本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『砂の文明、石の文明、泥の文明』 松本健一

2007年04月12日 | 新書教養

 

砂の文明・石の文明・泥の文明.jpg


温家宝氏が国会で演説しました。日本と中国で、“戦略的互恵関係” を築くのだそうですが、何が具体化してくるのでしょう。


さて、昨日取り上げました、『文明の衝突(ハンチントン)』 および 『文明の衝突と21世紀の日本』 では、日本と中国を異なる文明に分類していました。だからぶつかることが多いと。確かに中華思想にあるような、東夷・南蛮・西戎・北狄 という考え方は、日本では異質かなと思います。


ところが、今日、ご紹介する本では、日本・中国だけでなくインドまでを “泥の文明” として一くくりにしています。いろいろな見方があっておもしろいですね。

泥の文明というのは、日・中・印などの東アジアで、水田や、湿地、雨林などが多く、作物など恵みを与えてくれる天を神とみなし、共同体的作業や品種改良といったことが得意な人々が住んでいるところに生まれた文明です。


砂の文明は、アラブ、イスラムなど砂漠地帯の文明で、自ら生産活動ができないために、らくだに乗ってさまざまな物資や情報のネットワークを利用した交易が生まれたところ。バクダッドなどはその折のオアシスの一つだったそうです。  


石はヨーロッパに代表されるような、表土が薄く畑作をしようにも、すぐに岩盤に当たってしまうような土地に栄えた文明です。そういう地では農業の生産性は上がらないために、放牧や、それに手を加えるため、自然を理解し克服するために自然科学や、輸送などの技術開発が進んだという分析です。


簡単に言えばこのように分析をし、それぞれの民族性や社会を論じます。なるほどこうした視点から、世界を三つに分けて俯瞰してみると、すっきり整理できたような気がします。日本人論もおもしろかったです。


主な話題を取り上げますと

■人はなぜ「不毛」な砂漠に住むのか

■中国の「精神文明」、日本の「精神文化」

■「文化」は民族の生きるかたち

■「文明の衝突」はあり得ない

■「アメリカ原理主義」という病理

■アラブの国境線が点線である理由

■なぜ日本車が世界を制覇したのか

■日本文化の底層にあるインド文明

■力のヨーロッパ、美のアジア 



文明論と言っても、系統だった論文ではなく、エッセイのような書き方で読みやすくなっています。3つの文明をそれぞれ比較し、論ずる前に、第1章として「文明と文化の違い」があります。そこの部分だけは中学生にはちょっと難しいかなという気がしました。

目次です

●序章 砂の風土との戦い 

●第1章 文化と文明の違い 

●第2章 石の文明―外に進出する力 

●第3章 砂の文明―ネットワークする力 

●第4章 泥の文明―内に蓄積する力 

●第5章 「泥の文明」の中の日本 

●終章 文明としてのインド再発見




目次や内容を見て、おもしろそうだと思いませんか。実際、おもしろかったので興味のある方はぜひお読み下さい。

 


 ブログランキング 

いつもいつも本当にありがとうございます。

あと少し!応援のクリックをしていただけるとありがたいです。
がんばります。よろしくお願いします。
 
↓↓↓

                (1or2位)抜けそうで抜けませんが…

にほんブログ村 本ブログへ (1位) 

ブログランキング (2位)

  (6位)


  (お試し)
  
  

http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】



砂の文明・石の文明・泥の文明

PHP研究所

詳  細


 

 

『本』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『特進クラスの社会―有名中学... | トップ | 『現代文と格闘する』 竹國... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (milesta)
2007-04-12 22:16:33
面白そうですね。
石の文明の人がインドの自然信仰をバカにした発言をしたので、ちょっとムッとして「私たちも同じ。」と反論したことがあります。何で私こんなにインドを弁護してるのだろう?と思っていましたが、「泥」仲間だったんですね。
長新太さんの「どろにんげん」という絵本も泥の文明ならではの発想なのかしら・・・?
milestaさん (VIVA)
2007-04-13 00:14:04
そうらしいです。泥仲間です(笑)。

