメリカ英語、イギリス英語もあります。スピードも速いものから遅いもの、内容もインタビューから物語やTOEIC問題タイプやノンフィクションなどなど、とにかく内容が盛りだくさんで、大学受験の英語とか、TOEICなどというように的を絞ったものではありません。

ですから試験対策のテキストを探している方には他のものが良いのでしょうが、英語全体を見渡せるようで、私は大変気に入っています。


先日コメントいただいた、フランさんのような方は一度、手にとって自分の英語の弱点とか、リスニングの問題点などをさぐってみたらどうでしょう。そのきっかけを与えてくれそうです。そしてそこから他へ進んで行ければ最高ですね。


多聴多読マガジン 2007年 04月号 [雑誌]

コスモピア

詳   細 

 ブログランキングです 

記事が参考になりましたら、クリックをしていただけるとありがたいです。
 

(1位)

にほんブログ村 本ブログへ (1位) 

ブログランキング (2位)

  (5位)
  
 


http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】







『多聴多読マガジン 2007年春号』 
コスモピア:195P:1380円

 

『雑誌』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『NEWS DIGEST The Japan Tim... | トップ | 『アルケミストー夢を旅した... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (フラン)
2007-03-22 12:32:08
突然の名指し、ビックリしました。(笑)

書店においてなかったので、アマゾンで注文してみました。TRYしてみて、また感想報告に来ます。
英語の勉強 (bucky)
2007-03-22 13:49:47
ちょっとわかってきたぞ、と思う辺りで英語の勉強を止めてしまった時期、その1:大学受験後 その2:習っていた英会話に対するモチベーションを見失った時 その3:教えてくれていた友人が転勤になった時 その4:TOEICで少し点数がまともになった時。
このところのVIVAさんの英語の勉強に関する記事を拝見して、ずいぶんと情けない勉強だったな、と反省しきりです。

先日は、お世話になりました。ではでは。
フランさん (VIVA)
2007-03-22 15:27:48
失礼しました。いや、でもご覧になっていただいて良かったです。良い本だと思いますが、誰に薦めるとなると、先日書いたように、フランさんのような方かなと思いまして…。

少しでも参考にしていただければ幸いです。
buckyさん (VIVA)
2007-03-22 15:38:42
当教室に社会人クラスが今日からできました。

このクラスは、英語学習が中途半端に終わってしまって反省している、小学校新6年生のお子さんをお持ちの、東京に住む、読書好きで、あとワインが少し飲めて、働くお母様向けのクラスでございます。今、ご入学いただきますと、特典として、お子様の受験指導も無料で付けました。いかがです?

いやぜひまた今度
是非、入学させてください (bucky)
2007-03-22 16:27:07
でも、VIVA先生は厳しそうだ。子供だけお願いします(笑)。
buckyさん (VIVA)
2007-03-22 17:20:21
うけたまわりました!

万一宿題がやっていないので、塾に行きたくないと言う場合には、自宅までお迎えに上がりますので万全でございます(笑)。
画期的な本です (山ちゃん)
2007-03-22 22:25:57
この本は本当にお勧めです。英語の「え」の字も知らない人でも、「絵」を見ることから始められると書かれているのですから。そしてその千里の道の第一歩を何処に置くか明示されています。画期的な本ですね。
山ちゃんさん (VIVA)
2007-03-22 23:18:13
お~、山ちゃんさん。ありがとうございます!

実は山ちゃんさんがどういう方かまったく素性は存じ上げないのですが、英語の知識はそこらへんの高校教師や塾講師をはるかに凌駕していることは間違いないです。ブログやって、一緒に日本の英語教育直しませんか(笑)。そうすればボクも質問に行けるし。

この雑誌までご存知なんですね。

太鼓判がもらえて良かったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。