本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『アジアはどう報道されてきたか』 永井浩

2006年12月26日 | ビジネス書・マスコミ関連


アジアはどう報道されてきたか.jpg

 

少し前の本ですが、東南アジアの国々の現状を、読みやすい文で書いてあります。

中高生向けの「ちくまプリマーブックス」シリーズですが、大人にも東南アジア入門として良い本だと思います。

アジア・アフリカへの中学、高校生の関心は、韓国、北朝鮮、中国を除きますと、非常に小さいと、授業をしていてそう感じます。ワールドカップ参加国でも場所がわかる生徒はごく少数です。

私も、別の仕事をしていたら、知らないかもしれません。その原因の一つに、これら第三世界=発展途上国の扱いが、報道・出版で小さいことでしょう。 そこで、立場を入れ替えて、例えば一般的なアメリカ人が日本のことを知っているかと言えば、ほとんど知りません。恐ろしく無知だと日本人が思うでしょう。


少し前のアンケート調査で、当教室のメルマガで取り上げたものを紹介しましょう。

びっくりしますよ。




■■■ アメリカ人の知っている日本人 ■■■


アメリカで実施され、東京電機大学が公表したアンケート結果です。アンケートに答えたのは中堅レベルと思われる公立高校2校と公立大学1校の生徒418名。平成10年の調査で古いのですが、それにしても…

日米同盟とさかんに言っていますがホントに大丈夫でしょうか?


 <アンケート>

 【 あなたの知っている日本人をあげてください 】  


 ★★ 結果 ★★  

第1位 【 Emperor Hirohito 】:18人 (昭和天皇です。やはり偉大でした)  

第2位 【 Yoko Ono 】:17人 (うっ、オノヨーコ。まぁジョンレノンも有名ですし)  

第3位 【 Jackie Chan 】:14人 (ジャッキーチェン!?えっ日本人じゃないし)  

第4位 【Emperor Meiji】:11人 (明治天皇、ホ・ホントに知ってんのかな~)  

第5位 【Miyagi】:10人 (たぶんベストキッドに出演の老人でしょう。外国人だよ)

第6位 【Tokugawa Ieyasu】:9人 (家康登場!?やけくそか!)  

第6位 【General Togo】:9人 (連合艦隊の東郷平八郎、確かに海外で有名です)

第8位 【Hideo Nomo】:8人 (やっと出た現代人、ほっとしました、野茂英雄)  

第8位 【Kristy Yamaguchi】:8人 (スケート選手?これアメリカ人だぞ、こら!)  

第10位 【Meiji】:7人 (こんな人知らない、誰だよ~これ)   

第10位 【Bruce Lee】:7人 (ブルースリー!だからさぁ、違う!ってば)

 

◎今なら断然イチローでしょうか? それにしても…いやはや。しかも今調査ではアメリカ人学生418人のうち280人(67%)は無記入、つまり一人の日本人も知らなかったそうです!

アメリカ人学生よ勉強せい!は言い過ぎでしょうか?


■■■

いかがです。むちゃくちゃでしょ(笑)。


しかし、アメリカ人が日本を知らないように、我々日本人もアジアのことを知らないのではないでしょうか。

同じようなアンケートを日本の高校生がアジア諸国に関してやったとして、中国、韓国を除くと、ひとつの国で10人も出てくるでしょうか。

日本の学生が無知だというより、報道そのものがなく、従って関心がわきません。バラエティー番組やエスニック料理など、興味本位の報道はあっても、その社会や歴史を深く掘り下げたものはあまりにも少ないですし、選挙などの結果もよほどのことがない限り大きく報じられません。

ミャンマー(ビルマ)のアウンサンスーチーさんが、軍政の監視下にありながらなぜあれほどの人気を持ち続けられるのか。 マレーシア首相が「戦時被害の謝罪はもういい。今後の話をしよう」と言った背景には何があるのか。そう言われた村上首相(当時)は、どう対応したのか。

タイ=世界1の米輸出国。インドネシア=原油の多くを日本に輸出。フィリピン=バナナとキリスト教。など、東南アジアに関する表層の知識やステレオタイプな見方が、少し軌道修正されました。


