本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『100万回のコンチクショー』 野口健

2006年09月24日 | エッセイ



一人の日本人青年が、1999年、エベレスト登頂に成功、ついに七大陸最高峰最年少登頂記録を達成、と聞いた時は、本当にうれしく、誇りに思いました。すごい人物がいたもんだと。これは正真正銘の快挙で、当時、野口さんは25歳ですね。

どんな若者なのか、私は勝手に “山を何より愛する男” として、寡黙でストイックなタイプの人がらを想像していたのですが、本書を読んで、また、テレビなどに登場する姿を見て、山男のイメージとはまったく違うとわかりました。


本書は、文字通り、“命がけ”で生きてきた、野口健氏のエッセーです。単にエネルギッシュという言葉では、表現したくないほどエネルギッシュ(?)、寡黙どころか、積極的にいろいろなことに発言しています。

その彼の行動の原動力は “怒り” だというのです。じっと辛抱することより、怒りをばねにして、行動に移すのですね。 富士山やエベレスト清掃登山などでも話題になりましたが、それを始めたのも、外国の登山チームに 『日本のマナーは三流』 だとけなされたことで、書名にある “コンチクショー” となるわけです。


しかも、単に掃除するだけでなく、当時の橋本首相との会談に、エベレストに残っていたゴミを持参し、一国の首相をびっくりさせ、理解、協力を求めるあたりの大胆かつ冷静な戦略も、彼の真骨頂です。父親は外交官だそうですが、誰が相手であろうと、ひるまないのですね。

登山の記録もすごいけれど、正義感もすごい。学校の勉強は苦手でも、本物の知性を持っていて、家族や祖国に対する率直な愛情と、けたはずれの行動力もすばらしい。


そして、学校嫌いだった彼を変えたのは、停学中に読んだたった一冊の本。冒険家 “植村直己” の本だったそうです。

もちろん本のすばらしさもさることながら、たった一冊の本が、野口氏の、それこそ冬山のヴァージンスノーのような彼の心の中に、ドッカと足跡を付けたんでしょう。それ以降、自分の人生をガラッと変えてしまう潔さ、(いくらたくさん本を読んで、ブログで他人に紹介していても、ぜ~んぜん自分は変わらないおっさんが多い中、〔ハイもちろん分かっております〕) これが大変、印象的です。


2004年には、自民党から参議院選出馬要請までされて、本人もそれを快諾していたというではありませんか。ところが、『タレント候補』批判にさらされ、それに反発して辞退してしまいます。

30歳を超えても、子どものころからの“コンチクショー”の精神は微塵も衰えていないようです。 中高生、特に自分のやりたいことが見つからないという人は、読んでみたらどうでしょう。大いに刺激を受けると思います。(あっ、あと、疲れたおじさんたちも)



http://tokkun.net/jump.htm 

『100万回のコンチクショー』野口健
集英社文庫:278P:560円



■■
 怒り 
  ■■

【怒り】の段階までは、到達する人が多いと思いますが、それを前向きの行動に変えるのは難しい。ついついグチを言って解消したり、他人のせいにしたり、八つ当たりになってしまいませんかね。見事、頂上を極める人間はすごいもんです。

おかげさまで、ブログランキングも頂上は、と~ってもはっきり見えていますが(笑)、あまりにも高いです。一歩ずつですね。応援のクリック、どうかよろしくお願いします。

→  ありがたいことです。記念バナーをいただきました。なるべく長く使えますように。

できればこちらも→ にほんブログ村 本ブログ  現在1位です。

 

100万回のコンチクショー

集英社

詳細を見る

『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『アイデアのつくり方』 ジ... | トップ | 『人はなぜ、夜空を見上げる... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (milesta)
2006-09-24 19:12:23
野口さんの本は読んだことがありませんが、もの凄く行動力のある方だなぁと思います。子供の頃母からよく「口はいいから手を動かせ。」と言われたことや、学校の先生が「“やればできる”はやらないのと同じ。」と仰っていたことを思い出します。

この本を読んだら、今からでもフットワークが軽くなるかな???
人生を変える本 (ysbee)
2006-09-25 06:58:47
若い頃に感銘を受けた本というのは、一生心に残りますね。

私の場合は誰だろう。あまりにも乱読・雑読で沢山挙げたいんですが、しいていえばロマン・ロランかな。おざなりの宗教感や道徳感を超えた自我・目的意志みたいなものが根付いたように思えます。その後の実存主義の土壌になったのでは・・・

でもいまだに立原道造のような耽美的センチメンタリズムにも弱く、硬軟バランスよく年取ってきたようで。



お子さんをお持ちの方へ、ゲームよりも本をばんばん与えましょう。「知」の栄養は本からです。
milestaさん (VIVA)
2006-09-25 10:21:20
お父さんが、外交官で、お母さんには確か4カ国の血が流れているとか…。確かにハンサムで日本人離れした顔立ち、行動力も日本人離れです。



動くためには、怒りを持たないとだけだそうです(笑)。
ysbeeさん (VIVA)
2006-09-25 10:27:28
貴重なコメントありがとうございます。バランスというのも難しいですね。



おっ、偶然、ここに書いていただいたmilestaさんもysbeeさんも海外ですね。以前おっしゃっていたように、一年くらい海外へ行ければ、かなり自分のバランスも修正できそうな気がしますが…。



いつもありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。