本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『戦後政治家暴言録』 保阪正康

2007年02月07日 | 政治・経済・外交

 

言録.jpg



柳沢伯夫厚生労働大臣の “女は子どもを産む機械” という発言が大騒ぎになって、国会の与野党での予算審議を止めてしまいました。いくらなんでも “機械” はないだろうという気がします。当教室の女子生徒もかなり怒っていましたねぇ。


本書は、戦後の “バカヤロー解散” から、小泉首相までの政治家の暴言、失言をいくつかの種類に分析。どこがどう問題で、なぜそうした発言が出てくるのかを見てみようという興味深い一冊でした。


ところで、まず今回の “子どもを産む機械” と発言したという報道は、生徒たちにも分かりやすい形で、それこそ、言葉や社会を考える絶好の “機会” を与えてくれたと思います。


失言や暴言にはいろいろな種類があって、常に一部だけが抜き出されますが、その脈絡を見ることが必要ですね。今回の場合、発言の前後はこうだったそうです。



なかなか今の女性は、一生の間にたくさん子どもを産んでくれない。人口統計学では、女性は15才から50才が出産する年齢で、その数を勘定すると大体分かる。他からは産まれようがない。産む機械と言ってはなんだが、装置の数が決まったとなると、機械と言っては申し訳ないが、機械と言ってごめんなさいね、後は産む役目の人が1人頭でがんばってもらうしかない。(女性)1人当たりどのぐらい産んでくれるかという合計特殊出生率が今、日本では1.26。2055年まで推計したら、くしくも同じ1.26だった。それを上げなければいけない。


こ~んなに謝るのなら機械なんて言わなきゃいいとも思いますが(笑)、ただ、これが国会の大切な予算審議をすべて拒否、世界中に女性蔑視と報道される価値がありますかね。

彼や自民党をかばうつもりはまったくありませんが、誇張した報道とこれを利用した野党の反応にはちょっとうんざり。まぁ少なくとも報道ではかなり短く、“女性は産む機械” のところだけを取り出していたことは分かります。


この発言が大きな問題となるもう一つの原因は、柳沢氏の立場。厚生労働大臣で、まさに少子化対策に関わるわけですが、女性を統計上の数字としてしか見ていないのではないか。

機械ということは、子どもを産まない女性は不良品だといわれたようだと誰かが言っていましたが、もっともな感想で、そんな人が責任者であるのは許せないという理屈です。


今度は本書にも登場する小泉首相。かつて 「人生いろいろ」 と発言して問題になりました。でも、人生っていろいろですよね(笑)。柳沢発言と逆で、このケースでは、この部分だけを切り取ってみても、暴言にも何にもなりません。

しかし、筆者はこれを戦後最悪の暴言ではないかと指摘します。どうしてでしょう。日本国総理大臣としての立場、品格の問題、さらにはその発言の前後関係を見なければわかりませんから、それを紹介し筆者の意見が述べられます。


次に、故渡辺美智雄氏。彼はいくつもやっていますが…、例えば 

「日本人だと破産は重大に考えるが、クレジットカードが盛んな向こう(米国)の連中は、黒人だとかいっぱいいて、『家はもう破産だ。明日から何も払わなくてもいい』。それだけなんだ。ケロケロケロ、アッケラカーのカーだよ」

これはひどい。政治家であろうとなかろうと、明らかな差別発言ですね。でもこういう人を日本人は政治家、しかも与党の大物議員の一人に選んできたということは知っておいた方がよいですね。


与党、野党で言えば、かつての日本社会党は、村山総理が誕生する前は、非武装中立でしたが総理大臣になるやいなや、安保肯定、自衛隊は憲法違反ではない、とまるっきりこれまでと逆のことを言い出して、その後の選挙では大敗北します。これまでの支持者にとっては許せない暴言だったわけです。

野党ならしても良い発言が、総理大臣としてはできない発言があることを端的に表しています。つまりウラでは正論だったものが、オモテでは暴言となるということですし、その逆もあります。

その人の立場が変わると、発言の表と裏を変えなければいけないとも言えそうです。


上の区分けは私が勝手にやったものですが、本書では6種類に分けて分析しています。 目次を紹介しておきましょう。



■■■

第1章 戦後日本のオモテの言論、ウラの言論

第2章 戦前の官僚体質の残る暴言(吉田茂―バカヤロー発言の内と外;池田勇人―中小企業の倒産などやむを得ない;清瀬一郎―男女共学は廃止すべきだ;岸信介―野球場や映画館は満員だよ;佐藤栄作―私はテレビと話す。新聞記者諸君は帰ってください)

