本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

記事別 コメント数ランキング 2006年

2007年01月04日 | コラム・備忘録




今年一番に出す本は、【21世紀に生きる君たちへ と 洪庵のたいまつ】 と決めたものの、正月中に、今年はどんな感じでブログを書こうかなぁ~とぼんやり考えていて…、

そうだ、記事ごとのアクセス集計は手間がかかるというか、ほとんど不可能ですが、コメントの数ならすぐ比べられると思い立ちました。

これまで多くの方にコメントやトラックバックをいただき、どの記事に一番コメントをいただけたのかランキングを作ってみました。もちろん、アクセス数や記事の良し悪しとは関係ないはずです。


だって、あまりにひどい記事であれば、ちょっとひとごと言いたいとなります。実際、記事とやや離れたところで、やりとりをしたものが、思った以上に上位にいましたし、そもそも半分は私がお答えした分が含まれております。


ブログを始めた当初と、現在では見ていただく方の数も違いますので、本来は一概に比べられませんが、備忘録をかねて、何か分かるかもしれないと、参考程度に作ってみました。全部で470本の記事がありました。

 

【17位~21位】 コメント数 16

ぐりとぐら の おきゃくさま』 中川李枝子(作) ・ 山脇百合子(絵) 〈12月23日〉

図書館の神様』 瀬尾まい子 〈10月29日〉

絵本からうまれたおいしいレシピ』 きむらかよ 〈8月25日〉

リスト完成』 〈7月20日〉

ジョッキー』 松樹剛史 〈5月28日〉



【14位~16位】 コメント数 17

プーチニズム-報道されないロシアの現実』 アンナ・ポリトコフスカヤ(著) 鍛原多恵子(訳)  〈10月26日〉

Enjoyed Ourselves』 〈8月4日〉


食品の裏側』 安部司 〈4月25日〉



【11位~13位】 コメント数 18

感謝・感激!アクセスカウンター 20万 HIT! ■冬期講習前に達成!■』  〈12月14日〉

雪国』 川端康成 〈8月18日〉 

いわゆるA級戦犯』 小林よしのり 〈8月8日〉



【9~10位】 コメント数 20

戦争広告代理店』 高木徹 〈9月2日〉

ビルマの日々』 ジョージ・オーウェル 〈3月24日〉



【8位】 コメント数 21

日本共産党』 筆坂秀世 〈10月22日〉



【7位】 コメント数 22

お笑い!一休さん。ひとやすみ、ひとやすみ 【ジョーク】』  〈11月17日〉



【6位】 コメント数 23

学校が泣いている』 石井昌浩 〈9月6日〉



■第5位■ コメント数 24

英語を子どもに教えるな』 市川力 〈3月28日〉

 

■第3~4位■ コメント数 26

こころ』 夏目漱石 〈8月17日〉

誤訳をしないための翻訳英和辞典』 河野一郎  〈5月23日〉

■第2位■ コメント数 28

【大晦日】 さらば2006年! みなさん今年一年、お世話になりました』  〈12月31日〉


■第1位■ コメント数 34

現在の教育問題 (いじめ ・ 自殺 ・ 高校未履修問題 )』 〈11月11日〉

 

やはり上位に来ているものは、それぞれ印象深いのですが、予想通り、自分なりに良いと思っている感覚と、まったく異なっているのがおもしろい気がします。コメントはやはりブログ継続の大きなエネルギーです。きっと他の方もそうでしょうね。

案外、純粋な本の記事は少なく、本以外の記事、コラムだとか、ごあいさつの記事に関するものの方が、コメントしやすいという面もありますよね、きっと。やっぱり基本的には、教育、英語、読書ブログなんだな~と。当たり前か。

 

あまり役立たない記事でした。ごめんなさい。明日あたりから普通の記事にするつもりです。よろしくお願いします。

 

■■ ランキング ■■

応援していただけると大変うれしいです。よろしくお願いします。

        ↓             ↓

人気blogランキングへ  にほんブログ村 本ブログ  

 
http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2007年 初詣 ガンバレ... | トップ | 『悩む力 べてるの家の人び... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (ysbee)
2007-01-04 09:10:48
時差の関係で皆さんより5時間ほど早く朝を迎えるので、一番乗りすることの多い掃除当番です。
今日のデータ面白いですね。VIVAさんA型じゃないですか?

実は私もしょっちゅう「次の特集はどう攻めよう」とか下手な練り案をこねるたちです。その間に更新せよと別の自分が叱咤しているのが聞こえるのですが、なにぶん企画人間なもので構想してる時間の方が楽しめてるというか、あとはコツコツ柄に合わない翻訳作業が待ってるだけなので、ついプランを膨らませすぎるというか……

それにしてもコメント数34というのはス・ゴ・イ!ですね。やはり現在の日本の一番の問題点なのでしょうか?「いじめ」というのは村八分的近親憎悪から生まれる悪習で、外人として米国に住んでいると「差別」はあっても「いじめ」というのはあまり聞きません。(職場でのbullyとか足引っぱりはあるようですが)
もっと小さい頃から井戸を出て広い世界に目を向けるようになれば、「いじめ」の芽も育つ余地がなくなると思うのですが。弱きを助け強きをくじくという侠気が一掃されて、あの「勝ち組・負け組」といういやな価値観が世間で巾を利かせているように見えます。古くからの日本の美しい倫理観を見直す時代がきたんじゃないでしょうか。
(VIVAさんのところへ来るといつも良い本で問題提起をしてくださるので、つい柄にもなくマジメに考えるページになってます。本人はけっこういい加減なんですが……影響力大のブログですよ。)
ysbeeさん (VIVA)
2007-01-04 09:30:33
おはようございます。

掃除当番だなんて、ちょっと待って下さい(笑)。ysbeeさんにお越しいただけるだけで光栄なんですから。私はo型で、生徒たちにはB型でしょうとよく言われます。ハハ。

それにしても年末のいじめ自殺の連鎖、履修漏れ問題は、まだ過去のことじゃないんですよ。いじめ解決の特効薬はないとしても、履修漏れはいまだにまったくの手付かず、というかもう放置に近いですね。

年末年始のドサクサの中で、ゆとり教育見直しを安倍政権が明確にしました。文部科学省を押さえつけた形で発表したようですが、今後の動きに注目しております。


この記事以降、今日からは、通常のパターンのブログ記事に戻すつもりです。これからもよろしくお願いします。
明けまして、おめでとうございます! (すず)
2007-01-05 13:32:58
 ランキングの本や記事を見て、改めて昨年は本当に沢山の勉強になるお話を伺えて、良かったと思いました。

 今年もよろしくお願いします。
すずさん (VIVA)
2007-01-05 14:46:10
ご丁寧にありがとうございます。こちらこそ優しいコメントでどれだけ励まされたかわかりません。今年もどうぞよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。