本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

公立高校入試に出題される本・作家ランキング

2006年10月20日 | 高校受験【情報など】



 ■■■■■ 公立高校入試に出題される本・作家ランキング ■■■■■


今月の、当教室のメルマガでご紹介したものですが、役立ちそうですから、こちらでもご紹介しておきます。

公立の高校入試には誰の、どんな本が出されるのかを調べてみました。データは2001年から2006年まで、可能な限り集めました。ただし、すべてを正確に把握することが難しいので、あくまで目安として下さい。

(古典は省いてあります。吉田兼好や清少納言が頻出であることは申し上げるまでもありませんね)


注目していただきたいのは、公立高校の出題出展は、私立中学の出題出展と重なることがとても多い という点です。ですから、私立中学受験を目指している方も、ぜひ参考にして下さい。


ではさっそく、もっとも多く出された出典『本』ベスト5から!


【順位】【出題数】【書名】・・・・・・・・・(著者)

【第5位】・【4題】・・【ニライカナイの空で】・・(上野哲也)
【第5位】・【4題】・・【バッテリー】・・・・・・・・・(あさのあつこ)
【第3位】・【5題】・・【この言葉!】・・・・・・・・(森本哲郎)
【第3位】・【5題】・・【峰雲へ】・・・・・・・・・・・・(阿部夏丸)
【第2位】・【6題】・・【自転車少年記】・・・・・・(竹内真)
【第1位】・【7題】・・【読書力】・・・・・・・・・・・・(齋藤孝)


Nirai.jpg Batteri.jpg konokotoba.jpg minegumo.jpg zitennsyasyounenn.jpg dokusyoryoku.jpg   



当教室のメルマガでも、紹介されたものがたくさん入っていました。3題出題されたというのが、実は数多くあって、ずらっと書名だけ紹介しますと…、

『皐月』 『海峡』 『たはれ草』 『本当の自分のつくり方』 『人類がたどってきた道』 『背中』 『西洋の眼 日本の眼』 『学びの場はどこにあるのか』 『鯉のいた日』 『小さな町の風景』 『さくら』 『国語の時間』 『楽隊のうさぎ』 『夏の庭』 『自由論』 『脳と創造性』 『いちばん大事なこと』 です。


詳しく知りたい人は、問い合わせて下さい。



さて、次は、誰の作品が一番出されているかという、【作家】ランキングベスト10です。


【順位】【出題数】【著者】・・・・(主な出題作品)

【第8位】・【8題】・・【鷲田清一】・・・・(まなざしの記憶)
【第8位】・【8題】・・【上野哲也】・・・・(ニライカナイの空で)
【第8位】・【8題】・・【阿部夏丸】・・・・(峰雲へ)
【第5位】・【9題】・・【外山滋比古】・・(思考の整理学)
【第5位】・【9題】・・【重松清】・・・・・・(卒業ホームラン)
【第5位】・【9題】・・【内山節】・・・・・・(自由論)
【第4位】【10題】・【竹西寛子】・・・・・(国語の時間)

【第3位】【12題】・【森本哲郎】・・・・(この言葉!)

【第1位】【13題】・【齋藤孝】・・・・・・(読書力)

【第1位】【13題】・【伊集院静】・・・・(皐月/海峡)



いかがでしょう。読んだことのある本はありますか。並べてみるとかなりバラエティーに富んだ印象を受けますね。何か読むものに迷った時、ぜひ参考にしたら良いと思います。




●●●
 ランキング ●●● 

少しでも参考になりましたら、応援のクリックをいただけるとうれしいです。

    今、1位の半分くらいまで来ました!(トホホ…)
      ↓               ↓   
人気blogランキングへ  にほんブログ村 本ブログ  

読書 小説 書籍・雑誌 ニュース 育児 学校 大学 おすすめサイト   個別指導 中川 代々木 大学受験 中学受験 数学 予備校  リスニング 英検 漢検 対策 個人指導 受験指導 センター試験対策 合格実績 都筑区

ジャンル:
学校
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『信さん』 辻内智貴 | トップ | 『官僚病の起源』 岸田秀 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おもしろかったです! (風)
2006-10-27 19:31:21
こんばんは。初めまして。

時々このブログを読ませていただいています。受験などとは縁のない生活をしていますが、現代はどんな作品が出題されるのか?ちょっと興味がありまして…。大変参考になりました。自分の知らない本からたくさん出題されているのだなぁ、と驚きました。



『読書力』は何かハウツー本という感じで好きではありませんが、まずは文庫300冊、新書100冊(でしたか?)という提案は、好いかも知れませんね。

伊集院さんの『海峡』はあの3部作ですね。自伝なのでしょうか。この本は、とっても気に入っています。彼の作品は、ちょっと哀感が漂っていて好きです。『駅までの道をおしえて』が特に。

森本さんのこの本は全く知りませんが、教養本なのでしょうね。

竹西さんは、私の大好きな作家ですので、彼女のエッセイは随分読みました。古典の解釈本にもお世話になりました。そう言えば『蘭』が「ナツイチ」になって並んでいて驚きました。若い人にもどんどん読んで欲しいですね。



何か訳が判らない書き込みになってしまいましたが、ご容赦下さい。

好きな作品が学力を測る手段として登場するのは、ちょっとイヤですが、変な悪文に悪戦苦闘させられる受験生も気の毒ですので、まぁ仕方ないのか…と思います。



また、色々読ませて下さい。
風さん (VIVA)
2006-10-27 21:01:59
はじめまして。VIVAと申します。私もいろいろ本は読みますが、小説は特に少ないので、半分以下でしょう。国語講師には、ほとんどすべて読んでいるという者が何人かいて驚かされます。好きなんですね。



入試に出る本は、ある一定の枠がありますから、どんなにすばらしくても、ずっとご飯と味噌汁を食べているようで、続けるとちょっと、ステーキや、スナック菓子が食べたくなっちゃうんですよね。



こうしてまとめてしまうと、ある作家や作品に集中しているように見えますが、5年間分ですから、全都道府県で各2題は、毎年出ますから、結構バラけているなと感じました。



これからも時々コメントいただければうれしいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。