本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『魂がふるえるとき―心に残る物語 』 宮本輝

2006年07月20日 | 小説

魂がふるえるとき―心に残る物語 日本文学秀作選

文藝春秋

詳   細




さぁ、夏休み!生徒諸君、たくさん本を読んで下さい!当教室 のメルマガも毎年8月は、読書特集です。このブログでも、古典的名作を紹介しようということで、一冊よい本を見つけました。ただし、高校生以上かな。これは文春文庫創刊30周年記念企画としてできあがった本です。

学校の “朝の読書” 活動の成果でしょうか、個人的には、少し前に比べて、子どもたちは、本を読むようになっているという印象を持っています。まぁ学力低下が改善されたというところまでは、いっていませんが…(見てたらゴメン。がんばろう!)。

宮本輝氏がかつて読み、“魂をふるわされた” 短編小説の名作を16編選び、収録しています。宮本輝の選ぶ“ 日本文学秀作選” です。ハリーポッターやダ・ヴィンチ・コードもいいけど、少々難しい、こういう本も、夏休みにぜひチャレンジを。

掲載されている作品の著者は、開高健 水上勉 吉行淳之介 川端康成 永井龍男 堀田善衛 安岡章太郎 井上靖 武田泰淳 尾崎一雄 幸田露伴 永井荷風 川端康成 国木田独歩 樋口一葉 泉鏡花 の16名です。

何人かは知っているでしょう。中には文体が古くて、読みにくいものもあります。ですが、全体が375Pで16編ですから、平均はたった20ページちょっと。何とか、最後まで読むことが出来るでしょう。

が、いつも言うように、おもしろくなければ途中でやめても構いません。また全てを読まなくとも、面白そうな作品だけを読むのもOK! ただし、やめても、大事に取っておいて下さい。こういう本に興味があって買う人は、すぐ近くに置いておけば、いったん離れても、必ずいつか、もう一度手に取るはずです。

えっ、受験生はどうするかって? そりゃもちろん、先生と一緒に熱い 夏期講習 !買って、しまっておきなさい。読書より先に宿題するに決まってるでしょ(笑)。


http://tokkun.net/jump.htm

『魂がふるえるとき―心に残る物語 』宮本輝
文藝春秋:375P:570円


■■ よ~し、この夏、勉強するぞ、本読むぞという人、クリックね m(__)m ■■
      ↓      ↓       ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング 

P.S. 以前、こんなことがありました。もちろん実話です。

■ 生徒A 『 芥川賞は19歳の人がとったんだってな。凄いよな』
■ 生徒B 『 え?いいの?だってまだ未成年じゃん』
■ 生徒A 『 年は関係ないよ。才能があるから取ったんだし、いいんじゃない』
■ 生徒B 『 でも法律で禁止されてるんでしょ?』
■ 生徒A 『 それはないだろう!大体お前、芥川賞って何か分かってんの?』
■ 生徒B 『 え???競馬じゃないの???』

ついでにもういっちょう、シリーズ川端君、まずはその1
■ 講師 『 君は、川端康成、知ってるかな?』
■ 生徒 『 あっ、ひょっとして昨日、ここに座ってた子?』
(座ってないってば!)

川端君その2
■ 講師 『 最近は知らない生徒が多いけど…お前、川端康成知ってるか?』
■ 生徒 『 知ってますよ、もう!バカにしないで』
■ 講師 『 あ、悪かった、でもホントか?ここの生徒じゃないぞ』
■ 生徒 『 や~だ、あったりまえじゃん、え~っとぉ “伊勢”の踊り子でしょ?』
■ 講師 『 い・いせ?』
(はやく、千円札にのっけてあげないと…)

当教室メルマガの中から、傑作を選んでまいりました(笑)。もっと見たい方は【 スットコブログ 】へどうぞ!


読書小説書籍・雑誌ニュースbookおすすめサイト
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『新ネットワーク思考』 アル... | トップ | LIST 完成 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あれ? (bucky)
2006-07-21 09:55:41
「P.S.」を読んで「スットコブログ」に飛んだら、本日のテーマが何であったかわからなくなってしまいました。そうか、心に残る物語だったか・・・”やぶからぼう”に何ですかね。すんません。
buckyさん (VIVA)
2006-07-21 11:33:49
いや、ホントにおもしろいことはいっつも起こるんですよ。忘れないように、講師はメモしてます(笑)。時々のぞいてみてください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『五重塔』 幸田 露伴 (本からの贈り物)
五重塔幸田 露伴 (1994/12)岩波書店この商品の詳細を見る 前のめりに読んでしまう本、というのが時々ある。話の筋が面白くて、文章の調子が良くて勢いがある。面白いからゆっくり味わいたいのに、ついつい目が先を追ってしま