本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『やさしさの精神病理』 大平健

2006年07月26日 | 新書教養
 

「年寄りだとみなされる不快感を与えないように席を譲らないやさしさ」
「だまって返事をしないやさしさ」
「好きでなくても結婚してあげるやさしさ」
「友達には心理的な負担を与えたくないから悩み事を相談しないやさしさ」…

気をつかっているというのは、わかりますが、不可解な「やさしさ」 が若者の間に広がっているというのが、筆者の主張です。

本人は、それが本当の「やさしさ」 だと心から思っているのですが、“他人のことを思いやる” というより、“感情を害したくない” または逆に“自分が嫌われたくない” という思考回路でしょうか。

筆者は精神科医で、多くの症例で、患者とのやりとりを紹介しています。若者は互いに傷つくことを恐れ、負荷のない人間関係を求めようとするという指摘ですが、これはいろいろな評論家も指摘していることですし、私も生徒を見ていて、“つながっているけれど、それほど関係は深くない” と感じる場面は増えています。

精神的に思いつめた人は、筆者のような専門家に心理的な負担を委ねようとします、が、カウンセラーが「良い人」 だとやはり負担をかけることを回避する人もいるようです。

なにやらややこしい話になってきたなという印象です。ストーリーがありますので、読み物として読んでも面白いのです。「男らしい人」より「やさしい男の人」の方が今はモテるそうです。ハイ。


http://tokkun.net/jump.htm




P.S. 「真剣に叱ってくれる人が本当に優しい人なんだ!」、ということで、私はいつも生徒たちを本気で叱っております。すごい勢いでしかりますが、やっぱり怒られるのはイヤですよね(笑)。難しい。

やさしさの精神病理

岩波書店

詳  細を見る



■■ 記事に賛同されましたら、クリックをお願いします。m(__)m ■■
  ↓        ↓        ↓
にほんブログ村 本ブログへ  ブログランキング


読書書籍・雑誌ニュースbookおすすめサイト趣味自然夏休み英語東大リスニングリーディングセンター試験ドラゴン桜
『本』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『和魂和才』 童門冬二 | トップ | 『確実に英語力が上がるシャ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
灘高の木村ですが・・・ (キムタツ)
2006-07-26 12:24:36
誰も他人に嫌われたい人なんていませんからね。ここは叱っておかないとこの生徒のためにならない、と思った場合には、たとえ嫌われたとしても、叱ったり注意したりすることになりますよね。



他の人に嫌われるかもしれないという気持ちに打ち勝つ「強さ」も優しさの1つの要素かなと思っています。まぁ、木村はそれほど強くないので、すぐにアルコールに手を伸ばすわけですが(笑)



失礼しました。クリック、毎日しております。



ほんとで~す (○子)
2006-07-26 12:39:26
あっ!キムタツ先生だ!

でもVIVA先生もほんとによく叱りますよねふふ。
こんばんは (シン@偽哲学者)
2006-07-26 19:22:40
この本ちょっと気になってたんですよね。

優しさ、甘さ、褒める技術に叱る技術と

最近の教師はほんと大変です><
Mr.キムタツ (VIVA)
2006-07-26 20:52:05
何という、タイミングでしょう。ちょうど少しだけ、先生のリスニングに触れようと思っておりました。



それはそうと…



本当におっしゃるとおりで、生徒のためだと思って、ムリに強く言うことがあります。私も強くないので、同じように手をのばすわけです。クリックをしていただいているとは、本当に恐縮です。先生も見事1位返り咲きですね!強いなぁ~。



おっと、もうひとつ、ご覧になっている方についでと言ってなんですが、キムタツリーディングすごい売れ行きらしいです!よかった、よかった。



http://juken.alc.co.jp/kimutatsu/archives/2006/07/post_334.html
○子 (VIVA)
2006-07-26 20:53:11
お前、よけいなことを~!まぁコメントありがとうございます
シンさん (VIVA)
2006-07-26 20:54:46
そうなんですよ。いつの時代も大変でしょうが、子どもをよく見ていないと、ほめなきゃいけない子もいますからね。失敗が許されません。コメントありがとうございました。
相手を思うように (yumamit)
2006-07-30 19:34:57
VIVA先生の普段の様子が伺われまして楽しいです。



摩擦や衝突をさけ、かかわらないようにする術を

いつしか身につけてしまうのは何故でしょうね。
yumamitiさん (VIVA)
2006-07-31 08:45:16
おはようございます。そうなんですよ、実は、VIVA先生はよく叱るんですよ(笑)。でも、最近は、何で叱られるのか分からないといった感じの生徒も増えているように感じます。宿題をサボったり、遅刻をしたりした時、『一緒の授業をしている他の人に迷惑がかかる!』というのが、一番確実に効きますが…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。