クリスマスも終わったことですし、少し別の方向へ眼を向けて見るのもおもしろいと思います。

アジアはどう報道されてきたか

筑摩書房

詳  細

 

http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】


 

■■■ ブログランキング ■■■

最後までお読みいただき、ありがとうございます。いくらかでも参考になりましたら下のテキストバナーをクリックしていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

おかげさまで両方とも1位を何とか維持しております。


         ↓                           

 
人気blogランキングへ  (←うっ早くもピンチ、よろしくお願いします) 

 

 
にほんブログ村 本ブログ  






『アジアはどう報道されてきたか』永井浩
筑摩書房:206P:1155円

『本』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『いつでも夢を TOKYO... | トップ | 『奇跡の音 英語聴覚セラピー... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本人が知っているアメリカ人 (bucky)
2006-12-26 14:40:24
ベスト10は誰が入るんでしょうか?ジョージ・ブッシュ(これじゃ親子?)?ヒラリー・クリントン?コンドリーザ・ライス?ドナルド・ラムズフェルド?・・・良かった、ハリウッドのメンバーを入れれば軽く10人はいきそう。
中国、韓国等を除いたアジア諸国で10人の名をあげられる国はホント、無いかもしれませんね。
日本がどちらを向いているか良くわかります。
ところで、アメリカ人が一番名前を知っている人の多い国はどこなんでしょうか?
やっぱりイギリス?
buckyさん (VIVA)
2006-12-26 17:27:36

家康の時代から入れれば、日本人の知っているアメリカ人は何十人もいるでしょうね。大統領だけでもね…

スポーツ選手や俳優なんか入れたらどこまでいくんでしょうね。

アジアは人のこと言えませんね、私も…。

アメリカはイギリスか、自分の国のことだけでもやっていけそうですが(笑)
日本が知らない・・ (ふる)
2006-12-26 19:35:08
びばさんこんばんわ。もうボケの枕言葉使い果しました。

大人になってからベトナム戦争、カンボジア、インド・パキスタンの長い紛争、おばんでっしゅ、じゃなくてバングラデッシュ・・・などなど。
知らなかったことを知って、目からウロコが落ちたり。

アメリカについて言えば、
例えば、ジェームズ・ブラント、クイーン、ロローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリンらアーティスト。
ヒュー・グラント、キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウという役者達。彼らがアメリカ人ではなく英国人(あえてイギリスではなく)だと意識してる人はあまりいないでしょうね。

だから何が言いたいかっていうと、
VIVA読書ってことですよ(苦しい)
「アジア」を身近に感じています。 (milesta)
2006-12-26 20:53:06
「エスニック料理など、興味本位の」本をTBさせてもらいました。(笑)だけど、文化・歴史的背景も書いてある本なので許してください。

オーストラリアはインドネシアのすぐ隣で、アジア各国からの移民も多いので、日本にいるよりもアジアの国々を身近に感じます。
そこで思うことは、アジアの中でも日本は特別に豊かで恵まれている国なのだなぁということ。格差社会などと言われているけれど、東南アジア諸国の格差に比べたら差がない方です。
それから、アジアは家族関係を大切にする文化を持っているのだということ。西欧の家族関係をアジア出身の友人達は「ドライで冷たい。」と言うことが多いのです。日本は欧米のような冷たい関係へ移行しているような気がして、それでいいのかな?と考えさせられます。
Miyagiって (shin'it)
2006-12-27 00:48:03
Mimi Miyagiかも?
ふるさん (VIVA)
2006-12-27 08:41:16
おっはようございます!

達人、よくお越しいただきました。

ベトナムは本を読んでいて何となくひかれます。何となくとしか言えません。

アジア好きの友人は何人かいますが、不思議となぜかおもしろい人間ばかりです。まぁ世間からは変わり者とも呼ばれていますが(笑)。

なんでもっと大学生の頃に行っておかなかったかな~と今思っております。
milestaさん (VIVA)
2006-12-27 08:45:21
興味本位の本TBありがとうございました(笑)。そうか日本は移民が少ないから、あまり感じないのかな?でも、どうでしょう何年位前からかはっきり言えませんが、日本語の話せない店員さんは代々木では珍しくなくなりましたね。増えました。統計を見るとブラジルの方々もかなり多くなっているようです。

