本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ハゲタカは飛んでゆく』 ラリー・S・ジュニア著 高木ハジメ 訳

2007年04月26日 | ビジネス書・マスコミ関連
 

ハゲタカは飛んでゆく.jpg



安倍首相がいよいよはじめての日米首脳会談のために訪米します。小泉元首相はブッシュ大統領といると、日本にいるとき以上にはしゃいでいたパフォーマンスを見事にして見せましたが、安倍首相はどうでしょうか。

日本のアメリカに対する信頼感は、北朝鮮の拉致が明確になった時には一気に盛り上がった印象ですが、やがてイラク戦争が泥沼状態になると、ブッシュ政権に対する評価が逆にあっというまに悪化しました。大量破壊兵器はなかったんですから当然ですね。


本書は非常に面白い一冊です。以前『ライオンは眠らない』という本がありました。経団連の奥田元会長がみんなに薦めているということで話題になりました。

そちらの内容は、日本がこのまま財政赤字を放っておけば、近い将来、破産してしまうとか、預金封鎖にならざるを得ないというようなものでした。


本書も同じように寓話を用いて、経済を扱うのですが、主にアメリカの陰謀を語ります。登場するのは…

『タカ帝国』:世界最大の権力を誇る。最近、武闘派が目立つ。

『ハト王国』:動物世界大戦でタカに破れたあと、頭を押さえつけられている。

『カバ人民共和国』:頭数の大きさは動物界ナンバーワン。領土が大きすぎ、カバの意思統一がはかれない。

『クマ帝国』:かつてタカ帝国と勢力を二分。内部分裂で弱体化するも復権を狙う。

『ハチ王国』:他とは違う特有の教義をもつ。他の動物の冬越えに必要なハチミツ生産地帯を押えている。


これらの国の関係を、日本人のある老人とアメリカ人ジャーナリストが、タイにいる日本人の若者の質問に答える形です。


日米関係が中心ですが、要旨は、アメリカは絶対にドル高は阻止する。日本が持っているアメリカの国債を売らせない。これを基本戦略に、すべての政策を組み立てているのだから、そのことを日本は明確に認識しなければ、いつまでたっても経済は復活しないということです。

この考え方に納得するかどうかは、人によって意見が分かれると思いますが、短いですし、高校生でも楽しみながら読めると思いますので、ぜひどうぞ。お勧めです。


■ ブログランキング ■


記事が参考になりましたらクリックしていただけるとありがたいです。
 

(3位)

にほんブログ村 本ブログへ(1位) 

ブログランキング(1位)

(9位)


(1位)
  
http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】



『ハゲタカは飛んでゆく』ラリー・S・ジュニア著 高木ハジメ 訳
実業の日本社:141P:899円





ハゲタカは飛んでゆく

実業之日本社

詳細

ライオンは眠れない

実業之日本社

詳細


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『なぜ教育論争は不毛なのか... | トップ | 『拒否できない日本―アメリカ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
半島の方々 (ysbee)
2007-04-26 13:03:19
面白い比喩ですね。とてもわかりやすそう。
そうすると、
カバのとなりにいてハトにいやがらせをしているゴキブリは、北?
ころころ変わる南はコウモリ?

今日はハゲタカに目を付けられたゴキブリの話を
TBさせていただきました。m(_ _)m
ysbeeさん (VIVA)
2007-04-26 14:09:13
やるなぁ~、おもしろいなぁ~(笑)。本書けますよ。買いますから。

『新ハゲタカは飛んでゆく』
Unknown (お絵かき爺さん)
2007-04-27 06:33:30
VIVAさん、こんにちは、
面白そうですね!安倍総理の訪米をイントロダクションに持ってきてハゲタカに結びつけはったのは、うまいですね!中身はどこまで切り込んでいるのか?せっせせっせと働く日本人、それの上にのっかて消費をするアメリカ人、それをまた元手にして日本の企業を買収するアメリカ人、と考えるとこりゃどうなって居るんやと思いますね。
この本はどこまで切り込んでいるのかな??こんなことを扱って居るんでしょうか、この本??

お絵かき爺さん (VIVA)
2007-04-27 09:48:59
こんにちは。そうですね、素人の青年に分かりやすく説明するという一冊ですから、細かいことは脇において、本質と思われるところだけを寓話にしています。

筆者は政府系シンクタンクのストラテジストだそうです。でもタカが戦争をしたがる理由など、わかりやすいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。