ハンチントンもすごいと思いますが、別の見方をすると、別の世界観がある。当たり前なんですが、それをこう表現できるのがすごいなぁ~と感じました。

本当は、いつまでも本を読んで感心ばかりしてないで、milestaさんのように、自分なりの世界観ができれば良いですね。
わかりやすい (ysbee)
2007-04-13 04:56:23
泥が農耕で、石が狩猟、砂が交易のそれぞれのシンボルというのは、
非常にわかりやすい、感性で納得できる分類ですね。
たしかにそう分けると、農耕民族は保守的平和主義者で、狩猟民族は攻撃的権威主義者、交易民族はその間をとりつなぐ改良主義的現実主義者、みたいな見方もできる気がします。

目次を見ても、「アメリカ原理主義」とか「アラブの国境線」「力のヨーロッパ、美のアジア」など、どの章もそそられるないようばかりですね。この著者は比較文化学者でしょうか。
(どうも日本の本にうとくて浅学でもうしわけありません)
こういうふうに大局で長い歴史のスパンで世界を観る方が、政治のブレーンとしても活躍していただけたらなぁ、とつくづく思います。
三位一体説=多神教?! (山ちゃん)
2007-04-13 08:11:48
> 石の文明の人がインドの自然信仰をバカにした発言をしたので

許せませんね。(^o^)

石の文明の人はあるときまでかたくなに天動説を信じていた人達ですからね。自然信仰を忘れてバーチャルな、こじつけとも言える三位一体説(←多神教とかわらないじゃないか!)信じるほうがよっぽどおかしい。

しかし、自然を壊してばかりいる現代の日本人と町にはかならず緑豊かな公園のあるヨーロッパ・・・、我々日本人は自然信仰を忘れ始めたのじゃないかと心配です。

ユダヤ教・キリスト教・イスラム教はすべて「砂の文明」に生まれ、ユダヤ教・キリスト教は「砂の文明」の上にではなく「石の文明」の上に根付いたのですね。
ysbeeさん (VIVA)
2007-04-13 11:50:29
うまいなぁ~、

『農耕民族は保守的平和主義者で、狩猟民族は攻撃的権威主義者、交易民族はその間をとりつなぐ改良主義的現実主義者』

なるほどこんな感じだと思いますね。ボクの代わりに書いていただきたい!

えっと筆者はですね、同姓同名が今ネットで調べて見ると4・5人いました(笑)。

この人です↓

http://www.php.co.jp/fun/people/people.php?name=%BE%BE%CB%DC%B7%F2%B0%EC
山ちゃんさん (VIVA)
2007-04-13 11:52:04
おっしゃるとおりですね。残念ながらヨーロッパの公園は知りませんが…。
松本健一 (ysbee)
2007-04-13 12:30:03
面白い教授を紹介してくださいました。
『評伝 北一輝』の著者なんですね。
団塊世代でこの時代に法政の人文科学専攻ということは、
多分何色かのヘルメットをかぶったことのある、反戦運動経験者じゃないかと察しました。

研究テーマが近代の日本精神史・アジア精神史、日本文化論、アジア文化論、そして所属の学部が国際経済学部・・・
非常に「学際的」な人物ですね。
猫の目のようにくるくると変わる昨今の国際情勢では、
もっとこういうマージナルな学者が重宝される時代になるんじゃないでしょうか。
遅れ馳せながら (『雨』代理人)
2007-04-13 12:37:25
TBさせていただきました。
ysbeeさん (VIVA)
2007-04-13 13:55:13
お~、そこまで読み取れますか。さすがお姉さま(笑)。

私は、“えっと、おもしろそうな本たくさん書いてんなぁ、じゃ、へんな人じゃなさそうだ” くらいです。

恐れ入りました。

ただし、ヘルメットなら!

自転車通学で白ヘルメット
工場見学で黄ヘルメット をかぶったVIVA
雨アニキの代理人さま (VIVA)
2007-04-13 13:57:53
はじめまして。アニキはTBが苦手(笑)なのは存じておりましたが、コメントはおできになるので(爆)、何かアニキに一大事かと心配しました。

ご丁寧にありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
池田晶子『勝っても負けても』 (『雨日記』)
朝五時起床。 久しぶりに千葉に行く。 350キロ、めいいっぱい荷物を積んでいるので高速道路でも時速80キロか90キロが精一杯。 当然一番左を走るのだが、それでも後ろからぐんぐん迫ってきてぎりぎりで抜く馬鹿な乗用車