本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『アメリカの歴史教科書が教える日本の戦争』 高濱賛

2006年07月10日 | 教育関連書籍

本当に教科書問題はいつのまにか、国際問題になってしまいましたね。相変わらず、扶桑社の教科書に対しては、読みもしないで中国や韓国が反論してくる。内政干渉だ!と言いたいんですが、その前にちょっと待って…、せめて読んで(笑)。一方新しい教科書を作る会の方は、最近は内紛が云々と報道されました。

教科書の内容ではなく、完全に、政治問題化してしまったので、取り上げたくてもちょっとひるみます。こちらでは以前、『教科書採択の真相』 と、『「新しい歴史教科書」の絶版を勧告する 』 と一冊ずつ公平に取り上げました。

(このブログが参加している“人気ブログランキング”の読書のカテゴリーでも、1位、2位の方々は、読書というより、政治ランキングのようになっています。→ (押すと投票になります))


本書は、日本の教科書問題を取り上げつつ、では、日本に原爆を落とし、パールハーバーなどという映画を作って喜んでいるアメリカでは、日本やヒロシマについて、どう教えているのかを紹介します。

非常にユニークな一冊で、私は本書を読んで、教科書事情が、かくも違うものかと驚き、なぜそうなのかという説明に、なるほどと感心しました。

筆者によれば、そもそも歴史教育とは 「国家の死活的問題」 であり、歴史教科書はその 「秘密兵器」 で、何でもオープンなアメリカでさえ、外国人である著者が、長年アメリカに住んでいても、アメリカの歴史教科書を手に入れることは、困難を極めたそうです。

“乱暴者のアメリカ” から想像されるより、はるかに公平な見方でした。ただ、そうなったのは割と最近のことで、当然、現在権力を持っている層の年代の受けた教育とは異なることもきちんと説明してくれます。ブッシュ大統領が子どもだったころの教科書の解説などまであります。

田原総一朗氏は本書をこう推薦しています。

『なぜ、これまでこの巨大な穴を誰も埋めなかったのか?アメリカの原爆投下を、正当化しようと努め、77年以降それがなくなった。なぜなのか?こうした事実が次々に出て来る。面白い、というより、アメリカ人を知る上で、必読の書である』

絶賛していますが、私も、教科書に関心のある方にとっては、本書はかなり良い本だと思います。

アメリカの歴史教科書が教える日本の戦争

アスコム

詳  細

http://tokkun.net/jump.htm


『アメリカの歴史教科書が教える日本の戦争』高濱賛
アスコム:294P:1785円



■ 記事に賛同いただけましたら、ご協力下さい。お願いします ■

にほんブログ村 本ブログへ 
 過去最高の6位でした。ありがとうございます。
ブログランキング こちらも1位に押し上げていただきました。ありがとうございます。

読書小説書籍・雑誌ニュースbookおすすめサイト家族旅行趣味ニート就職フリーターアルバイト失業
『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『君主論』マキアヴェリ(池... | トップ | 『植物はなぜ5000年も生... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様です (kazu4502)
2006-07-10 18:05:09
お世話様です、いつもコメントいただきありがとうございます。

色々な記事を書きたいのですが、つぎつぎと盧武鉉のバカが変なことを言うものですからつい、北朝鮮のことばかり書いてしまって困っています(苦笑)

あそうそう、人気ブログ6位でしたね、おめでとうございます、やはりランクが上がれば励みにもなり、うれしいものです、人気ブログは本当にレベルが高い、なかなかアップしませんね、頑張って全て1位になるといいですね

応援しています。

ちと面白い事件がありましたね、水谷建設です、これはあの胡散臭いレインボーブリッジの小坂も絡んでいます、この男調べればとんでもない詐欺師です、非営利組織を利用し陰で脱税の指南役もやり、北朝鮮貿易で儲けています、それがNGOのからくりです、

ちょっと奥深いですよ。

今後ともよろしくお願いいたします。
kazuさん (VIVA)
2006-07-11 10:21:41
いつもどうやってそういう情報を集められているんでしょう。確かに今日の新聞でも三重県の元知事の北川氏の秘書とのかかわりが報じられていましたね。悪い奴はその裏にいる連中までしっかり捕まえて欲しいものです。
Unknown (HIRO。)
2006-07-13 21:03:42
VIVAさん、こんばんは。結局、いつも記事を読んでいます。^_^;で、この本を今読んでる訳ですが、ホントによくできた本だと思います。アメリカとは不思議な国ですね。日本で中国、朝鮮から批判を浴びている「新しい歴史教科書」に近い教科書もあるのですから。「教科書に書かれなかった戦争」というシリーズ本があります。40巻に「アメリカの教科書に書かれた日本の戦争」というのがあり、比較すると面白いかも知れません。まだ読んでないですが予約してあるので近いうちに入手して読みますが、だいたい予想はつきます。おそらく正反対の内容だと思います。
HIRO。さん (VIVA)
2006-07-13 21:25:07
こんばんは。そうですか、なるべく読まないようにしていると言われたときは、へこみましたよ(笑)。落ち着かなくて、すみませんね。

ところで、言及されているそのシリーズ、さっきアマゾンで確認したら、ものすごい量ですね。どれか一冊でもHIRO.さんも読まれましたか。ぜひ感想をお聞きしたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。