本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『論理トレーニング101題』 野矢茂樹

2006年07月13日 | 科学
  
本来は大学の『論理学』で使用する教科書ですが、ただ読むだけであれば中学生でも充分読めますし、少し興味があれば、楽しくて“やみつきになる”可能性さえあると思います。

著者は、“この本の問題を解けば解いた分だけ論理の力が付くことを保証する” と言い切っています。国語の問題のような、数学の証明練習のような、一風変わった教科書です。

同じように、大学の教科書として出した斬新な前著「論理トレーニング」が好評であったため、一般の人でも楽しめて、しかも論理の力がつくように改良し、問題集という形式で出版されたものです。(前著は楽しめるタイプのものではありません)

哲学者であり数学者でもある野矢氏は、別の著書で「自分が論理学を始めてみると殊の外おもしろいことに気付いた」 と述べています。また、筆者自身にユーモアのセンスがあるため、記述がおもしろいのです。お堅い学問をやっている方だとはちょっと考えられないほど、読者を笑わせるのです(本書では相当控えています)。

問題の一つを引用してみましょう。

男性でもトイレで座って小用を足す人たちが増えたことに対する朝日新聞の記事 (2000年3月26日朝刊) からです。このことと関連した、以下の文のどこがおかしいのかじっくり考えてください。
【問】:【 次の文章のおかしな点を指摘せよ 】**********************

「清潔はビョ-キだ」 の著書がある東京医科歯科大の藤田紘一郎教授(寄生虫学) も、座り派の増加について「清潔志向が行きすぎてアンバランスになってしまっている」 と指摘する。「出たばかりの小便は雑菌もほとんどない。その意味では水と同じくらいきれいだ。何で小便を毛嫌いするのか。ばい菌やにおいを退けすぎて、逆に生物としての人間本来の力を失いかけている一つの表れでないといいのですが」

********************************************************

いかがでしょうか。すぐにわかれば相当論理的な思考の持ち主です。筆者の指摘の要点はこんな感じでしょうか。勝手にまとめますと…

小便が水同様きれいだからといって、こぼれたら拭くのが当たり前。床に水がこぼれているのと同じこと。毛嫌いではない。こぼしたくないのだ。シャツにコーヒーをこぼした人がコーヒーに雑菌がほとんど無いからといってそのままにするだろうか、

更に詳しい解説、厳しい批判が本書に出ているのですが、要するに「この文は勢いで読ませるもので、理論はむちゃくちゃである。平気でこういう記事を書く新聞も問題だが、それ以上にこの文章を違和感無く読んでしまう我々こそ問題である」ということになります。

おもしろそうだと思いませんか?

ついでに申し上げますと、英語学習では特に、論理性が重要なのですが、わかっていない高校生が多いですね。このことは、大御所の渡部昇一先生も以前から、「国語で論理を教えるべき」と指摘しておられますし、最近では、ドラゴン桜だけでなく、灘高キムタツ こと木村達哉先生や、竹岡広信 先生も、ご自分の参考書の中で、かなり強調されています。

というわけで、高校生にもお薦めです。当教室 でも時々これで遊んでいます。


http://tokkun.net/jump.htm

論理トレーニング101題

産業図書

このアイテムの詳細


『論理トレーニング101題』野矢茂樹
産業図書:182P:2100円


P.S. 書き終わってしまいました。
ということは、“本書を読んだ私”は、論理的な力が付いているはずだし、この文章も、それが発揮されていなければおかしい。論理的にはそうですよね(笑)。もし↑の文が、論理的でなければ、それは私の問題の解き方が雑なせいであって、本書が悪いのではございません。判断はみなさまにお任せです!


