本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『虚飾のメディア- 小説巨大テレビ局 』北岳登

2007年03月28日 | 小説
 

虚飾のメディア.jpg



「発掘!あるある大事典II」 の捏造問題で、民放連が関西テレビを除名処分にするそうですね。行政介入を阻止したいためとはいえ、かなり厳しい処分ということで、経営的には大打撃を受けるようです。まぁ、当然ですね。


また日本テレビが 「NEWSリアルタイム」 という番組で “パトカー囲み集団挑発・憤激!群馬県警VS暴走族” のド派手なタイトルで特集した報道をめぐり、スタッフがその少年らに事前に撮影予定を伝えて暴走を誘発した疑いがある、とも報道されました。こういう事件も何度かありました。うんざりです。


年度末をむかえて、今、テレビ番組の再編の時期ですが、これを機に反省し番組の質が上がるなどとは、とても期待できません。以前は、授業で生徒たちに 『○○という番組が参考になる』 というようなことを言っていましたが、今ではほとんどありません。


私は本当にテレビを見なくなりました。おそらく、ニュースステーションなどが10時ちょうどではなく、9時54?分に始めたり、必ず他の番組が始まる11時くらいに巨人戦の結果を流し始めた頃からでしょうか(笑)。なんかそういうのに付き合うのがバカバカしくなっちゃったんですね。そんなことないですか?


スポーツ中継にアイドルが出てきて試合の前に歌を歌ったり、何度も何度も同じシーンを繰り返し見せ、絶叫する大げさな盛り上げ方、“このあとすぐ” って言っておきながら、ずっと待たせる視聴者をバカにした態度、ウケを狙って目立とうとする政治家…、挙げればきりがないくらいですね。


それらはみな、番組を良くする工夫ではなくて、視聴率をあげるための工作ばかり。誠実さのカケラも感じさせません。

テレビCM崩壊』 というマーケティングの本が売れましたが、確かにここ数年の巨人戦のナイターの視聴率の落ち方などが象徴的で、視聴者全体が昔と大きく変わってきて、テレビに飽きてきているのかもしれません。


さてこの小説の舞台はテレビ局。テレビ業界にとって視聴率がどのようなものか、よくわかります。

筆者は全国紙の記者から民放テレビ局のプロデューサーをしたあと出家をし、現在は僧侶だそうです。やっぱ、懺悔(仏教では、さんげ)しなきゃならないのでしょうか(笑)。いや、ホント、まともな人間ならイヤになるはずだと思います。


主人公は “関東テレビ” の看板プロデューサーです。社内抗争や外部プロダクションとの癒着などの問題があり落ち目になっていた、あるニュース番組のてこ入れのためにその担当になります。

この会社のトップは “アベツネ” といいます。日本テレビじゃないですか(笑)。“広告代理店の電王 (電通でしょ) が官公庁、大手民間企業に張り巡らしたネットワークの威力は絶大で、テレビ番組のスポンサーを入れ替えるのは意のまま、番組生殺与奪権を握っている”、 のだそうです。


また “裏番組の『ステーション・ニュース』の鵜目広志が年収2億円、隣で下手なニュース読みしている渡野辺真里が年収8千万円” 。これもどこか他で聞いたことがあります。もっと高かったような気が…。

他にもいろいろと暴露的要素がちりばめられ、これらはどうも業界の真実のようで、へ~、と思いながら、おもしろく読みました。

主人公の打つ手が当たり、番組の評判が上がり始めた時に、視聴率操作の疑惑が発覚します。後はお楽しみ。


ダイヤモンド経済小説大賞の佳作を受賞した作品で、確かにおもしろくて一気に読めるのですが、本音をいうと、もっと劇的な展開や複雑なストーリーが欲しかったですね。あるいは逆にまじめに批判した新書のようなものを書いて欲しかった。いずれにしろ、次を期待したい著者なんですが…。

ダイヤモンド社のサイトで、最初の10ページほど読むことができます。興味のある方はご覧下さい。

 ⇒ 『虚飾のメディア- 小説巨大テレビ局 』北岳登 (立ち読み)



視聴率を上げることが至上命令だというのは、予想通りなんですが、だからといって広告代理店や親会社の新聞社とのつながりなど、あまりにも巨大な組織、莫大なお金が関係しており、とてもひとりのプロデューサーで何とかなる問題じゃないんですね。

テレビ局間の視聴率争いは熾烈ですが、結局新規参入のない世界ですから、やりたい放題なんでしょうね。ギャオやWOWOWが民放テレビ局と同じように見られるようになれば、かなりのインパクトになると思うのですが…。オウム事件報道で、“TBSは死んだ” と筑紫哲也氏は言い切っていましたが、どこか変わったのでしょうか。