インドネシア、ほとんど暴動とか事故のニュースしかテレビでは見ませんが、行かれたことあります?
shin'itさん (VIVA)
2006-12-27 08:46:40
おっ、貴重な情報ありがとうございます。若者に人気がありそうな方ですか。どなたか知っていれば教えて下さい。
達人だなんて (ふる)
2006-12-27 11:30:59
最近時間がなかったり、肝臓を痛めつけるような夜を過ごすことが多かったりして、やや手抜き記事が・・・(涙)

アジアは学生のときではないですが、20代の頃に、一ヶ月かけてアジア一周貧乏旅行をしたのは今となってはいい経験になったかも知れません。

追伸:いちおう本について書いたのですが、TB送ってみます。ただし変化球なので、VIVAさんブログにふさわしくなければ削除して下さいませ。
ふるさん (VIとVA)
2006-12-27 11:57:33
いよ、名人、お帰りなさいませ。

送っていただいたTBは、ふさわしくないので削除しようと思いましたが、その後何をされるのか…、恐かったのでそのままにしておきます。

うそです。

とんでもない、うらやましく拝見いたしました。ブックオフはきれいな本がたくさんあって、もちろん安いので好きなんですが、近くに大きなのがないんですよ。

狙いを決めて本屋に行くより、ブックオフに入って、廉価の気安さで、ふるさんのように、あれこれ買うのが大好きなんですけどね。家の近くの駒沢にあるブックオフは狭くてダメなんです。

ところで、ほら!やっぱふるさんアジア行ってたでしょう。↑で書いたとおりだ。
>VIVAさん (milesta)
2006-12-28 08:18:25
インドネシアに行ったことはありません。インドネシア出身の友達が何人かいるのですが、カーストが違うとインドネシア人同士でもあまり話をしたがらなかったり、20代の若者だけど小さい頃貧困のため家業や子守に忙しくて小学校も行けなかったとか、お米が買えず刻んだバナナにおかずをかけて食べていたという話を聞いたりして、びっくりしています。
暴動はオーストラリア人が狙われているとも言われているので、ここから旅行するのはちょっと怖いです。
milestaさん (VIVA)
2006-12-28 09:25:47
やっぱりそうなんですか。行って見てみたいけど、危険のある地域もたくさんありますね。

インドネシアに行って来たという友人は、かなり少ないです。近くて遠いんですね。
どうせ・・・ (ふる)
2006-12-28 20:23:08
>近くに大きなのがないんですよ。

町田にデカイのがあります。
行きつけではないですが。

>狙いを決めて本屋に行くより、ブックオフに入って、廉価の気安さで、ふるさんのように、あれこれ買うのが大好きなんですけどね。

廉価の気安さが本の山脈を生む・・・
安くなくても同じ・・・

でも、2000円出して、20万円ぐらいの何かを自分に与えてくれる本もあれば、20円の価値もない本もありますが(苦笑)

>ところで、ほら!やっぱふるさんアジア行ってたでしょう。↑で書いたとおりだ。

どうせ、変人だってことでしょ(笑)

変人と
恋人は
ちょっと
似てる
ふるさん (VIVA)
2006-12-28 20:47:29
そうですか、でも行ったら、ここぞとばかりになんか、車一杯買って、1万円だよ、安かった~、なんていいながら詰め込みそうで恐いですね(笑)。

でも行って見たいなぁ。

恋人と変人そっくりですね、おや。やるな~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『食は東南アジアにあり』 星野 龍夫、森枝 卓士 (本からの贈り物)
食は東南アジアにあり星野 龍夫、森枝 卓士 他 (1995/12)筑摩書房この商品の詳細を見る これはお得な本だ。 著者のお一人、森枝卓士さんはフォトジャーナリスト。文庫とは思えない枚数の写真が掲載されている。
BOOK OFFで本買った。 (ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」)
久々にブックオフに行った。 いやいや~なんでもかんでも105円だって(嘘) 店ごと全部買い占めちゃおうかと思ったよ。 書籍界の村上ファンドか? しかし帰宅後、ずれ子にぶっ飛ばされた。 「この本の山片付けてからにしろよ!ぼけ!」 い ...