■■まぁ論理的である、と思われたら、ご協力下さい(笑)。■■

にほんブログ村 本ブログへ ありがとうございます。何とか1位です。
 強豪のぶあつい壁に挑戦中です。あとおしを!
ブログランキング あっ後ろから…
『本』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『痛快!ローマ学』塩野七生 | トップ | 『お金持ちなのになぜか借金... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazu4502)
2006-07-13 22:34:09
お疲れ様です、vivaさん。

お玉おばさんって強いですね、頑張って1位になってくださいね。

頑張れ!viva!

viva応援団より
kazuさん (VIVA)
2006-07-14 00:32:38
ありがとうございます。kazuさんのブログでエネルギーもらってます。今日のコメントが一番うれしいです。やれるだけやってみます。
自分を鍛えるのによさそうな本ですね (Mizo)
2006-07-14 10:33:20
会議中に発言していている最中に「あれロジックが破綻しているかな?」と思うことがある私にいいような気がします。

書店で内容を確認してみます。

ところでブログ人気投票のボタンを押すと、そのサイトのトップページが単に表示されるだけなのですが、これって投票していることになるのですか?
ランキングすごいのですね。びっくり。 (街中の案山子)
2006-07-14 10:34:33
論理の問題ですけれど、明晰なVIVAさんの解釈に質問していいですか。

こぼしたのが嫌だから、拭くのであって、「病的なほどの清潔好きではない」、水であっても、コーヒーであっても同じ。とありますが、一般できには、検尿コップに入ったばかりの尿でも、できたら遠ざけたいという心裡があるのではないですか。

ばい菌を嫌う清潔好きに、臭いまで、セットに表現しているところが、論理の説明不足、というか飛躍があると見ることは、できませんか。

教えてください。
Mizoさん (VIVA)
2006-07-14 12:24:52
こんにちは、そうですね、ご覧になって、内容を確かめてください。本当に国語の問題をやっているように読めますが、『論理学』という学問は確かになかなかおもしろいです。また、そちらにもおじゃましますね。Mizoさんのお薦めになっていた本も未読ですが、購入済です。



あと、ランキングは押していただけるだけで結構なんです。本当にありがとうございます。
街中の案山子さん (VIVA)
2006-07-14 12:41:59
いや、明晰は勘弁してください。

今、たまたま本書が手元にありませんので、私なりの解釈ですが、要するに



『なぜ、すわって用を足す男子が増えたか?』

に対して



『清潔志向が行き過ぎてアンバランスになったから』

になったという回答ですね。



“アンバランス(これも実は意味不明)になる”と“(男は)すわる”という論理が説明になっていないということでしょう。



『なぜ休んだ』と言われ『熱が出た』と答えるなら、普通“熱が出れば…”という推測から理論的には説明不足でも、相手に通じますが、↑の例ではダメということでしょう。



アンバランスになるとなぜ男はすわって用足しをするのかがわかりません。



さらに『尿をこぼしたくない』という男子の気持ちに、『ばい菌がないのだから、毛嫌いするな』と言っているわけですが、たとえ水でも、ジュースでもこぼしたくないですよねという感じでしょうか。



うまく伝わらなかったら、私の力不足です。
買っちゃった (Mizo)
2006-07-14 23:02:41
さっそく買ってきました。

少しづつ解いていこう・・・・
Mizoさん (VIVA)
2006-07-15 15:59:24
まぁゆっくりお楽しみ下さい。理論家同士でこれからお話できるはずなんですよね(笑)。
Unknown (涼微)
2006-12-26 15:10:06
こんにちはm(__)m

これから、トラックバックする際には一言添えさせていただきますね。

本書を読んで接続詞の使い方と文書の形式がかなり良くなりましたね。これを高校時代に読めたらなぁと少し後悔しているところです。

ということで、今後ともよろしくお願い致します。

涼微さん (VIVA)
2006-12-26 17:30:07
こんにちは、ええぜひそうして下さい。うれしいです。

この本は、実に読み応えがあるというか、頭を使いますね。近いうちにちょうど野矢氏の本をUPしようと思っておりましたので、驚きました。

こちらこそよろしくお願いします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
東京タワーとクラウンライターライオンズ (〓福岡ソフトバンクホークスが世界一に輝く日〓)
〓人気blogランキングへ〓 ベストセラー『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』(リリー・フランキー 著)の中の一節。。。 「やっぱり、江川は福岡に来んやったね」 「もう、クラウンも駄目やろう」 「だいたいがよ。百円ライタ ...
論理トレーニング101題/野矢 茂樹 (書評ぽーたる)
採点 80点 内容 論理的な文の書き方を、問題→解答形式でトレーニング 読んだ動機 論理に興味があったから こんな人にお勧め 文章を論理的に展開したい人 内容のレベル     7 論理的文章のススメ まず、本書の初めは、接続詞の ...