本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『オリンポスの果実』 田中英光

2007年02月24日 | 小説

 

オリンポスの果タ.jpg



国立大学の試験を明日に控えている受験生。まわりが参考書をあさっている試験会場で、ゆったりと足でも組んで、小説を静かに読んで、余裕を見せつけてるという作戦はどうだろう。

実は私も自分がどことなく緊張しているのが分かりますので、普段はあまり読まないような小説で、現実からはなれて少し落ち着きたいというような心境かも(笑)。

さて、本書ですが、1940年(昭和15年)に発表された古い小説です。

太宰治の墓前で、あとを追って自殺をした作家がいると聞いていて、名前も覚えていなかったのですが、先日偶然見つけて読みました。本書の著者、田中英光という作家をご存知でしたか。


早稲田大学在学中の1932年(昭和7年)、ロサンゼルスオリンピックに、ボート競技のクルーとして出場するという異色の経歴の持ち主です。そして本書もその渡米の折(もちろん当時は船旅ですが)のことをもとに書かれた私小説です。

世界恐慌直後のこのオリンピック、日本は水泳だけで5つの金メダル、あの3段飛びで有名な南部忠平さんも金メダルを取っています。残念ながら著者の出場したボートは予選敗退でした。


主人公の青年は純真な心でいろいろなものをながめるのですが、オリンピックのボートの代表選手の中では下っ端で、その上気が弱いため、他のクルーにからかわれたり、先輩からしごかれたりしてばかりです。

いよいよオリンピックに出場するために船上の人となります。そこで同じ日本代表選手の女性・熊本秋子に心惹かれます。もちろん告白する勇気はありません。どころか一緒に少し話をしているところを見られただけで、冷やかされ、ついには叱られる始末。日記に彼女への想いを綴れば、先輩に読まれてしまうというような…。


男女の付き合いに関しては、時代背景もありますね、もちろん。全編、船に乗る直前から、戦いを終えて帰国し船を降りるまで、その彼女に対する思いを綴った一冊です。


何と言ってもオリンピックですから、国を挙げての応援もありますし、日本を出ても選手は国の英雄としてたくさんの女性や新聞記者が寄ってきますし、日系人らから最高のもてなしを受けます。でも彼女のことがいつも気になってしまう。

オリンピックの晴れ舞台へ上がること、その夢を実現したヒーローですが、実は、女々しいわけで、ストーリはとても単純です。なのですが、昭和初期という遠い昔の時代が逆に新鮮で一気に読んでしまいました。すばらしい小説だと思いますが、内容はそれだけです(笑)。


今、確認してみますと、すでに本書は入手が困難になっているようですが、青空文庫にありました。最初だけコピーしておきます。よろしければお読みになって下さい。

 

■■■ 本文書き出し ■■■

秋ちゃん。
 と呼ぶのも、もう可笑(おか)しいようになりました。熊本秋子さん。あなたも、たしか、三十に間近い筈(はず)だ。ぼくも同じく、二十八歳。すでに女房(にょうぼう)を貰(もら)い、子供も一人できた。あなたは、九州で、女学校の体操教師をしていると、近頃(ちかごろ)風の便りにききました。

 時間というのは、変なものです。十年近い歳月が、当時あれほど、あなたの事というと興奮して、こうした追憶(ついおく)をするのさえ、苦しかったぼくを、今では冷静におししずめ、ああした愛情は一体なんであったろうかと、考えてみるようにさせました。

 恋(こい)というには、あまりに素朴(そぼく)な愛情、ろくろく話さえしなかった仲でしたから、あなたはもう忘れているかもしれない。しかし、ぼくは今日、ロスアンゼルスで買った記念の財布(さいふ)のなかから、あのとき大洋丸で、あなたに貰った、杏(あんず)の実を、とりだし、ここ京城(けいじょう)の陋屋(ろうおく)の陽(ひ)もささぬ裏庭に棄(す)てました。そのとき、急にこうしたものが書きたくなったのです。

 これはむろん恋情(れんじょう)からではありません。ただ昔(むかし)の愛情の思い出と、あなたに、お聞きしたかったことが、聞けなかった心残りからです。
 思わせぶりではありますがその言葉は、この手記の最後まで、とっておかして下さい。

■■■



いかがでしょう。こんな甘ったるいのは、受験生には不向きでしょうか(笑)。大学に合格して、オリンピックに出場したらもてるぞ!とは言えそうです。


おもしろそうかな、と思われた方は、青空文庫で続きをどうぞ。

      
 青空文庫 → オリンポスの果実】 

 




 ■■■ 大学に入ったら恋愛も!?■■■

受験生諸君に激励のクリック、よろしくお願いします。
 

↓            ↓

人気blogランキングへ  にほんブログ村 本ブログ  

↓              ↓

ブログランキング         


http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】

 

 

