本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『いつでも夢を TOKYOオトギバナシ』辻内智貴

2006年12月25日 | 小説

 

辻内智貴 いつでも夢を.jpg

 

やっとクリスマス本番ですね。当教室では23日から大晦日までずっと授業が続きますが、街全体がずいぶん前からクリスマス気分ですから、今日あたりは月曜日ということもあって、もう疲れているのではと心配してしまいます(笑)。


さて、クリスマスに楽しく温かい気持ちにさせてくれる一冊をご紹介しましょう。大変すばらしい、お気に入りの小説ですが、大人の男女関係が中心ですので成人向け。高校生以下は読んではいけませんよ(笑)。


辻内氏の作品は、『信さん』をかつて取り上げました。それもすばらしい本だと思いますが、本書は『信さん』 とはかなり雰囲気の異なる作品で、別の種類の感動を味わうことができました。

格調高い文学作品というのではありませんが、私には忘れられない一冊で、感動的なお話なのですが、同時に声を出して笑ってしまうような場面がいくつかあり、辻内氏はこんな作品を書くんだと、読後も興奮して眠れませんでした(笑)。

“純愛小説の傑作!”と本の裏にはありますが、私にとっては、ちょっと分類不可能な不思議な魅力を持った本です。

 

■■■ ストーリー ■■■

あるどしゃ降りの日、雨の中、白いワンピースを着た若い女性が手にカッターを持ったまま、傘もささずにずぶぬれで立っていました。それを見かねて、40歳の売れない小説家のジローとヤクザの幹部である龍司がそれぞれ声をかけます。

その日、仕方なくジローのぼろアパートへ連れて帰りますが、名を洋子というその女の子には、暗い過去を持ち、リストカットなどを繰り返し、現在も精神科に通っているという事実があることがわかってきます。

そこから妙な同居生活が始まります。

長年同じアパートに住む、元警官のおやじと、その妻で気のいい世話好きの玉代の二人もジローと一緒に洋子の世話を見ます。

最初、雨の日に出会った、龍司は、幼くして亡くした妹と洋子がダブり、心配になってちょっとのぞきにきたところ、おやじさんがかつて自分が世話になった警官だと気付きます。そんな不思議な縁で洋子を見守るようになります。

そこから徐々に明らかになる、彼らの過去、それにより人に優しくなってきた人々が、洋子を応援し、彼女の心の再生を果たします。やがてジローと洋子が結ばれるという感動的、私にとっては爆笑のエンディングが待っています。

■■■

 

とにかく登場人物の設定や描写が巧みなのでしょう。ジローのとぼけ方、純粋さが良いし、龍司の男らしさが魅力的で、おやじさん夫婦の落ち着きやおせっかいぶりに懐かしさ、頼もしさを感じます。

そして時おり彼らに語らせる人生観が、物語をぐっと引き締めます。 テンポよく話が展開し、途中でやめられませんでした。

自殺や暴行事件、虐待といったことも出てくるのですが、それらすべてが、奇抜なアイデアのすばらしいエンディングで吹き飛ぶようなしかけです。氏のユーモアのセンスが私にはピッタリです。

 

いつでも夢を TOKYOオトギバナシ

光文社

詳細を見る

http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】






■■■ ブログランキング ■■■

最後までお読みいただき、ありがとうございます。二つのランキングに参加しております。記事が参考になったと感じていただけましたら、下のテキストバナーをクリックしていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。メリークリスマス!
          ↓                           

 
人気blogランキングへ   

   
 
にほんブログ村 本ブログ  



いつでも夢を

光文社

詳細を見る

 ↑文庫はこちら(500円)


 

『本』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『約束』 村山由佳 画・は... | トップ | 『アジアはどう報道されてき... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
声でよむ名作本シリーズ (渡辺知明)
2006-12-25 20:25:54
 ポッドキャスティング「声でよむ名作本」のシリーズで取り上げてよみました。お聴きください。
 冒頭の部分からはユーモアのある中ごろの展開が予想できません。ラストシーンもみごとです。
 他の作品も声でよんでいますのでお出かけください。
村上知明 (VIVA)
2006-12-25 21:59:59
コメント、TBありがとうございます。大変参考になります。おっしゃるようにラストシーンは見事だと思います。

これからはよろしくお願いします。
Unknown (風)
2006-12-28 01:05:56
こんばんは。いつも難しそうな本の話題で、私にはちょっとダメかも…と思っていましたが、辻内さんの作品を取り上げて下さったので、寄らせていただきました。
この作品の最後は、感動というより笑えますよね。でも辻内さんの描き方は、いつもとても温かく(無限大∞です)、何か心が満たされる想いがしています。「信さん」もそうですが「青空のルーレット」「ラストシネマ」「野の風」「帰郷」と辻内さんのものなら全部お勧めです。
以前に一度書きましたが、私は公立中学校で理科を教えています。その立場でお勧めしたいのは、中川人司さんの『宇宙授業』です。天体を教えていた時に生徒にも勧め、「な~~るほど!」と好評でした。
風先生! (VIVA)
2006-12-28 09:23:56
ダメかもなんて…、そうおっしゃらずお付き合い下さいよ。辻内さんの作品は、まだ未読のものがありますので、読んでみたいと思っております。

宇宙授業もさっそく見てみます。ありがとうございます!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
声でよむ名作本(25)辻内智貴『いつでも夢を』 (【別館】表現よみ作品集)
声でよむ名作本(25)辻内智貴『いつでも夢を』 (2005光文社/文庫) ●太宰治賞の作家の書いた恋愛小説。 17分10秒 ご案内と表現よみ:渡辺知明 声の名作本(25)いつでも夢を いつでも夢を辻内 智貴 おすすめ平均 あったかい‥癒しの物語Amazonで詳しく見る by G ...