昔は特定の娯楽番組の子どもに対する悪影響を心配したものですが、ニュースや情報番組まで、ここまで質が落ちたり、ウソの情報をたれ流されたのでは、子どもだけでなく、視聴者全体の知的レベルに影響が出るはずです。

虚飾のメディア

ダイヤモンド社

詳細
テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0

翔泳社

詳   細


 ブログランキングです 

記事に賛同していただけましたら、クリックをしていただけるとありがたいです。
 

(3位)

にほんブログ村 本ブログへ (1位) 

ブログランキング (2位)

  (7位)
  
 


http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】






『虚飾のメディア- 小説巨大テレビ局』北岳登
ダイヤモンド社:252P:1680円

 

 

『小説』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『日本の歴史をよみなおす』... | トップ | 『ガリレオ工房の科学遊び(... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (milesta)
2007-03-28 10:29:16
男性デュオ「ゆず」の歌を思い出してしまいました。

中途半端に生きていくって奴が
コネをこねくり回してこれでも電柱マン
上から見下ろす景色はさぞかし綺麗だろう
人を人と思うだけで人は変わるのに

と歌詞カードにはありますが、明らかに「柱」のところを「通」と歌っています。
空耳かもしれないんですけど・・・。

消費者も、くだらない番組をだらだらと観ているだけで、そのCM代が商品に上乗せされて、高いものを買わされるという意識を持った方がいいですね。
milestaさん (VIVA)
2007-03-28 11:13:08
お~そんなすばらしい歌がありましたか(笑)?その歌詞の前後もあとで調べておきます!

やっぱりテレビを見ないからかなぁ、まったく知りませんでした。それにしてもなかなか“電柱マン”はセンス良いですねぇ。

生徒に知っているかどうか聞いてみます。ありがとうございました。
Unknown (ysbee)
2007-03-29 05:46:35
VIVAさん、ほんの2日ほどのご無沙汰でしたが、1週間もの長さに感じます。
花粉症と月内納めの仕事で、ここ1週間ブログが沈没しておりました。
昨日で一段落したので、今日こそは更新!と気合いを入れてます。

今日の内容は、関連業界にいたのでよ~く分かります。
確かに、局側の番組編成部門は大手代理店に頭が上がらず
代理店はスポンサーに最敬礼、という構図ですね。

もっとぶっちゃけて言いますと、
実際に正規社員の中に「人質社員」という存在がありまして、
メディア各局のトップの子息を、実力の有無にかかわらず
新規採用し、血脈のコネをしっかりとつかんでおいてます。

一応私立一流大卒ですから、優秀なDマンに育つ人物もいますが
コネだけで採用された中には、実力派から「人質」の烙印を押され
日のあたらない「広告掲出チェック」という単調な作業部門に
回されたりして、別の意味では可哀想な存在です。
数年後には、関連子会社に天下りして行きますが……

多分メディア側は、そういうコネの存在が、
もっと大手を振って跋扈しているんじゃないでしょうか。
アメリカでもユダヤ系の人脈や閨閥がメディアの世界を牛耳っていますね。
政財界とも密接につながっているようです。
Unknown (パピヨン土方@成功者になるための!!オンライン図書館)
2007-03-29 06:30:27
こんにちは。毎回テレビ番組は驚く情報を提供してくれますが、自分の日常を振り返ると、驚く発見って、そう多くないですよね。それを考えると、テレビというのは、演出が多いのではないか、とかねがね思っておりました。私もテレビ番組はニュースしか見ません。しかし、ニュースでも、情報をそのまま鵜呑みにせず、自分の頭で情報の裏を読むことが大切だと思います。
ysbeeさん (VIVA)
2007-03-29 08:40:05
ほんとですね、ごぶさたばかりですみません(笑)。ブログを更新されてないようでしたので、心配しておりました。

ところで、やはりそうなんですね。電○やテレビ局には、あまり役に立ちそうにないコネ入社の2世のための飼い殺しの部署があると大学生の時、ある人から聞いていたんですが…。

やっぱり21世紀はメディアと金融ですか。

そういえば今ライス長官がパレスチナ、イスラエルに行っていますね。少しは進展するのかなぁ?
パピヨンさん (VIVA)
2007-03-29 08:46:29
おっしゃるとおりですね。私はニュースさえ見なくなってきています。もう事実関係だけ分かれば良いというような気になってしまって。でも昨日偶然つけた、NHKのその時歴史が動いた、の総集編はおもしろかったです(笑)。
Unknown (あ)
2007-04-08 07:17:24
「TBS報道テロ全記録」を読んでみてください。

安いわりにはおもしろいですよ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。