P.S. そういえば田中英光を検索すると、tani大先輩から教わった作家、宮本百合子が田中に触れた一節がありました。文学オンチの私には分かったような分からないような内容でしたが、参考までにご紹介してみましょう。


労働運動の波が高まった年々の間に、たくさんの職場から若い作家が生れかけた。小説は、勤労する人民としての個々の日常生活を題材とし主題としたものが多かった。組合活動とはなれる職場作家という問題は、その根源に、文学のそとの複雑な基本的諸問題をふくんでいる。民主的な文学の陣営に属しているいくたりかの既成作家の文学活動がそのよくない影響によってそういう結果をひき出しているという強弁が一時流布したことがあった。そして一方に、文学に対する経済主義の偏向があらわれた。民主的評論、批評の活動は、あやまった一方的な見かたを正しい関係におき直すために多くのエネルギーを費さなければならなかったが、いわば、そこで息切れした。田中英光の「オリムポスの果実」からはじめられて「少女」「地下室にて」を通り「野狐」その他に到った過程の検討を、民主的批評がとりあげることも必要であった。しかしそれはたいしてされないままであった。現代文学はいつの時代よりも創作態度が意識的になっている。その意識性は、現在大部分がそこに陥っているように商品としての独自性を形成してゆく意企として存在するばかりではないはずである。



全文はこちら ⇒ 【現代文学の広場】 -創作方法のこと・そのほか- 宮本百合子

オリンポスの果実 (1969年)

麦書房

このアイテムの詳細を見る

 
田中英光選集〈第1巻〉オリンポスの果実 (1950年)

月曜書房

このアイテムの詳細を見る


『オリンポスの果実』 田中英光
新潮社:131P:280円

 

 

『小説』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いよいよ国公立大学受験・前... | トップ | 『大衆食堂の人々』 呉智英 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (milesta)
2007-02-24 14:10:11
生徒が受験だと先生も落ち着かないんですね。私は合格発表を見に行って、合格だったので安心して連絡もせずにラーメンを食べてからのんびり登校したら、担任の先生に「職員室中で心配してたんだぞ。」と叱られました。先生の心、生徒知らずでした。反省。

この本は読んだことはありませんが、昔の名作がどんどん手に入りにくくなっていますね。「本を読もう!VIVA読書!運動」を起こして、もっと本を読んでもらわないと・・・。
milestaさん (VIVA)
2007-02-24 15:12:14
ラーメン!きっとおいしかったことでしょう(笑)。そうですよ、特にうちの塾は個別指導が中心なので、一人も落とせない。連絡がちょっと遅いだけで、講師陣たちは落ち着きません。ラーメン食べてたなんて言われたらすかさずパンチ!ですかね(笑)。

朝の読書運動というのが、日本中の学校に広まってそれなりの成果をあげているみたいですよ。当教室の近くの学校ではあまり聞かないのですが。

で起こっているのは、やはり二極化ですかね。読書感想文の宿題は昔は定番でしたが、今は推薦図書は出しても感想文の提出は任意というところもよく聞きます。ボクが子どもだったらまず出さない(笑)。

全く学校は本気なのかどうなのか良く分かりません。ちょっと話がずれました。ごめんなさい。
Unknown (あーりー)
2007-02-24 16:40:34
試験の直前、みんなが参考書をめくっている中、ひとりで窓から空をながめるというアピール(誰に!?)をしたことがありますが、かえってドキドキしました。

そういえばいつも直前にチェックした内容ほど試験に出てくれた気がします。ラッキー♪と思いました。
あーりーさん (VIVA)
2007-02-24 20:30:10
おお、やりましたか!でも自分がドキドキじゃあダメじゃないですか、逆効果です(笑)。ヤッパリ直前まで勉強?

実は私も試験の昼休みに、食事をしながら見ていたグラフと同じものが、政経のテストで出た経験があります。
taniくんがまた出て来た! (tani)
2007-02-24 23:02:28

オレもその頃、自殺すッか!!
などと考えたもの弟子た。ヤッパリ生きていた方がいいですね。死刑反対です。絶対!!!
今朋友の演劇にハリコンデいます。
未完のブログですがTBします。そんで輪。
良い本とのめぐりあい (ysbee)
2007-02-25 04:47:54
VIVAさん
いつも「みずみずしい文学」を紹介してくださって、ありがとう!
十代の頃は、純文学とかプロレタリア文学とか社会派小説とか、
そんなふうな、老練の大人が勝手につけたラベルもおかまいなしに、

行きつけの本屋へ行く > 好きなコーナーに立つ > 気になる題名の本を棚から取り出す > ぱらぱらっとめくって読んでみる > もっと読みたいと思う > 買う

という、実に単純な自分と作家とのめぐり遇いを楽しむプロセスがあって、
その過程で誰にそそのかされた訳でもなく、自分でみつけた宝物……
という価値が生まれていたような気がします。

