本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『夢は大衆にあり』 青山淳平

2006年11月29日 | ビジネス書・マスコミ関連


【夢は大衆にあり】 青山淳平.jpg


違法でなければ、何でもやってよいと考える経営者が目に付きますね。


坪内寿夫という人物の生涯を描いた一冊ですが、坪内氏をご存知でしょうか。かつては、倒産しそうな企業を次々と建て直し、再建王と呼ばれ、松下幸之助本田宗一郎中内功などと並び称されたほどのカリスマ経営者です。


もともとは映画館など、娯楽施設などの事業で得た金を、人から頼まれ、地元の倒産寸前の造船会社に注ぎ込み、大発展させます。とても会社とは呼べないような企業でしたが、 “人を助ける” という信念で、猛烈に働き、動き回ります。

みなの反対を押し切って、犯罪者の更生施設までその近くに、自分の金で建ててしまうほどですから、その人格がわかろうというものです。仕事の尊さを知って欲しい、雇用を提供したいということですね。


そうした再建の手腕で、実績を上げ有名になり、扱う企業も地元の小規模業者から、どんどん大きな会社へと移っていきます。すると、マスコミや政治家などを使った卑劣な妨害や、労働組合との激しい戦いも出てきます。そのあたりの攻防も読み応えがありました。あらん限りの知恵を出し、それでも敵をうらまず、すべてを成し遂げるのです。


やがて、晩年をむかえ、自分の再建した企業が造船不況のあおりで、苦境に追い込まれた時も、責任をすべて自分ひとりで引き受け、個人資産一切を会社の負債の肩代わりに当て、裸同然で表舞台から身を引いてしまうのです。

ダイエーの中内氏のような経営者とは、対極にある生き方だと感じます。


造船不況の深刻さは、河本敏夫 氏を覚えている方はご存知だと思います。かつては、自民党三木派をついで、総理候補にもなった超大物政治家でしたが、三光汽船という、自分が実質的オーナーであった会社が倒産に追い込まれたことで、事実上失脚、夢を絶たれました。

戦後最大の倒産と騒がれ、当時の業界を象徴するような出来事でした。田中角栄には、“自分の会社をつぶすような人間に国政をゆだねられるか”と、強烈に皮肉られたものでした。


業界全体が、塗炭の苦しみにあえいでいる、こういう厳しい時代、やがて政府までも、坪内氏の経営手腕に期待し、氏を担ぎ出そうとする案件が出てきます。


そして、そこに登場するのが、あの白洲次郎です。以前、『英語達人列伝』では、すごいエピソードをご紹介しました。まさに国士とも呼べる人物です。場面はわずかですが、坪内、白洲の両氏の、思いもしなかったつながりに驚きました。マッカーサーと互角に渡り合った、あの白洲氏までも動いたのかと…。


このように、その人格に多くの人々がひかれて、数々の協力を得るのですが、やはり企業がらみ、政治がらみですから、嫉妬や利害関係の不一致は常にあります。時代の流れと、高齢には逆らえず、ついには上記のような結末にいたるのですが、もっとも深く関わった会社、来島ドックは生まれ変わって今もあります。


実に読み応えのある一冊で、深く感動しました。また、日本の造船業界は今やものすごい勢いで復活を遂げました。その影にこうした先人の努力があったことに、歴史の重みや、経営の大切さを学びました。ビジネス書としても、骨太の人物伝としても読めると思います。



http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】


夢は大衆にあり―小説・坪内寿夫

中央公論新社

このアイテムの詳細を見る



■■ ランキング  
■■

最後までお読みいただいてありがとうございます。少しでも参考になりましたら、応援のクリックをいただけるとうれしいです。何とか1位へ、拙ブログも 【再建中】 でございます(笑)。

  人気blogランキングへ    にほんブログ村 本ブログ  





P.S. 今日、本書を紹介しましたのは、相互リンクの yumamiti さん が白洲を取り上げておられたからです。“ブスかわいい” って知ってます???

