本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

教育関連 【先生のお薦め本】 梅棹忠夫・北野大・浅羽道明

2007年02月13日 | 教育関連書籍

 

今月の当塾メルマガは教育関連の本特集です。受験シーズンのど真ん中でも、“メルマガのために、“書評お願いしま~す” と一言いえば、いやな顔一つせず(心は別ですよ…)、さっと出していただける。本当にすばらしい先生方です。


今回も非常におもしろそうな本が揃いましたので、ご紹介します。そういえば一度はこのブログにコメントや参考書解説をいただいた先生ばかりです。



『知的生産の技術』 
 梅棹 忠夫著 岩波新書 777円



詳細を見る

【K先生】

教育のあり方をめぐる議論、昨今やたら喧しく、教える側、学ぶ側の心構えや姿勢、「効率よい」学習のノウハウを説く本等々、書店の棚は百花繚乱。

とはいえ、何かを学び、力を伸ばすために最も必要なものはと問われたとき、私はあえて「学識」という古臭い言葉を挙げたいと思います。こんな言葉を使うのも、詰め込み式に脈絡もなく覚える用語といった浅薄な「知識」と区別するためです。

「学識」とは、手を動かし、様々に思いをめぐらす日々の積み重ねを通して身体化されるものに他なりません。一見すると要領良い知的発想法が説かれているかのようなこの本は、情報を整理すべくカードを使うことや、複数者で共有する利点ばかりではなく、それに至る試行錯誤を丁寧に語っています。

京都大学教授、国立民族学博物館館長を歴任し、紫綬褒章を受賞した著者が、ここで説いている一つ一つは、地道な努力の積み重ね以外のなにものでもありません。

具体的な作業から離れ、安易に事の核心に触れたいと気が急いでしまいそうな時こそ、より確かな一歩を踏み出すべく先人の苦労談に耳を傾けては如何でしょうか。






『教育のプロが語る「できる子ども」は環境で決まる』北野 大著 ダイヤモンド社 1680円


詳細を見る
 

【monta先生】

著者がさまざまな方と、よりよい教育環境にするための経験と工夫について対談しています。

例えば、100マス計算で有名な陰山英男氏、東京初の民間人校長である藤原和博氏、灘校の校長の河合善造氏、桐蔭学園の「中等教育学校」を開校した鵜川昇氏などの方々です。

できる子どもにするのは、やはり親の知恵も必要です。親の日常生活の中からも子どもは学習していきます。家庭でも実践できることが、本書にはたくさん詰まっていると思います。





『大学で何を学ぶか』 浅羽 道明著 幻冬舎文庫  520円


詳細を見る

【RYU先生】

教育に関する本からは少しズレるかもしれませんが、広い意味では「教育」に関する本と言えるでしょう。

「大学」という組織の教育機関としての問題をあぶり出した上で、学生が大学でなにをするべきかを示してくれるこの本は、少々議論が古いモノの、今の世の中でも通用する部分も多いです。

大学生になりたい人、大学生になったけれどつまらない日々を過ごしている人にお勧めです。


いかがでしょうか。どの本も読んでみたくなりますよね、ね?



■■■ ランキング ■■■

受験生と彼らを支える優しき塾講師にも…

応援の1クリック(4クリック)していただけるとありがたいです。


↓                 ↓

人気blogランキングへ   にほんブログ村 本ブログ 

ブログランキング      



http://tokkun.net/jump.htm 

(当教室HPへ)

 

 

ジャンル:
受験
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英語大学入試問題にチャレン... | トップ | 教育関連 【先生のお薦め本... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そういえば (あーりー)
2007-02-14 06:53:36
僕もむかし、大学で何を学ぶか…系の本を読んだことがあります。あの本、どこに行っちゃったかな(´∇`;)

それにしても、いつも驚かされますがブログの更新頻度がすごいですね!
いいニュース! (ysbee)
2007-02-14 07:46:07
VIVAさん、昨日は拙ブログの「うだうだ」に付き合ってくださいまして、本当にありがとうございました。
VIVAさんに本意を理解していただけて、スッキリしました。

今朝は1週間ぶりにハワイの空もカラッと晴れ、良い予感がしてましたら、
朝一のニュースで「北が核を放棄!」の速報が……
気分を一新して翻訳しております。
安定化するといいですね。戦争指向は、政治が未熟な証拠ですから。
受験勉強の先を (bucky)
2007-02-14 11:19:32
見失わないように、特に大学を受験する人達は考えておいた方が良いし、周囲の大人もサポートするべきなのでしょうね。
というか、小さいときからそういう視点を見失わないように勉強させるのが大切なのだな、と最近しみじみ思います。
私も大学時代にずいぶん悩んで今思うと難しい本を読んだりしましたが、今がその結果であると考えると???

あーりーさん (VIVA)
2007-02-14 12:30:27
あーりーさんのような、“プロの書き手”からすれば、こんなのは子どものお遊びでしょう(笑)。他の先生方の協力あってこそなんですよ。

そのうちにあーりーさんの著作も取り上げますね!少々お待ちを…。
ysbeeさん (VIVA)
2007-02-14 12:34:14
そうなんですか。本当ですか?良かった~。少しでもお役に立てれば。いつも励ましていただいている、100分の1にも満たないのですが。

北朝鮮!ちょっと最近ニュースもじっくり見ておりませんでしたが、やはりそうなりましたね。落としどころが決まったんですね。

我らが日本外務省は大丈夫なんでしょうかね~。毎回のことながら存在感が薄れて行っているように感じてしまします。そちらのブログでまた情報教えていただきます。
buckyさん (VIVA)
2007-02-14 12:40:55
おっしゃる通りでございます。buckyさんも悩んだ、それで、“結果”なんてまだまだじゃないですか。大学時代に難しい本、要するに、哲学とか人生を扱った本を読むのはとても大切だと思いますね。

塾講師にもそういうことを経験している先生がたくさんいますが、そういう人の授業は間違いなくおもしろいし、私も時々聞いています。

就職に備える機関としての大学で専門知識を身につける必要もあるでしょうが、その機能とは別に、人生を考えるまたとない黄金期でもありますね。
懐かしい本 (milesta)
2007-02-14 19:19:03
懐かしい!『知的生産の技術』読みました。高校時代かな?大学かな?いずれにしてもかなり昔。
情報整理の方法をこの通りにやれたらすごいなぁと感動を覚えたけれど、この通りにやったことはありません。(笑)
milestaさん (VIVA)
2007-02-14 21:11:30
こんばんは、コメントありがとうございます。やっぱり情報整理はパソコンのない時代から重要な要素だったんですね。すいません、はずかしながら未読です。でもK先生の書評読んで、買ってみようかなと思った一冊です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。