そんな中で自分の背骨にくくりつけてきた作家が随分いる訳で、
太宰や梶井基次郎などは、今読み返してもまったく飽きるということがなく
こういうものを古典というのだろうな、
と古希(!)に近くなった今頃になって悟っております。

時代の新旧を問わず、良い作品には
こころにストレートに伝わってくる作家の魂が生きており、
その片鱗は、今日の『オリンポスの果実』のほんの冒頭からさえ、
充分に味わえます。

あらためて、VIVAさんの「良いもの」を見つけて紹介してくださる
ハンター精神(?)に、ありがとう!と言わせてください。
Unknown (雨)
2007-02-25 10:16:37
この作家の息子も、確かSF作家でしたよね。太宰の娘も作家ですよね。面白いもんです。

最近読んだ本。

ホイチョイプロダクションズ『気まぐれコンセプトクロニカル』(小学館2200円)

宇城憲治監修、小林伸也『古伝空手の発想』(光文社新書735円)

宇城憲治『武術を活かす』(合気ニュースムック1890円)

小林伸也『宇城憲治師に学ぶ心技体の鍛え方』(草思社1300円)

サイモンシンはいつ読むんだ?(笑)
先輩 (VIVA)
2007-02-25 16:56:39
ええ、そうなんです。taniくんはいろいろ教えてくれるので、尊敬してます。酒飲んで好きなこと言ってますが、うらやましい限りです。

(おおこわ・叱られそう…)
ysbeeさん (VIVA)
2007-02-25 17:02:14
古希ですか、それであれだけのエネルギー。すごいなぁ~、上のtani大先輩は192◎年生まれの文学博士。

こうして諸先輩にいろいろ教えていただけて、本当にブログやっていて良かったと感謝しております。

ハンターのように狙いを付けられれば良いのですが、まだ若輩者ゆえ、良さそうと思ったものをかき集めるギャザラー止まりです、ハイ。

いつも暖かいお言葉ありがとうございます。
雨さん (VIVA)
2007-02-25 17:04:32
そうなんですよ。自殺した作家の子どもがまた作家を志すんですね。おもしろいものです。

ところで、雨あにき。記事にしました。見りゃわかるか(笑)。これからも良い本いろいろ教えて下さいね。
さばの読み過ぎ (ysbee)
2007-02-25 17:25:08
VIVAさん、マジにとられてしまったようで……
古希に「近い」のほうにアクセントがあって、
正確に言えば来年還暦を迎えます。(いちおう団塊のピーク)
(自分でもしゅ~んじゅらりぇにゃ~いっ!)

まぁ、どちらにしても「お年」には変わりないわけで……
でも年がいくと精神的エネルギーの貯め方が巧くなるようです。
ふんふん、ふん……と聴いていているようで、
実は明後日の予定を立てているようなしたたかさが身に付いてくるのは、我ながらいやだなぁ、と
(実際理解してるんですよ、一瞬で。経験上枕詞で結論がわかる)

だからなおさら、純文学だとか、作家の処女作だとか
世間受けを狙わないピュアな作品に、心が戻るのかも知れませんね。
以上、土曜日のごたく、でした。

(いつもごたくに付き合ってくださって、VIVAさんには頭が下がります。先生じゃなかったら、きっと心理学のお医者様で、患者のごたくを聴いてる立場でしょうね)
次は文化勲章 (tani)
2007-02-25 21:08:45
小生も文学博士の称号を頂いては、次は文化勲章を狙うししかあるめえ!
文部科学相さ、ゴマすっても、いまわダメだっぺな。
「ノーめル賞」は裏工作次第では?
池ねえ。場所柄を弁えねば。反省。最敬礼。
ysbeeさん (VIVA)
2007-02-26 02:18:24
なるほどそうですよね。学生運動で古希じゃあちょっと計算が…と思っていたところです。大変失礼いたしました。

駄文に貴重な情報およびコメントいただけるのですから、ごたくなどと思ったことはありません。ごたくを書いている人は…、

あっ殺される(笑)。
仏さま (VIVA)
2007-02-26 02:36:46
いや・あの超大先輩。tani先輩は博士では足りないくらいです。

だって簡単に茨城の警官言いくるめたり、創◎◎会を手玉に取ったり、私などこうしてコメントいただけるだけで恐縮です。格が違いすぎますので…。


先輩と受賞を争えそうなのは『の~メル賞』。これならボクだってきっとノミネートぐらいはされる資格がある。それでも義兄のお宅で高級酒をただ飲みはできません。あ~

少し頑張って、本が『よ~メル賞』で先輩に1ミリでも近付こうという今日このごろです。

本物の若輩VIVA 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
成功! (狸便乱亭ノート)
戦争と平和 (PETITES NOUVELLES)