ねえさん、Thank you!




『夢は大衆にあり』 青山淳平
中央公論新社:298P:1890円

『本』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『禅的生活』玄侑宗久 | トップ | 『地下経済-この国を動かして... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
yumamitiより愛をこめて (yumamiti)
2006-11-29 21:22:25
VIVAさんと皆さん、いつも、ちょこっとしかコメントできないyumamitiです。
ここで、わざわざ、ご紹介くださったので一言だけ申します。
VIVAさんは、私をおばさんと呼ばずに姉さんと呼びます。
いつのころからか、姉さんになってしまいましたが、
云ったもん勝ちというやつでしょうか?
長くなり、相済みません。
yumamitiさん (VIVA)
2006-11-29 21:32:31
ねえさん、今度、互いの免許証を、1・2の3で出しあいますか。

79%くらい、自信ありです

良いタイミングでした。ありがとうございます。
Unknown (milesta)
2006-11-29 22:09:19
こういう伝記物大好きです。すごい方なんですね。なのに今はあまり知名度は高くないですよね。

>責任をすべて自分ひとりで引き受け
スケールは違いますが、私の以前勤めていた会社にも、こういう上司がいて、それはそれは部下から尊敬されていました。
坪内氏について (PCU広報)
2006-11-30 00:55:02
最近は知名度が低いですが、当時はかなりの有名人だったと聞きます。造船業界や瀬戸内の方にとっては今でも英雄のようです。
私の勤める会社も、昔 来島どっくと取引があったのですが、造船不況で経営が傾いたときに取引を停止したようです。
新来島どっくとなり経営を立て直してからは、また取引を開始し継続しています。
今では造船業界も好調で当分受注残があるようなので安定していますが、当時は大変だったと思います。
好調なときに足しげく通って来ていた取引先から材料を納入してもらえなくなり、走り回ったのではないでしょうか。
昭和の偉人の一人かと思います。
坪内さん (ysbee)
2006-11-30 10:43:55
私が設計屋だった時代の社長が坪内さんに傾倒していたので、お名前だけはよーく知っておりました。
なるほど、そういう方だったんですね。その社長も裸一貫から幾度も紆余曲折を経て成功した方だったので、納得が行きます。
VIVAさんのブログは、いつも過去の記憶に埋もれていた良い思い出と巡り会えて、個人的にも感謝しております。

たまたま今日読んだvalenyさんのブログで「スマイルは体内の悪い細胞に対抗する免疫質の細胞が増えるのを助長する」という科学的根拠の話を読んだところなので、VIVAさんのブログも善玉細胞の増強に役立ってるなぁと思いました。
(いつも本と関係ない横丁へ迷い込んでスミマセン)m(v_v)m
milestaさん (VIVA)
2006-11-30 16:16:04
私も、すばらしい内容の伝記を読んだ時の爽快感は、自分にやる気も出て、大変好きです。確かに、世界のホンダや経営の神様に比べれば、知名度は低いのですが、すばらしい内容でした。

責任逃れが当たり前の世相ですから、際立っていました。

いつもコメントありがとうございます。
PCU広報さん (VIVA)
2006-11-30 16:20:55
そうですか、お勤めの会社と関係があったのですね。本書を読んだ当時、すぐに新来島どっくのHPを見たのですが、その時は、坪内さんに関するものが見つけられず、がっかりしました。感動のあまり、会社の前に銅像でもあるのかとかってに想像していましたから(笑)。

とにかく、すごい方でした。

ysbeeさん (VIVA)
2006-11-30 16:24:49
いや、これ以上ない褒め言葉、ysbeeさんありがとうございます。やはりお金まみれの世界ですが、心ある経営者は、坪内さんのような方にあこがれるでしょうね。ただし、言うのとやるのとは大違いですから、晩年にすべての財産を投げ出すことは大変でしょうね。
幸い、財産のない私は悩むことはないでしょうが…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。