本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『灘高キムタツの頑張ってるから悩むねん。』 木村達哉

2007年02月17日 | エッセイ

 

 

 

頑張ってるから悩むねん。.gif


やっと発売になりました。


日本有数の進学校、灘高。その高3生の英語担当教師、キムタツこと、木村達哉先生のエッセイです。昨日、アマゾンから届き、即、一気読みでした。


私は、つい先日の記事で、今年のセンター試験前、受験生に贈る最後の一冊として、バートランド・ラッセルの 『幸福論』 を選びました。長年の私の愛読書で、ものすごいパワーと知恵にあふれた珠玉の名作だと思ってそうしましたが、本書を読んで、まず最初に思い浮かんだ感想が、

 
“あっ、これは、キムタツの幸福論 だ” というものです。



“夢ってなんだろう?”

“どうして前向きに生きることができないのか?”

“自分は変えられるのか?本当の自分って?”

“教育とは?”

“お金とか家族の意味は?”




こういう、根本的なことが気になってしまう、感性の鋭い若い人に読んでもらいたい一冊です。若くなくても、訳知り顔にものを言う、私のような大人たち(笑)、そういう人にも大変刺激的でした。(生徒が親に薦めるのに良いかも!)


さて、拙ブログを継続的にご覧頂いている方は、私がキムタツ先生とお付き合いがあることはご存知だと思います。そのきっかけは、私がキムタツ先生の最初のご著書 『センター試験英語リスニング合格の法則』 をどちらかと言うと、やや“批判的”にレビューしてしまったことです。それこそ訳知り顔に…。

 
それに対していただいた、先生じきじきの真摯なコメントに驚きました。どうして拙文が先生の目にとまったのか、その当時、まだ、ブログランキングにも参加していませんし、ブログをはじめた当初で、きっと一日のアクセスもわずか50くらいの時の記事ですから、偶然と言う他ありません。



 → 『センター試験英語リスニング合格の法則



まぁ仮に、こんな記事を見つけたとしても、無視して何の差支えもないのですが…。


最近でこそ、拙ブログでとりあげたご著者自身がメールを下さることが結構あるのですが、私が批判的に書いたものに対しては、こう言っては申し訳ないのですが、本や英語の不備に対して、読者、多くは受験生には関係のない、言い訳が多いのです。


やれ、忙しかっただの、出版社の不手際だの…と。その点でも、キムタツ先生のコメントは際立っていました。取り上げたことに対する感謝の意が表明されているのですから。


その後、続けて、


センター試験英語リスニング合格の法則(実践編)

東大英語リスニング

東大英語リーディング

東大英語ライティング&グラマー



を次々と出され、それぞれにレビューを書きましたが、これまた驚くことに、普通、“売れた”後に、出されるものは大抵、派手な宣伝とは裏腹に、手抜きが目立ったり、繰り返しの主張や英文が多くなるものですが、キムタツ先生の場合は逆。どんどん内容が濃くなっている印象です。


特に近著のライティング&グラマーは出色で、東大受験生だけでなく、多くの生徒に使ってもらいたい一冊です。いや、ほんとに。お世辞でもなんでもなく。ブログから一円の利益もありませんので(笑)。



また、こうしたネット上のやり取りの中で、“今度ぜひ一杯やりましょう” というのはどこでもあいさつ代わりですが、キムタツ先生は、実際に忙しい時期にもかかわらず、東大特講の前日に上京された折、私にわざわざ電話をいただき、実現しました。



→ 『Enjoyed ourselves



本書で繰り返し強調されている、“アンテナをはり、行動する” というのを確かに実行されていますね。ただ、アンテナの感度が良すぎて、私のようなものまで、そのアンテナに引っかかるので、どうかとも思いますが…(笑)。