第3章 田中角栄以後、森喜朗以前(田中角栄―隣りで毎日毎日、ガンガンと製カン工事をやるよ;中曽根康弘―日本列島を不沈空母にする;藤尾正行―日韓併合は韓国にも責任がある;渡辺美智雄―日本人は破産というと重大に考えるが米国の連中は黒人だとかいっぱいいて、ケロケロケロ、アッケラカンだよ;森喜朗―日本は天皇を中心とする神の国)

第4章 小泉政権下の暴言・失言の怖さ


■■■


暴言・失言の類は、発言する人の立場、状況、聞く人の立場によって入れ替わるということがわかります。つまり個人によって大きく異なるということです。

正直、私も本書を読んで、筆者の主張すべてに共感するわけではありませんが、こうして暴言、または、そう呼ばれたものを分析し、そこから社会や時代を見てみるという試みは大変おもしろいし、有益だと思います。


戦後政治家暴言録

中央公論新社

このアイテムの詳細を見る



■■■ ブログランキング ■■■

いつも応援ありがとうございます。なるべく失言せずにがんばります。

もう一押しの応援クリック、よろしくお願いします。


↓                 ↓

人気blogランキングへ 1位  にほんブログ村 本ブログ 1位 

ブログランキング 1位   あとはこれ→   3位      



 http://tokkun.net/jump.htm 

(当教室HPへ)

 

『戦後政治家暴言録』 保阪正康
中央公論新社:237P:798円


 

 

『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『子どもたちが地球を救う5... | トップ | 『DUO 3.0』 鈴木陽一... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Synchronized Blogging (ysbee)
2007-02-07 14:15:34
VIVAさん、なんとタイムリー!
日本のイジメ女性議員は「幸い」見た事がないので、
話題を呼んだだけでは暴言したはずの柳沢議員が可哀想な気も……
でもなんと言っても最大の暴言は「バカヤロー」と「貧乏人は麦を食え」でしょうね。

ハリケーン・カトリナの時に避難所のアリーナを見舞ったはずのブッシュの母親バーバラが「こういうしつけの悪い連中(黒人)だから、災難にあっても仕方ないでしょ。クク…」と笑っちゃったのが大問題になって、ブッシュと共和党は昨年の選挙でも黒人票をあきらめる結果になりましたよ。
つい口がすべってというのは結局「本音」を吐く訳ですから、なおさら始末が悪いですよね。

私も1月末でシラクの大失言を記事にしてたのでリンクしてもよろしいですか?
この失言はちょっと怖い内容でした。
ysbee(女性)さん (VIVA)
2007-02-07 15:31:06
あ~良かった、気を付けて書かないと、お前は女性の敵なんて殴りこまれそうで…。

女の中の女(?)、ysbeeさんにコメントいただければ一安心です。どうぞ何でもやって下さい(笑)

それにしてもあのお優しそうだったバーバラさん、ダメですね。
Unknown (あーりー)
2007-02-08 12:25:41
こんにちは。柳沢大臣の件では、新しい「暴言」もあったと報じられて、野党もますますヒートアップしていますね。
大臣の適正を論じるのも大切かと思いますが、国会は国会できちんと運営して欲しいです。
あーりーさん (VIVA)
2007-02-08 15:13:21
コメントありがとうございます。思いっきり、騒げるだけ騒ごうという態度がミエミエで個人的には嫌いなんですよ。

こんな騒ぐなら、別の人にしたらと思ったりもするんですが、閣僚を代えるというのは相当なダメージになるんですね。逆にクセになるから絶対辞めさせないんでしょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
シラクの本音「中東核戦争ではテヘランが消滅」 (米流時評)
米国時間 2007年2月1日 パリ発|フランスのジャック・シラク大統領は、英米仏のメディア三社のインタビューに答え、次のように語った。「イランの核爆弾保有自体はそんなに大した脅威ではない。しかし、万一イスラエルに対してその核兵器を行使するなら、イスラエルよ...
『蟹工船』ブーム ( 反戦老年委員会)
  1933年、逮捕されたその日のうちに警察の拷問で虐殺された小林多喜二の小説、