本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ダーウィンの足跡を訪ねて』長谷川眞理子

2006年10月01日 | 新書教養
 
今、アメリカの教育界でホットな論争の一つが、『天地創造論VS進化論』、言い換えますと、『神VSダーウィン』ですね。

学校の理科の授業で、どちらを教えるべきかということですが、ブッシュ大統領でさえ、“両方教えるべき” と語っています!

現代アメリカにおける象徴的なできごとで、日本ではちょっと考えられないことではないでしょうか。21世紀をむかえた今になって、ダーウィンも“ホントかいな” と苦笑いしているでしょう。

科学が進歩した現代ですら、こうなのですから、ダーウィンが進化論を発表した当時、学会や教会だけでなく、世間すべてを敵に回すほどの覚悟が要求されたでしょう。コペルニクス やガリレオ もしかりでしょう。


本書では、そういったことも含め、ダーウィンに魅せられた筆者が、ダーウィンの生涯を写真なども使って伝記的に紹介しつつ、故郷やそのゆかりの地に足を運んだ、旅行記、エッセーです。長谷川氏自身も生物学者、大学教授です。

当然というべきか…、ダーウィンの人生は、ごく普通の学者のそれとは、かなり違った印象です。

母方があのウエッジウッド の家系の出、自らも上流階級に属し、いっさい金銭の心配はなかったこと。双方の家庭が、非常に進歩的な思想を持っていたこと。学問的には何度も挫折を味わっていること。死に至るまで長期に渡って原因不明の奇病に悩まされ続けたこと。友人の自殺や、何人も最愛の子どもを失っていること。


歴史に名を残す大天才も、研究に捧げる情熱や使命感は並外れていても、感情にスポットを当てると、ごく普通の人間だと改めて感じます。

その時代、その当時の人々から見れば、変人に過ぎない、数少ない天才の発想や努力のおかげで、現代科学の恩恵を我々がこうむっているわけです。

そういうことを、美しい本にして私たちに紹介してくれる一冊です。ダーウィンゆかりの地を訪れる、筆者のリラックスした書き方も印象的で、筆者がうらやましく感じます。読む方も、休みの日に日常からはなれ、想像力を膨らませながら読むには最適の一冊でした。

本文中にふんだんに使われている写真も非常にきれいで、見ていると、イギリスやガラパゴス諸島 に行ってみたくなります。環境問題に関心のある方もぜひ。



P.S. 外見も中身も、こんな美しい新書(集英社新書ヴィジュアル版) があるのだということすら知りませんでした。高校時代、生物のテストで100点満点で8点を取った実績のある私は、こういう本を、自分で手に取ることは絶対ありません(笑)。

相互リンクにある buckyさんのブログ 『 40台真面目気分 』 で、紹介されていた本書を、記事にさせていただきました。

読書家できっと年齢が近く(余計かな?)居心地が良いので、私はbucky島に住み着いております(笑)。


ダーウィンの足跡を訪ねて

集英社

詳  細


http://tokkun.net/jump.htm 





■■ 進化 ■■

社会が前進したり、科学が進歩したといっても、人間の感情は “進歩” や “進化” とは関係していないのかなぁ~。できましたら応援のクリックお願いします。

→    にほんブログ村 本ブログ  
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ロスチャイルド家―ユダヤ国... | トップ | 都会の秋祭り »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
改めてありがとうございます (bucky)
2006-10-02 10:34:54
おおっ、大きく紹介して頂いて恐縮です。そういえば、先月の当島への賃料を頂いておりませんね??(笑)

物理や化学は苦手ですが、生物はちょっとだけ興味があるので時々こんなジャンルの本も面白いなと思いました。

元々本は好きでしたが、最近VIVAさんのブログに触発されているところもかなりありますよ。

ではでは。そう、確かに年齢が近いですね(残念ながら?うれしいことに?)。
buckyさん (VIVA)
2006-10-02 13:45:59
はいはい、お届けにあがりますので、しばらくお待ちを(笑)。いや、本当に美しい本で、読んでいても、見ているだけでも楽しかったです。



これからもよろしくお願いします。
ダーウィンの種の起源 (スパイラルドラゴン)
2006-10-05 10:39:14
こんにちは。

 ダーウィンの種の起源(進化論)の特徴(矛盾点)を少し述べさせて頂きます。

 現代西洋科学の前で「神の話をする者は胡散臭い者」としてタブー視する深層心理の原因は、遠く近代西洋科学の発祥時、創世記に「神は神に似せて人を造る」と書かれた箇所を、面白く思わなくなった人々の奢りの意識に根ざしたものです。

 偶然の繰り返しが何千何万回行われようと、遺伝子システムのような高等なシステムは構築されません。

 「ダーウィンの種の起源の法則」を良く考えてみれば、「設計図も無しに超高層ビルは建つのだ」と宣言していたようなものです。

 例えば、「100階建の超高層ビルを建てるとき、地下の基礎工事と地上三階までができた後に設計図が書き上がってみたら、全てが偶然にも設計図通りだった」ということはありえません。全ての建造物は、建物を建てる前に、全ての設計図が書かれた後に建設が開始されるのです。

 そこで人にあって「DNA・遺伝子設計図」は、偶然の人の誕生から悠久の時を経た後、人体の設計図となったことになります。

 この矛盾こそ進化論の特徴と言えます。

 そして、旧約聖書とは、宇宙と人の成り立ちを「アナグラム変換法(システム言語学)」を用いて書かれた書籍であり、その事を後世に伝えるために「宗教の教典」の形に変えた書籍なのです。
スパイラルドラゴンさん (VIVA)
2006-10-05 10:46:17
正直、私は勉強不足でよくわかりません。本書はエッセーです。コメントありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。