また、思いがけず、灘高の未履修問題の発覚したその当日、私は、木村先生が出版物の打ち合わせ中(本書かな?) にもかかわらず、 “先生のフェアプレー精神を信じたい。すぐに、ブログで事実を公表して、お詫びのメッセージを出していただきたい”とメールをし、数回やりとりをさせていただきました。  


下手な対処をすれば、キムタツ先生のブログが炎上するリスクもありますが、先生は翌日すぐ、履修漏れの事実の公表と、自らの認識不足に関し、真摯なお詫びの記事をブログに出して下さいました。



→ 『履修漏れに関して(お詫び)』(キムタツのリスニング日記)



受験業界や教員の世界に無縁の方にとっては、単なるお詫び記事ですが、私にとっては、信じがたいほど、けた外れに勇気ある行動です。長くなるのでやめますが…。キムタツは本物だと、私が一番感動した記事なんです。


週刊誌も新聞、テレビ局も、さらに、きっこのブログまでも、遠慮なく、灘高や、その教師を批判しますが、まったくの事実誤認があります、きっと今だに。そのあたりは当教室、伊藤先生がきちんとした記事を書いてくれました。




 伊藤先生のブログ→『代々木の個別学習塾講師が想う、あれこれ




渋谷で二度目にお会いした時、私がその不公平に憤慨しながら、そのことについて話し合いました。先生は身に降りかかった批判や不利益を、まるで次のことに向けたエネルギーに換えてしまうかのようなポジティブな態度でしたが、その真意、考え方が本書を読んで理解できました。


人間、木村達哉がこれまで経験した多くの挫折。病気や受験での失敗、さらに父親の事業の失敗など…、筆舌に尽くしがたい苦労を経て、また読書を通じて、身に付けた人生観なんですね。


人生、泣き笑い、演歌じゃないけど(こんなこと書くと、叱られる!)、本当にそういう一冊で、私も読んで泣き、笑いましたね。



この世に生まれた以上、がんばらなあかん、生徒たちの役に立ちたい





それを再認識させられた一冊です。受験に関わるすべての人に読んでもらいたいなぁと思います。






P.S. 本書の印税は大部分ユニセフに寄付されるそうですよ。また、たまたま昨日は先生の43回目の誕生日だそうです。おめでとうございます。ますますのご活躍、祈念しております。
 



http://tokkun.net/jump.htm 

(当教室HPへ)



『灘高キムタツの頑張ってるから悩むねん。』 木村達哉
ベネッセコーポレーション:208P:1260円





詳細






■■■ ブログランキング ■■■

ガンバレ受験生   と 

 Happy Birthday,Kimutasu sensei! 
 

おめでとうのおすそわけクリック(笑)、よろしくお願いします。



↓              ↓

人気blogランキングへ  にほんブログ村 本ブログ  

現在1位です。ありがとうございます。


できましたら…、ついでにこちらも~



かつては両方とも1位でしたが…。


  13位   

 ブログランキング 3位  

ちょっとずつ上がってきました。

 


 


 

ジャンル:
受験
コメント (10)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私立高校入試終了/都立高校・... | トップ | 『犬と鬼 知られざる日本の... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キムタツ先生お誕生日おめでとうございます! (bucky)
2007-01-30 12:28:08
VIVAさんを通じて、何故か自分も「知っている人」のように勝手に思っているキムタツ先生(ずいぶん失礼だな)、私も是非読ませて頂きます。
それにしても、ブログを通じて、、キムタツ先生、VIVAさんをはじめとして、世の中まだまだ捨てたものじゃない(これも失礼だな、ごめんなさい)、と認識をあらたにしています。
私も頑張ります(意味不明な決意ですが)。
buckyさん (VIVA)
2007-01-30 16:59:34
そうおっしゃっていただけるとは…、大変光栄です。私なんぞは、何の影響力もありませんが、キムタツ先生には頑張ってもらって、日本の教育界に大いに貢献していただきたいですね。

みんな、頑張りましょう(笑)。
ありがとうございます! (キムタツ)
2007-01-30 17:13:27
VIVAさん、buckyさん
ありがとうございますm(__)m
たくさんの方に読んでいただければ嬉しいです。またこの本を通じて、新しいムーブメントが生まれたりすればいいなと感じています。出たばかりで特に学生層が買ってくれていないのが残念ですが、回し読みでもいいので、特に若い人たちには読んでもらって、この社会をよくするために元気で頑張ってもらいたいなと思っています。

VIVAさん
記事にしてくださってありがとうございます。上京した折には焼き鳥でもおごらせてください(笑)
教えることへの情熱 (ysbee)
2007-01-30 17:25:17
VIVAさんのブログを通してキムタツ先生や予備校の他の先生方のお話を聞くにつけ、普通の学校の先生よりもなんて「燃えている」んだろう!と、いつも感心しております。
やはり受験戦線の最前線にいらっしゃるので、教える気迫も情熱も違うんでしょうね。
私に受験期の子供がいたら、安心してVIVA先生にお預けしたいですよ。授業以外の一番大切な「人間としての勉強」も教えてくれているようですから。

(余談ですが、VIVAさんのお写真を見るたびに、なぜかNewsweek誌のホワイトハウス担当評論家のRichard Wolffeを思い出してしまいます。眼鏡をかけたらそっくりです!)
おめでとうございます! (C子)
2007-01-30 17:33:43
VIVA先生のことが好きなので、キムタツ先生はお目にかかったことはないですが、ブログを読んでそれ以上に好きになりました。

お誕生日おめでとうございまっす 

この本も受験が終わったらすぐに読みま~す!!!

だってユニセフに寄付するってすごい
Unknown (haruママ)
2007-01-30 23:37:36
予備校も、灘高も全く関係なく今日まで過ごしてきた私ですが、ブログを通じて、VIVAさんやキムタツ先生のことをこんなに身近に感じるなんて・・・ホントに夢のようです

キムタツ先生の「幸福論」みたい~とのこと。おもしろそうです!読んでみたい度、かなり高いです。
最近忙しくて、前にも増して自由な時間が少なくなってるというのに・・・何故かこういう時に限って、本が読みたくなるんですよね~。中学生の頃に読んで、感銘受けた本をいまだに持ってて、またまた読み返してはじ~ん・・・ときてる私です
時間がない時ほど、頭は活字を求めるものなんでしょうか・・・ね?
キムタツ先生 (VIVA)
2007-01-31 00:41:28
エッセーの発売と誕生日、おめでとうございます。前向きに前向きに…、これからもますます教育界に刺激を与えてください。

大いに期待しております。
ysbeeさん (VIVA)
2007-01-31 00:46:19
Newsweek誌のホワイトハウス担当評論家のRichard Wolffe という方、さっそくイメージ検索してしまいました(笑)。なかなかハンサムでちょっとうれしかったです、はい。この人、良い者ですか?

まっ、外見はともかく…、ysbeeさんのお子さんが受験生だったら…、いや~教える方も気合入るでしょうね。いっつも『おい、お母さん何か言ってたか?』って気になってしょうがないかも(笑)。
C子さん (VIVA)
2007-01-31 00:49:14
あ・あ・ありがとうございます。

まぁとにかく、あと一ヶ月もすればぜ~んぶ終わる。好きな本も読めるし、友だちとのんびり遊びに出かけることもできる。

最後の一頑張り!ファイトーーーー!
haruママさん (VIVA)
2007-01-31 00:55:46
そうですね、時々お疲れの様子ですから、本書も幸福論も、haruママさんには向いているかも知れませんよ。haruママさんがどんな本が好きなのか知らずに申し上げるのもなんですが…。

今度ぜひ、その感銘を受けた本を記事にして、TBして下さいよ。お願い!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
日中関係史考 ( 反戦老年委員会)
中国から見た日本 このシリーズは3回目になりまだ本論に至っていない。しかし、長い